三嶋神社 (京都市東山区) 
Mishima-jinja Shrine
三嶋神社 三嶋神社
  Home   Home












遥向石(影向石)


『花洛名勝図絵』、東山之部の三嶋明神社、相生の松と遥向石(赤い線内)、解説板より。
 渋谷通から細い路地を北へ入ると、住宅地に挟まれるようにして、小社・三嶋神社(みしま じんじゃ)はある。平家ゆかりの社であり、かつては三島明神ともいわれた。旧郷社になる。
 主祭神は、大山祇大神(おおやまづみのおおかみ)、天津日高彦火瓊瓊杵尊(あまつひだかひこほのににぎのみこと)、木之花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の三座。
 相殿神に、宇迦能御魂大神(うかのみたまのおおかみ)、天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、 素戔嗚尊(すさのおのみこと)、 軻遇突智神(かぐつちのかみ)、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ) 、菅原道真(すがわらのみちざね)が祀られている。
 なお、祈願所(瀧尾神社境内、東山区本町)には、三祭神の分霊と摂社・妙見宮の祭神・天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)が祀られている。
 生命、子授、安産、子預(水子慰霊)、神使が鰻であることから「うなぎ神社」として鰻、魚類、淡水魚関連業界の信仰も集めている。
 安産四十一社のひとつ。
◆歴史年表  かつては、摂津国嶋下郡三島江村(高槻市)に三島鴨神社として祀られていたという。
 平安時代、1160年、第77代・後白河天皇は三嶋神を敬愛し、小松内府・平重盛に勅し、愛宕郡朝岡山小松ヶ谷(三嶋嶽)に宮殿を造営させ勧請した。以後、都の巽(東南)方角の守護神になる。
 1161年、後白河天皇中宮・建春門院(平滋子)は、皇子がなく憂い、三島神社に祈願した。同年に憲仁親王(後の第80代・高倉天皇)を出産する。その報恩のために平重盛に勅し、この地に三島神社を勧請したともいう。(社伝)
 1174年、牛若丸(源義経)が当社に参籠し、平家追討を祈願したという。
 1178年、高倉天皇中宮・平徳子(建礼門院)は、懐妊、平産のために祈願したという。
 1185年、平家一族没後も安産祈願の神として信仰された。同年、御家人・千葉常胤は、洛中の盗賊捕縛を祈願したという。
 1190年、源頼朝は、権大納言に任じられた慶賀に参詣したという。
 鎌倉時代、1241年、社殿が焼失している。
 1277年、鎌倉幕府第8代執権・北条時宗が再建した。
 室町時代、1567年、兵火により焼失している。
 1573年、第106代・正親町天皇により再建された。
 江戸時代、1677年、第112代・霊元天皇により、社殿が修繕されている。江戸時代には、上下馬町の鎮守社になった。
 現代、2000年、負債により境内、社殿を失い、祭神は瀧尾神社に遷座された。
 2002年、旧社地に社殿が再建され、還幸・還座される。
◆建春門院 平安時代の建春門院(けんしゅんもんいん、1142-1176)。平滋子(たいら の しげこ)。上西門院(第82代・鳥羽天皇第二皇女)の女房となり、第77代・後白河上皇の寵愛を受ける。1161年、皇子(後の高倉天皇) を産む。1167年、女御、1168年、皇子の即位に伴い皇太后宮となり、1169年、院号宣下となる。政治的な発言力を持ち、平氏の繁栄をもたらした。
◆安産信仰 当社には、土(万物の母)、火(万物の大気)、水(万物の源)の三つのご神徳があるという。安産、夫婦和合、子授け、避妊、水子の慰霊、あらゆる生物の出生、成育、放生守護の神という。
 伝承がある。建春門院には皇子が誕生しなかった。子授けの三嶋大明神を崇敬していたという。ある時、夢中に白衣の翁が現れ、「汝に男子を授く 必ず日嗣たる可し 依って我を帝都巽の方に祀る可し」と告げた。皇位継承の男子を授けるから、帝都の巽(東南)の方角に祀れと伝えたという。その後、建春門院は懐妊し、第80代・高倉天皇が誕生したという。
 以後、禁裏中宮、女官、庶民に至るまで安産の信仰が集まった。2000年、2003年に秋篠宮も参詣し、悠仁親王(2006-)が誕生した。
◆遥向石 境内には「遥向石(ようこうせき)」(高さ2m)が祀られている。木之花開耶姫命が影向(えこう)した石といわれ、「影向石」とも呼ばれた。安産の信仰があり、古くは「安産石」「誕生石」とも称された。
 伝承によれば、平安時代、1174年、牛若丸(源義経、1159-1189)は当社に参籠したという。その後、夢中に白髪の翁が現れ、早々に奥州に下る可べしとのご神託があった。夢より覚めて牛若丸は当社に再拝した。翁の立っていた所を見ると石がある。この石の前より奥州に旅立ったという。
 以来、石は遥向石と呼ばれた。妊婦は男児の授けを祈願した。石に手を触れ腹を撫でると、牛若丸のような男児が授かると伝えられた。
 江戸時代には境内に、「相生の松」といわれる2本の松があり、枝は1本につながっていた。このご神木の間に石が祀られていた。(『花洛名勝図絵』、1864)。
 良縁、夫婦和合、家内安全のご神徳があるとされている。
◆鰻信仰 祭神の大山祇大神は山の神であり、水源を司る水の神でもある。三嶋大明神は、山より下った水が海にそそぎ、再び雨になって山に水をもたらし、水源になる。水の循環を司る神という。この川と海の間を自由に動き回るのが鰻とされ、その生命力の強さから神使になった。
 当社の神使は、巳蛇(みづち)、水蛇、牟奈岐(むなき、棟木のように丸くて長いもの、鰻)とされる。摂津の国の三島鴨神社には、1丈(3m)あまりの水蛇が生息していたという。伊予国の三島大社には、神池に老鰻で、耳の生えた水蛇が生息していたという。また、当社神池(音羽川)にも、数百もの鰻が生息していたという。
 生物生育の神である鰻(牟奈岐)を食すると、温を保ち、痩身を防ぐ。風邪を退け、五痔、悪瘡、虫殺し、疳虫を封じ、産後の回復、母乳の増やすなどの幸徳があるとされた。また、鰻の産卵期が収穫期に重なり、五穀豊穣とも結びついた。ただ、鰻の勢いが強すぎることから、その焼く煙は草木を枯らし、妊婦がみだりに食すると、胎児も損なうとされた。また、摂津国なんばに、大神の使者という6尺(1.8m)あまりの水蛇が生息し、付近の生魚を食い尽くしたという。そのため、三嶋の神は怒り、水蛇の子縁を少なくしたともいう。
 妊婦が大神に祈願する際には、鰻を一度絶ち、生鰻(鰻絵馬、3尾は安産祈願、2尾は子授祈願)を供え、御礼詣りの後に鰻を食べて産後の回復をする。かつて、祈願成就した際には、お礼に鰻を奉納した。その後、鰻を描いた絵馬を奉納するようになった。
◆年間行事 例大祭(9月15日)、神幸祭(9月第3日曜日)、祈願所のうなぎ大祭(鰻並びに生類放生会、1954年に復活した)(10月26日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』『京都のご利益めぐり』


  関連・周辺      周辺山王神社     関連瀧尾神社           


鰻絵馬、2尾は子授祈願


旧社殿にあった御手洗と石燈籠
 三嶋神社本宮鎮座地 〒605-0927 京都市東山区上馬町3丁目,東大路通東入る  075-531-5012 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光