松永稲荷社 (京都市上京区)
Matsunaga-inarisha Shrine
 松永稲荷社  松永稲荷社 
50音索引  Home 50音索引  Home





「松永稲荷大明神」の扁額

 南清水町に松永稲荷社(まつなが いなりしゃ)がある。付近は、聚楽第の南西に位置していたといわれている。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、この地は、平安京大内裏の左近衛府の跡地にあたっていたという。(「拾芥抄」) 
 近世(安土・桃山時代)、聚楽第遺構の南二の丸跡の南西に位置していた。
◆聚楽第 社前に「聚楽城鵲橋旧跡」の石標が立てられている。「鵲橋(しゃくはし/かささぎばし)」とは聚楽第(1587-1591)との関わりがあるという。聚楽第遺構の南二の丸跡の南西に位置し、庭園の池に架けられていた石橋を指しているともいう。
 なお、境内のある松屋町通出水上ルの南清水町(みなみ しみずちょう)の地名は、上長者町下ルの清水町に対比されているという。伝承として、豊臣秀吉の茶の湯の水に使われたという「梅雨の井」が現在地の南にあることに因んだともいう。(「坊目誌」)。「梅雨の井」の詳細は不明ながら、聚楽第との関わりがあったとの伝承がある。異説もある。 
◆鵲橋 鵲(かささぎ)は鳥綱スズメ目カラス科の1種で尾は長く黒い。腹は白く、ほかの部分は黒い。飛翔すると翼の先が開いて白く美しいことで知られている。「カチカチ」と鳴くので、戦勝の縁起を担ぐ勝烏(かちがらす)、烏鵲(うじゃく)、中国では喜鵲(きじゃく)の名もある。日本での生息域はきわめて狭く、現在は天然記念物に指定されている。
 中国の伝説として鵲は、陰暦7月7日の夜、年に一度だけ翼を並べ、牽牛、織女の星の間、天の川に橋を架けるという。淮南王劉安(B.C.179-B.C.122)が学者に編纂を命じた『淮南子(えなんじ)』からの引用であり、「烏鵲河を填(は)めて橋を成し、織女を渡らしむ」という唐代『白孔六帖』が出典とされている。
 この故事に因み鵲橋とは、男女の契りの橋渡し、男女が良縁で結ばれることを意味した。男の側から詠んだ「彦星の行合を待つかささぎのと渡る橋をわれにかさなん」(菅原道真)。また、宮中の階(きざはし、階段、段々)を「かささぎのはし」とも呼んだ。それを踏まえ、冬の季節に置き換えて「かささぎのわたせるはしに置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける」(大伴家持、「新古今集」「小倉百人一首」)がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『日本地名大辞典 京都府上』


   関連・周辺       周辺弘法閣大師堂 (鵲大師)      関連聚楽第         

「聚楽城鵲橋旧跡」の石標

鵲大明神の石碑

白玉大明神の石碑

より大きな地図で 聚楽第遺構 を表示
 松永稲荷社 京都市上京区南清水町   

より大きな地図で 松永稲荷社 を表示
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光