園通寺 (京都市左京区)
Entsu-ji Temple
園通寺 園通寺 
50音索引  Home 50音索引  Home








山門


山門


山門




「柿落葉 踏ミて たづねぬ 円通寺」 高浜虚子


鐘楼


シモクレン


ツツジ、ミヤマツツジなどの原種もあり自然交配により毎年、新種が発見されているという。
 洛北幡枝(はたえだ)の地に円通寺(えんつうじ、圓通寺)がある。正式には、大悲山勅願所御幸御殿円通院という。借景庭園で知られている。
 臨済宗妙心寺派、本尊は聖観音菩薩。
 京都洛北・森と水の会。
◆歴史年表 江戸時代、正保年間(1644-1648)、1648年までとも、後水尾上皇(第108代)は離宮の幡枝小御所(幡枝御殿、幡枝御茶屋)を営む。現在地には下離宮があり、庭園が作庭されている。東福門院を伴い、観月など数度の行幸がある。
 1670年、文英尼(ぶんえいに)は、隠元を招請し仏像開眼を行う。隠元筆の山号扁額も用意する。
 1672年、後水尾上皇より、第112代・霊元天皇の乳母・文英尼に幡枝離宮(幡枝小御所、幡枝御殿)が下賜され、山荘になる。(『東北歴覧之記』)。天皇は修学院離宮を造営する。
 1678年、文英尼は、影川宗隆(本如実性禅師、妙心寺龍庵祖士)を勧請開山として寺に改める。現在の本堂が宮廷より贈られた。霊元天皇は同寺護持のための宸翰を寄せる。
 1680年、霊元天皇の勅願寺になる。(「霊元天皇宸翰)。現在の御幸客殿は、東福門院御所より移築された。
 1864年、禁門の変の際に、公家・一条実良、妹・美子(後の昭憲皇太后)らが寺に避難している。
 現代、1954年、庭園は国の名勝に指定された。
 2002年、失われつつある借景を目前にして、前庭の写真撮影が解かれる。
 2007年、京都市眺望景観創生条例施行により、当寺の「庭園からの眺め」が保全された。
 2015年、山門の天寿洞が建立された。
◆景川宗隆 室町時代の臨済宗の僧・景川宗隆(けいせん そうりゅう、1425-1500)。伊勢の生まれ。雲谷玄祥、義天玄詔、桃隠玄朔に師事、龍安寺の雪江宗深の法嗣。大徳寺、妙心寺、龍竜安寺住持。妙心寺大心院の開山。諡号は本如実性禅師。
◆文英尼 江戸時代の尼僧・文英尼(ぶんえい に、1609-1680)。贈左大臣・園其任(そのもととう)の娘。後水尾天皇の生母・中和門院(近衛前子)に女官として仕えた。第112代・霊元天皇の乳母になる。大名・京極忠高に後室として嫁いだという。1637年、夫没後出家し、文英尼と号した。以後、現在の円通寺の地に庵を結び、禁中安泰、両親夫の菩提のための寺建立を願い、輪王寺宮(りんのうじのみや)らを通じ幕府に請願した。戒名は円光院瑞雲文英大姉。
◆徹源性通 江戸時代の僧・徹源性通(?-1715)。性通禅人。文英尼の忖度により、円通寺創建の相談を受けた。尼没後、住持になり、潮音堂を建て、三十三所観音像を安置した。門前の鞍馬街道拡張に際して、「切通碑銘」の撰文を寄せた。隠居寺として、帰源寺(左京区)を再建する。墓は帰源寺にある。
◆後水尾天皇 江戸時代の第108代・後水尾天皇(ごみずお てんのう、1596-1680)。第107代・後陽成天皇の第3皇子。1611年、後陽成天皇から譲位された。江戸幕府は朝廷に政治的な介入、統制を行い、1613年、「公家衆法度」「勅許紫衣(しえ)法度」、1615年、「禁中並公家諸法度」を公布した。1627年、紫衣事件が起き、天皇が僧侶に与えていた紫衣着用の勅許を幕府が無効とした。天皇は、7歳の興子内親王(後の第109代・明正天皇)に譲位し、以後、第112代・霊元天皇まで4代の天皇の院政を敷いた。山荘の造営を試み、幡枝離宮、その後、修学院離宮を造営した。泉涌寺内の月輪陵に葬られる。
◆玉淵 江戸時代の日蓮宗の僧・玉淵(生没年不詳)。詳細不明。妙蓮寺の僧。妙心寺塔頭・雑華院、高槻の普賢寺の庭も作庭したという。
◆依田義賢 近現代の脚本家・依田義賢(よだ よしかた、1909-1991)。京都市生まれ。京都市立第二商業学校卒業後、銀行勤務。1930年、日活太秦撮影所脚本部に入り、1931年、サイレント映画「海のない港」が初脚本作品になる。1936年、第一映画に移籍し、監督・溝口研二と出会い、トーキー「浪華悲歌」で評価を受ける。溝口のために脚本を手がけ、「西鶴一代女」(1952)、「雨月物語」(1953)、「残菊物語」(1963)など数多い。1971年より、大阪芸術大学映像学科教授に就任。「悪名」シリーズを手がけ、1980年、熊井啓監督「天平の甍」などがある。
 墓は円通寺にある。
◆仏像 方丈(本堂)に、本尊の「聖観音菩薩」を安置する。
 海音堂(観音堂)に、後水尾上皇の命により、日本黄檗宗の祖・隠元(1592-1673)が中国より請来したという「不空羂索観音」を安置する。
◆建築 表門、鐘楼、玄関、客殿、庫裡、本堂、茶室などがある。
 「客殿」は、東福門院御所より移築された。
 かつて、三猿堂、白樺庵、霊泉庵、潮音堂、京見台などがあった。
 2015年、山門「天寿洞」が建てられる。
◆借景庭園 国の名勝である枯山水式の平庭は、御幸御殿(客殿)の東にある。
 隠元が『盤陀石之記』に庭について記している。杉、檜の巨木を通して、築山に比叡山を見立てた借景名園として知られている。柱と石庭の苔、高さを抑えた巨石、石組みは長短のニ連になっている。さらに、杉、檜木立のまぜ垣、竹林、その奥に比叡の借景が広がる。無駄を排した直線的な構成と、緩やかな比叡山の山容を対比させている。御幸御殿(客殿)の細い柱と、杉、桧の巨木は額縁として一体になっている。
 400坪(1320㎡)の杉苔庭がある。かつて苔庭ではなく白砂敷きだったという。40数個の露頭した岩盤巨石があり、石の大部分を土中に埋めて配置されている。石組はどれも低く抑えた横石が多く用いられ、左手(北側)に集められ、四角く刈り込まれたツツジも配されている。三尊石も置かれている。石は鴨川流域、西山、南禅寺山、四国、紀州の海石も集められた。低く抑えられた生垣(混ぜ垣、160㎝)は、約50種の樹木からなる。楓の植栽もあり、紅葉の頃に趣を添える。
 庭は、この地にかつてあった後水尾上皇が造営した広大な幡枝離宮(1639)の上御茶屋、下御茶屋の庭をいまに伝えている。離宮は、「幡枝小御所」「幡枝茶園」とも呼ばれた。上皇は、12年間の歳月をかけ、比叡山の眺望きくこの景勝地を探し当てたという。景観の美しさは、比叡山を「都富士」に喩えるほどのものとされた。かつて、柿、ツツジの寺としても知られたという。上皇、霊元天皇らも頻繁に訪れた。
 後水尾上皇は、近くの岩倉付近に長谷殿、岩倉殿などの離宮も営んでいる。ただ、水利がないめに、後に修学院離宮(1653-1655)を造営した。修学院離宮も借景の手法を用い、円通寺庭園が原型になったといわれている。ほかの離宮庭園との共通点も多いという。
 作庭者は不詳とされる。ただ、妙心寺塔頭・雑華院の庭園と酷似しているとされ、作庭した僧・玉淵(ぎょくえん)の手によるともいう。
◆文化財 「紙本墨書 霊元天皇宸翰御消息」(重文)。
 客殿の扁額に隠元筆の「大悲山」「円通寺」、近衛信伊筆の「弐猿堂」が掛かる。
◆景観 寺よりの借景は、比叡山、松ヶ崎山、幡枝山、岩倉の丘陵地などによる。かつて京都に多く見られた借景庭園は、今はほとんどが失われ、当寺の借景は数少ないものの一つになっている。
 寺周辺でも、比叡山の景観を破壊する宅地開発計画があり、1992年にかつて「岩倉五山」といわれた一条山(左京区岩倉)が違法開発により破壊された。一条山は古代より磐座として崇敬されていた。2002年、寺は失われつつある景観を目前にして、それまで禁じていた前庭の写真撮影を解いた。
 2007年、京都市眺望景観創生条例施行により、当寺の「庭園からの眺め」保全のため、規制区域に指定された。以後、「眺望空間」「近景」「遠景」が保全され、比叡山の眺望・借景が確保された。ジャーナリスト・筑紫哲也(ちくし てつや、1935-2008)は、円通寺を愛し、「最後の借景」と表現し景観保護に言及し続けた。
◆墓 墓地に文英尼の碑銘がある。脚本家・依田義賢の墓がある。
◆遺跡 寺の周辺には遺跡が多い。南に来栖野瓦窯(くるすのがよう、来栖野瓦屋)跡があり、平安京造営の際に大極殿用の官瓦窯があった。ほかに幡枝古墳、本山古墳、ケシ山古墳などがある。
◆花暦 ツバキ・キリシマツツジ・サツキ(3-5月)、サルスベリ・ハス(9-11月)、サザセンカ・モクセイ(9-11月)、紅葉(11月)、ワナンテン・ロウバイ・センリョウ(12-2月)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『京都大事典』『昭和京都名所図会 3 洛北』『京都の寺社505を歩く 上』『京都 四季の庭園』『京都シネマップ 映画ロマン紀行』『週刊 日本庭園をゆく 19 京都洛北の名庭 3 曼殊院 円通寺 詩仙堂』


          深泥池        修学院離宮       曼殊院       帰源寺                  

玄関

海音堂(観音堂)、不空羂索観音安置。

庭園、奥より借景の比叡山、杉、檜の木立、生垣、苔と石庭が広がる。左に低く抑えられた三尊石がある。客殿の柱と樹木の幹は連関しているように見える。

紅葉の頃

「切通石碑」、近くの峠の開削工事の跡を示している。
 円通寺 〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町389 075-781-1875  10:00-16:30 (12-3月 10:00-16:00)
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp