弘法閣大師堂 (鵲大師) (京都市上京区)
Kobokaku-daishido Temple
弘法閣大師堂 (鵲大師) 弘法閣大師堂 (鵲大師) 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home



「弘法大師」の扁額



「大日如来」の扁額



「本尊延命地蔵菩薩」とある。



 出水(でみず)通に面して小御堂の弘法閣大師堂 (こうぼうかく-だいしどう)はある。「鵲大師(かささぎ-だいし)」、「大日大師堂(だいにち-だいしどう)」とも呼ばれている。 
 本尊は弘法大師坐像を安置する。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
◆本尊 本尊の「弘法大師坐像」は、厨子とともに堂内の井戸より現れたという。また、大日如来であり、近くの井戸より出現したともいう。
 「出水七不思議」の一つに数えられている。ただ、「出水七不思議」については諸説ある。  
鵲大師 御堂には、鵲大師の異称がある。
 「鵲橋(しゃくはし/かささぎばし)」という石橋が、安土・桃山時代、聚楽第(1587-1591)にあったという。聚楽第遺構の南、二の丸跡の南西に位置した。庭園の池に架けられていた。御堂の南、南清水町に、鵲橋に関連する松永稲荷社が祀られている。
天秤町 現在地付近は、平安時代、平安京の大内裏「左近衛府」の跡地という。(『拾芥抄』)
 安土・桃山時代、聚楽第の南外堀(天秤堀跡)の西に位置している。一帯の天秤町(てんびん-ちょう)の町名は、二つの堀が左右対称に造られ、天秤に似ていることから名付けられたという。(『坊目誌』)
年間行事 縁日(毎月21日)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
年間行事は中止、日時・場所・内容変更の場合があります。
*参考文献・資料 『京都歴史案内』、『京都市の地名』

関連・周辺松永稲荷社  関連・周辺聚楽第   周辺  関連     

「鵲弘法大師 御詠歌」とある。

地蔵尊

「西天秤町」の地名板
平安京オーバレイマップ
map 弘法閣大師堂  〒602-8109 京都市上京区西天秤町,出水通日暮東入ル北側   
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光