転法輪寺 (京都市右京区)
Temporin-ji Temple
転法輪寺 転法輪寺
 Home  Home






鐘楼門




鐘楼門、扁額「獅子吼山(ししくさん) 」



鐘楼門、大釣鐘


鐘楼門



鐘楼門




鐘楼門














本堂



本堂
 仁和寺の北東、山間に転(轉)法輪寺(てんぽうりんじ) はある。開基の関通(かんつう)に因み、「関通(かんつう)さん」とも呼ばれている。山号は獅子吼山(ししくさん/ ししくざん) という。
 浄土宗知恩院派、本尊は阿弥陀如来。
 裸形阿弥陀如来像は安産の信仰を集めている。京の通称寺霊場元札所、関通さん。
◆歴史年表 江戸時代、関通(かんつう、1696-1770) は、東三本木の轉輪寺(上京区、現在の三本木円通寺) に住した。
 1756年、関通は、廃寺になっていた北野の円通寺(北野下ノ森、上京区七本松通一条上ル)を譲り受ける。轉法輪寺を創建し、開基になる。寺主・眞海とともに草建した。以後、念仏道場になる。
 また、関通に帰依した典侍(ないしのすけ/てんじ)・藤原保子が、第115代・桜町天皇の菩提所として創建したともいう。(梵鐘銘文)
 1758年、殿堂、庫裡が完成し、本尊・阿弥陀如来の開眼供養になる。同年、関通により創建されたともいう。
 近代、1926年、1928年、1929年とも、18世・仁誉俊孝の時、知恩院門跡・孝誉現有大僧正の援助により、北野より御室の現在地(右京区)に移転した。
 現代、2009年、鐘楼門が再建される。
◆関通 江戸時代中期の浄土宗の僧・関通(かんつう、1696-1770) 。一蓮社向誉。尾張国に生まれた。専徳寺・呉峰、西方寺・照誉亦無霊徹に学ぶ。1708年、剃度し元教と号した。1711年、江戸・三縁山山下谷洞誉玄達上人の寮に入る。1712年、増上寺で修学し、祐天に学び、1716年、詮察大僧正より宗戒両脈を相承する。後に敬首より菩薩戒を受けた。関通と名乗った経緯がある。1723年、江戸よりの帰路、箱根の関所を通る。旅人の通行手形を見て、人間界の苦悩という関所も、本願念仏の「南無阿弥陀仏」という手形があれば必ず脱出できると悟ったことによる。京都、大和、南海、九州を巡遊した。1725年、伊勢長嶋・光岸寺に住し、惣通寺に遇した。1727年、師の遺命により西方寺に移り 1735年、西方寺を改め圓成律寺とした。他宗の迫害が続く。寺の建立・改修は10余り、弟子1500人、受戒者3000人、弥陀尊号施与27万枚という。流儀は関通流と呼ばれ、門流の仏具(五具足) を関通型という。
 京都では、東三本木の轉輪寺(現在の三本木・円通寺、上京区) に入り、専修念仏を説いた。転(轉)法輪寺を創建し、当寺で亡くなる。
◆新中和門院 江戸時代中期の第114代・中御門天皇の女御・新中和門院( しんちゅうか もんいん、1702-1720)。尚子(ひさこ)。父は近衛家煕(いえひろ)、母は町尻兼量の娘・量子。6代将軍・徳川家宣(いえのぶ)の猶子になる。1716年、後宮に入る。1720年、第115代・桜町天皇を産み、産後の肥立ちが悪く亡くなる。准三宮、院号を受けた。1728年、皇太后を追贈された。19歳。
◆桜町天皇 江戸時代の第115代・桜町天皇(さくらまち てんのう、1720-1750) 。第114代・中御門天皇第1皇子、母は近衛家煕娘・尚子(新中和門院)。1720年、親王宣下、1728年、立太子、1735年、即位した。1738年、大嘗祭を再興し儀制の整備を行う。歌集『桜町院御集』などに採られる。泉涌寺内の月輪陵に葬られた。31歳。
◆皇極天皇  飛鳥時代の女帝第35代・皇極天皇(こうぎょく てんのう、594-661)。父は茅渟(ちぬ)王、母は吉備姫王(きびつひめのおおきみ)。第34代・舒明天皇皇后になり、天皇没後、642年、即位した。645年、軽(かるの)皇子(第36代・孝徳天皇)に譲位し、蘇我蝦夷・入鹿を滅ぼした中大兄を皇太子(第38代・天智天皇)とした。655年、第37代・斉明(さいめい)天皇として重祚(ちょうそ、再即位)した。
◆本尊 本堂に本尊「阿弥陀如来坐像」が安置されている。2丈4尺(7.2m)の大仏であり、江戸時代の第115代・桜町天皇(1720-1750)の追福のために寄進された。通衣であり、五色の光背中央に鏡が飾られている。
 首には天皇宸翰の名号一軸、新中和門院御所(中御門天皇女御近衛尚子) と典侍(ないしのすけ/てんじ) ・即心院殿の祈願文を納める。胎内には恵心僧都(源信、942- 1017) 作とされ、関通念持仏の阿弥陀如来1体、関通染筆の造立意願文を納める。新中和門院が子・桜町天皇のために造刻したという。1720年に、新中和門院は天皇を産み、産後の肥立ちが悪く亡くなっている。
 本尊を北野下の森より現在地、御室に遷した際に、当時通じていた市電の高架電線を潜る必要があった。竹竿で電線を持ち上げて本尊を移動させた。だが、どうしても潜れない地があり、電線を切断するか本尊の頭部を切断して運ぶかと決断を迫られた。結局、電線を切ることで、大仏を解体することなく無事に現在地に遷したという。
◆裸形阿弥陀如来像 本堂の裏堂、本尊の背後(北)、厨子内に「裸形阿弥陀如来像」が安置されている。裸の子どもの像で像高3尺(90㎝) あり、名工・賢問子(けんもんし)の作という。室町時代作という。来迎印を結ぶ。裸形像としては日本五体の一つになる。寄木造、漆箔。
 逸話が残る。飛鳥時代、620年頃、第35代・皇極(こうぎょく)天皇、第34代・舒明(じょめい)天皇皇后は、子に恵まれなかった。春日の明神を後宮に招き日夜祈請を行う。程なくして懐妊する。だが、陰陽博士や僧侶らは女子であると占う。皇后は皇女を皇子に変えることを願い、再度三七日(21日間) の祈願を行った。
 最後の満願の日、春日の明神が夢に現れ、皇后に告げた。阿弥陀の四十八願の中に、変成男子(へんじょうなんし、仏の功徳により女子が男子に生まれ変わる。女子には五障があり成仏が困難なため、男身を得て成仏する。また、男性に変わり極楽に生まれる) という大願がある。だが、神仏の力を借りて彼の阿弥陀を彼岸に迎える」という。春日の明神は西方を向き合掌し、阿弥陀に帰依を捧げると光明があった。裸の子どもの阿弥陀が現われ、皇后の口より入った。皇后が眠りから覚めると、苦しみもなく皇子(後の第38代・天智天皇)を産んだという。 
 皇后は、夢の中に現れた阿弥陀尊像を仏師・賢問子に造らせ、天智天皇、その兄弟である第40代・天武天皇、第41代・持統天皇の御守本尊として後宮に祀らせた。その後、当寺に遷されたという。その経緯については不明という。(『裸形阿弥陀如来縁起』、明治期末)
 2018年に阿弥陀尊像の来歴に関する江戸時代の巻物(縦30㎝×長さ5m)が寺の蔵内で発見された。当初は、南北朝時代、14世紀後半に僧・良祐が文書を書いた。その後、江戸時代、17世紀前半に別の僧が書き写した。さらに、18世紀半に別の2人の僧が書き加えたという。この巻物の記述に従えば、阿弥陀尊像は伝承にある室町時代、14世紀に造仏されたことになる。
◆建築 ◈「鐘楼門」は、現代、2009年に再建された。
 ◈「本堂」は、寄棟造、裳階付、本瓦葺。
◆大釣鐘 鐘楼門には大釣鐘が吊られている。江戸時代、1764年、第115代・桜町天皇菩提のために鋳造された。撞き初めの盛儀は、典侍(ないしのすけ/てんじ) ・即心院殿による。
 梵鐘は高さ9尺(2.7m) 、横は4尺2寸(1.2m) 、重量は千貫(4t) ある。縦の9尺は九界の衆生済度を、横の4尺2寸は菩薩階位四十二位を模すという。洛陽中有数の名鐘とされた。
◆文化財 「桜町天皇宸翰六字名号」、有栖川宮音仁親王筆の紙本墨書「仏説阿弥陀経」1巻。有栖川宮親王筆「桜町天皇追悼和歌短冊」。
◆位牌 本堂に安置されている位牌としては、東山院、中御門院、櫻町院、桃園院、後桃園院、新中和門院、新崇賢門院、寶蓮華院、安祥院前殿下、摩尼浄院、浄圓覚院、後正法院、泰眞院大夫人、慧乗院二位前亞相義山暁覚、即心院卷光慧倫大法尼、天香院殿、教岑院殿、俊徳院殿、霊鷲院殿、眞含院殿、浄明心院殿、徽妙光院殿。
◆年間行事 新年修正会法要(1月)、別時念仏会(2月)、春彼岸別時念仏会(3月)、別時念仏会(4月)、別時念仏会(5月)、別時念仏会(6月)、別時念仏会(7月)、盂蘭盆別時念仏会(8月)、秋彼岸別時念仏会(9月)、別時念仏会(10月)、別時念仏会(11月)、別時念仏会(12月)。いずれも日曜日。除夜の鐘(12月31日)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 「関通轉法輪寺縁起」、当寺案内、転法輪寺ウェブサイト、『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都大知典』『京都の寺社505を歩く 下』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺     周辺仁和寺       周辺蓮華寺(右京区)      関連円通寺(上京区)     関連歴代天皇データ 
      
 
本堂
本堂阿弥陀如来坐像

阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来坐像

裸形阿弥陀如来像

関通上人坐像
転法輪寺 〒616-8007 京都市右京区龍安寺山田町2   075-464-2668
  Home     Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光