八角堂 (八角院) (八幡市) 
Hakkakudo
八角堂 (八角院) 八角堂 (八角院) 
50音索引  Home 50音索引  Home

「西車塚跡 国寶乾漆阿弥陀像 同元横川元三大師像 八角院」と刻まれた石碑、古墳下に立つ。三宅安兵衛の1927年の建立による。 
八角堂(八角院)


梵字


地蔵堂、地蔵尊を祀る。


「車塚」の石碑
 八角堂(はっかくどう)は、かつて阿弥陀如来像が安置されていたことから阿弥陀堂とも呼ばれた。八角院、八角堂元三大師堂堂とも呼ばれる。市立松花堂庭園の西にあり、前方後円墳・西軍塚(にしくるまつか)古墳の円頂部に建っている。 
 正法寺の境外堂宇のひとつ。
 かつて、本尊の阿弥陀如来(一光千仏丈六阿弥陀)、元三大師坐像を安置していた。
◆歴史年表 この地、西軍塚下は、高野街道と樟葉道との岐路にあたり、石清水八幡宮の参詣路に当たっていた。
 鎌倉時代、建保年間(1213-1219)、石清水八幡宮13代検校・善法寺祐清が、境内男山西谷に建立したことに始まる。第84代・順徳天皇の御願によるものだったともいう。
 その後、大破した。
 江戸時代、1607年(1611年とも)、豊臣秀頼の御願により、尾張国小出大和守・吉政奉行が再建したという。京都七条仏所仏師・康温が阿弥陀仏を修造したともいう。
 その後、倒壊し、荒廃する。
 延宝年間(1673-1681)、社務の善法寺央清の勧進により再興される。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、八幡宮の建物、仏像などが破却、撤去された。その際に、男山山上にあった八角堂、仏像を当時の正法寺(八幡清水井)住職が譲り受け、現在地に移した。以後、八角院と呼ばれた。
◆本尊 かつて御堂内に、鎌倉時代の阿弥陀如来坐像(重文)を安置していた。一光千仏丈六阿弥陀ともいわれた。もとは、石清水八幡宮の本地仏で、境内の西谷、八角堂内に安置されていた。近代の廃仏棄釈により、八角堂が現在地に移転した際に仏像も遷された。その後、一時京都国立博物館寄託となる。現在は、正法寺の宝物館「法雲殿」に安置されている。
 丈六の阿弥陀如来像は、像高2.83m、台座・光背を含み5.8mになる。中品中生の説法印を結ぶ。かつては全体に金箔が施されていたという。13体の化仏を反りの少ない光背に配している。肉身部は漆箔、衣部は彩色、檜材寄木造、彫眼。
 かつて、御堂内に、鎌倉時代作の元三大師坐像(重文)も安置されていた。もとは、石清水八幡宮三の鳥居近くにあった元三大師堂にあった。近代、廃仏棄釈により八角堂内に遷され、その後、京都国立博物館寄託となる。現在は、正法寺の宝物館「法雲殿」に安置されている。この平安時代の僧・慈恵大師良源(912-985、元三大師)の像高82㎝、檜材の寄木造、玉眼嵌入、彩色による。
◆建築 八角堂は、「隅切八角形」といわれ、四角の四隅を切り取った八角形をしている。石清水八幡宮固有の建築様式とされる。
◆古墳 市内最大の前方後円墳の西軍塚古墳は、近代、1902年、八角堂境内工事の際に石室部分が発見された。古墳時代前期前半(4世紀)のものとみられる。全長115m、後円部の径70m、後円部高さ8m、墳頂部径約40m。古墳西に幅30mの周濠跡がある。
 石室は、長さ9尺(2.7m)、幅2尺(60.6㎝)、高さ3尺(90㎝)で、堆積岩による横積上げ、割石小口積。
 副葬品は弥生・古墳時代に中国・朝鮮半島から到来した銅鏡の舶載(はくさい)鏡、弥生・古墳時代に中国鏡を模して日本で作られた銅鏡の彷製(ぼうせい)鏡など5面、碧玉製腕飾など256点。大部分は東京国立博物館に寄託。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 案内板、『京都・山城寺院神社大事典』
 

  関連・周辺正法寺(八幡市)      関連・周辺石清水八幡宮(八幡市)      周辺      関連           

「丹波之阿治佐波昆宝命御墓参為地」の石標
 八角堂(八角院) 〒614-8066 八幡市八幡市八幡大芝 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光