日野御廟 (京都市伏見区)
Hino Mausoleum
日野御廟 日野御廟 
  Home   Home



 日野御廟(ひの ごびょう)は、浄土真宗の宗祖・親鸞(1173- 1263)ゆかりの人々が眠る。親鸞は日野の里、現在の法界寺、日野誕生院付近に生まれたという。 
 御廟には凝灰岩の小さな五輪石塔が立ち並んでいる。中央に親鸞の父・有範、その右に母・吉光女(きっこうにょ)、また伯父・範綱、娘・覚信尼、日野広綱、勝光、藤原資巴卿、藤原資始朝臣の墓も立つ。
 父は、皇太后宮の中宮職(ちゅうぐうしき)、大進(だいしん、たいじょう)の日野有範(ありのり)、母は、清和源氏、八幡太郎義家の孫娘・吉光女(きっこうにょ)という。
◆日野有範 平安時代後期の官吏・日野有範(ひの ありのり、?-1176?)。日野有信の4男、親鸞の父。皇太后宮大進(だいじょう)、第75代・崇徳天皇の侍講、三室戸の大進と称された。
◆吉光女 平安時代後期、親鸞の母・吉光女は清和源氏の八幡太郎義家(1039-1106)の孫娘ともいう。


  関連・周辺法界寺      関連・周辺誕生寺      周辺       関連          

日野有範の五輪石塔

吉光女の五輪石塔

藤原資巴卿、藤原資始朝臣の墓

日野勝光の碑、室町時代の公卿・日野勝光(1429-1476)は藤原北家、日野政光の子。日野家当主、6歳で家督相続。妹・富子は将軍義政の正室、娘は義尚の夫人。左大臣、法号は唯称院。
 
 日野御廟 京都市伏見区日野畑出町周辺
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光