新羅善神堂 〔三井寺〕 (滋賀県大津市)
Shinrazenjin-do Shrine
新羅善神堂 新羅善神堂
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

新羅善神堂


新羅善神堂


新羅善神堂


新羅善神堂


新羅善神堂


新羅善神堂


新羅善神堂



新羅善神堂



新羅善神堂


新羅善神堂


【参照】源義光の墓、境内近く西方の山中にある。


【参照】源義光の墓


【参照】源義光の墓


【参照】源義光の墓、新羅三郎義光公墓碑


【参照】鳥居の近くにある弘文天皇長等山前陵


【参照】弘文天皇長等山前陵
 園城寺の北の森に園城寺北院の一つ、新羅善神堂(しんら-ぜんじんどう)がある。園城寺の五社鎮守の一つに数えられる。源頼朝を初め、源氏守護神として篤く信仰された。社頭での藤原俊成の歌合以来、歌道神としても崇敬された。
 園城寺鎮守神の本尊・新羅明神(しんらみょうじん)坐像を祀る。
◆歴史年表 平安時代、860年、円珍、円敏、増命、康済らは新羅神社を建立する。
 971年、僧・余慶の申上げにより、新羅明神に正四位上が授けられる。
 1052年、僧・明尊は初めて新羅祭を行なう。
 1060年、大雲寺5世・成尋は宋への渡海の祈請をした。
 1062年、新羅明神説話が文献初例になる。(藤原実範『園城寺竜華絵縁起』)
 1073年、後三条上皇(第71代)は、祭文を新羅明神に奉(たてまつ)る。
 1106年、武将・源義家(八幡太郎)は、新羅明神に柏木郷の貢72石を毎年寄進するとの状を上げる。
 1109年、新羅社念仏会が始まる。
 1051年、武将・源頼義は、前九年の役出陣に際して園城寺に詣で、新羅明神に戦勝祈願する。その子・三郎義光を氏人として奉じた。この頃、新羅明神は石清水八幡宮、賀茂社に比肩した。
 1153年、僧・房覚(覚明?)は、三井新羅社に17日供花する。当社の安居(あんご、籠り修行)の初めになる。
 1173年、新羅社頭で歌合が行われ、5題出され16人が参加した。公家で歌人・藤原俊成を判者にした。以後、当社は歌道の神としても崇敬された。
 南北朝時代、1339年、武将・足利尊氏が社殿を再建する。
 1342年、尊氏は、粟津別保の地頭職を新羅明神社に寄進する。
 1345頃、新羅明神堂(現存)が起工された。
 1347年、尊氏により再建された。
 室町時代、1412年、三井新羅社護摩堂を慶する。
 安土・桃山時代、1595年 当社は武将・豊臣秀吉による園城寺破却から免れる。
 近代、1873年、大津歩兵第九連隊敷地として、北院境内十町四畝三歩を上地され引渡す。
 1879年、 佐竹義堯、小笠原長守、柳沢保甲、南部利恭らは、新羅三郎義光公墓碑を建立する。
 1934年、台風により山内の多くの倒木があり、新羅社本地堂、拝殿が全壊する。
 現代、第二次世界大戦後、境内は縮小になる。
 1953年、新羅善神堂は、国宝に指定される。
 1956年、新羅明神坐像は、国宝に指定された。
 1966年、新羅善神堂の保存修理と屋根葺替工事が終る。唐門は、直営工事として修理が終る。
◆円珍  平安時代前期の僧・円珍(えんちん、814-891)。俗姓和気(わけ)氏、智証大師。讃岐国(香川県)の生まれ。母は空海の姪に当たる。景行天皇の15代孫という。829年、15歳で比叡山に登り天台座主・義真に師事し『法華経』『金光明経』を学ぶ。19歳で天台宗年分度者になる。833年、比叡山戒壇院で菩薩戒を受け、12年間籠山行に入り学頭、内供奉に任じられる。838年、十二年籠山中に黄不動尊の示現に遭う。845年、大峯、葛城、熊野三山、那智の滝に参籠し、三井修験道の起源となる。846年、比叡山真言学頭に推される。850年、伝燈大法師位に叙せられる。853年、唐に渡る。福州・開元寺で印度那蘭陀寺の般若多羅三蔵により悉曇 (梵字)を学ぶ。温州の同寺で『法華経』などを授けられた。また、天台山国清寺で最澄の遺跡を訪ね、最澄が建立した禅林寺(天台日本国大徳僧院)を再興した。止観堂とも呼ばれ、日本の留学僧が利用した。各寺で止観(禅)、天台、密教などを学ぶ。6年後の858年、経典類441部1000巻を携え帰国する。859年、園城寺長吏になる。866年、三井寺別当職(長吏)に任じられる。四国金倉寺、比叡山の山王院に住し、868年、第5世座主となる。天台別院・園城寺(三井寺)を再興し、伝法灌頂の道場とした。唐より請来の経籍を唐坊に納める。888年、三カ条の遺誡を描き円仁門徒との親交を諭した。890年、少僧都、891年、比叡山山王院で亡くなる。著『法華論記』『授決集』。78歳。
 天台寺門宗の宗祖天台宗寺門派の祖。入唐八家(最澄・空海・常暁・円行・円仁・恵運・円珍・宗叡)の一人。弟子は500余人、教えを受けた人は3000人といわれる。没後の929年、第60代・醍醐天皇より智証大師の諡号(大師号)を贈られる。
◆明尊 平安時代中期-後期の天台宗寺門派の僧・歌人・明尊(みょうそん/めいそん、971-1063)。円満院僧正、志賀大僧正。京都生まれ。小野氏出身であり小野道風の孫。園城寺の智弁(余慶)に就き、智静(勧修)、慶祚(けいそ)、智観(勝算)らに学ぶ。1028年、権大僧都進み、園城寺長吏になった。1年で辞任した。1038年、大僧正に進み、再び長吏になる。円満院を創建し住した。1039年、上東門院に授戒し、園城寺に戒壇を創建することを請い、山門は妨害した。1048年、天台座主になる。比叡山側と紛糾し3日で辞任した。藤原頼通の帰依を受け、興福寺再建供養会の導師を勤め、宇治平等院の検校になり90歳の賀を受けた。晩年、志賀寺に入る。93歳。
 第66代・一条天皇から八宗総博士に任ぜられた。弟子に覚円がいる。
◆源義光 平安時代後期の武将・源義光(みなもとの-よしみつ、1045-1127)。新羅(しんら)三郎、館三郎。頼義の三男。1051年、園城寺の新羅明神で元服し新羅三郎と号した。1087年、後三年の役(1083-1087)で、兄・源義家の救援に東下を乞うが許されず官を辞した。刑部丞、常陸介、甲斐守、刑部少輔、従五位上に至る。1107年、常陸国で平重幹と共に甥の源義国と争う。1109年、河内源氏4代目棟梁で甥の源義忠暗殺事件の謀略に関わった。義光の実弟で園城寺僧・快誉も共謀し、義忠を殺した平成幹を口封じに殺害したとされる。弓馬、笙にも優れた。
 墓は新羅善神堂境内西方の山中にある。なお、この墓所付近に義光は金光院を建立し、長子・覚義が出家後に住し、自らも最晩年を過ごした。
◆新羅明神 円珍が唐の留学より帰国した際に、船中に守護・護法神の新羅明神が顕れたという。明神は、護法神と告げ弥勒菩薩の世が来るまで仏法守護すると約束したため、祠が建立されたという。(『園城寺竜華会縁起』) 
 円珍が唐より持ち帰った441部1000巻の経典類は、新羅明神の夢告により園城寺唐院に収蔵された。
 新羅明神と円珍の関わりについて、豪族・大友村主(すぐり)氏の氏神として信仰されていた新羅明神が、後世になり円珍帰朝潭に取り込まれたともいう。大友氏は百済系氏族であり、園城寺が新羅系の勅願寺になり、新羅明神という新羅系の祭神を祀ったという。(『新羅の神々と古代日本』)
◆新羅明神坐像 新羅善神堂本尊として安置されている木造「新羅明神坐像」(国宝)は、平安時代、11世紀(11世紀半とも)作ともいわれる。目じりが下がる異国様、痩身の神の姿をしている。頭に三山形の冠を被り、唐服(袍、袴)に長い顎ひげをたくわえた老翁で、頭上の円相内に、本地仏・文殊菩薩が描かれている。両手の持物は失われた。束帯姿の火御子、笏を持つ般若菩薩と箱を捧げる宿王菩薩を従える。彩色、金銀の切金、檜材、一木造、像高78cm。
◆建築 社殿(国宝)は、南北朝時代、1347年、足利尊氏により再建された。母屋前面に1間通りの庇、中央に1間の向拝。庇に格子と欄間があり正面、側面に細密な透彫りがある。三間社流造。
◆源義光墓 源義光の墓がある。「新羅三郎義光公墓碑」は、近代、1879年に建立された。 出羽岩崎藩の第7代藩主、出羽久保田藩第12代(最後)藩主・佐竹義堯(1825-1884)、越前勝山藩第8代(最後)藩主・小笠原長守(1834-1891)、柳沢保甲、陸奥国盛岡藩15代(最後)藩主・南部利恭(1855-1903)らによる。
◆弘文天皇長等山前陵
 鳥居の近くに「弘文天皇長等山前陵」がある。
 飛鳥時代の皇族・大友皇子(648-672)は天智天皇の子になる。伊賀皇子と呼ばれた。671年、初の太政大臣に任じられた。天智天皇没後、近江朝の政務をとる。天智天皇の弟・大海人皇子(おおあまおうじ、天武天皇)は吉野を脱出し、大友皇子の近江朝廷側と対立した。672年の壬申の乱で両者は皇位継承を争う。 大友皇子が敗れ「山前」で自死した。文武に優れ漢詩集『懐風藻』に収められた。
 1870年に「弘文天皇」の天皇号が追贈された。園城寺境内の閼伽井石庭付近は、皇子の邸宅跡ともいわれている。
◆年間行事 鬼子母神祭(子どもの成長を祈って団子を神前に供える。千団子ともいわれる。)(5月16日)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事(拝観)などは、中止、日時・内容変更の場合があります。
*参考文献・資料 『新羅の神々と古代日本』、『京都古社寺辞典』 、『近江・若狭・越前 寺院神社大事典』、『新羅の神々と古代日本』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺法明院〔三井寺〕(大津市)  関連・周辺園城寺(三井寺)(大津市)  周辺  関連赤山禅院    
新羅善神堂 〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町246 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光