玉林院 〔大徳寺〕 (京都市北区)
Gyokurin-in Temple
玉林院  玉林院
  Home   Home


















 大徳寺境内の南西にある塔頭の玉林院(ぎょくりんいん)は、武将・山中鹿之助の菩提所として知られている。境内には、大徳寺保育園(1955-)が開かれている。
 臨済宗大徳寺派。
◆歴史年表 江戸時代、1603年、慶長年間(1596-1615)初めとも、医者・曲直瀬正琳(まなせ しょうりん)が、曲直瀬家初代・道三(正盛)を供養するために、大徳寺142世・月岑宗印(げっしん そういん)を開基として建立した。当初は、開基の名より正琳庵と称した。
 1609年、焼失している。月岑が再興する。
 その後、徳川幕府官僚・片桐且元(1556-1615)、茶人・桑山貞晴(1560-1632)などの寄進により復興される。
 1621年、焼失する。玉林院に院号を改めた。正琳院の「琳」を、「玉」と「林」に分け、玉林院とした。
 寛文年間(1661-1673)、仙溪宗春の時、筑後久留米の大名・有馬氏が檀越になる。
 1742年、8世・大竜(龍)宗丈の時、大坂の豪商・鴻池(山内)了瑛が帰依し、鴻池の祖・山中鹿之介の牌堂、南明庵(なんめいあん)が建てられた。その際に、茶室蓑庵(さあん)、霞床席(かすみどこのせき)も付属し建てられている。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、多くの建物を失う。
 1942年、茶室「洞雲庵」が再興された。
 現代、2003年、本堂復元が始まる。
 2008年、本堂修復が完成する。
◆月岑宗印 江戸時代の僧・月岑宗印(げっしん そういん、1560-1622)。片庵。京都の生まれ。1591年、古溪宗陳より印可を得て法嗣。1598年、大徳寺142世。1600年、大徳寺再住。1603年、大徳寺・玉林院開山。慶長年間(1596-1615)洞雲庵の開祖。諡号は1620年、大興円光禅師。大仙門下大光派。
曲直瀬正琳 安土・桃山時代-江戸時代前期の医者・曲直瀬正琳(まなせ しょうりん、1565‐1611)。姓は一柳。曲直瀬正盛(初代・道三)に学ぶ。2代道三(玄朔)家に仕え医術を学び、婿入りし曲直瀬を名乗った。第106代・正親町天皇、1600年、第107代・後陽成天皇の病を治療し、養安院の院号を与えられた。豊臣秀吉、秀次に仕えた。月岑宗印に帰依し、1603年、正琳庵の開基。1605年、徳川家康の命で江戸に赴き、秀忠に仕えた。玉林院に葬られる。
◆曲直瀬正盛 室町時代-安土・桃山時代の医師・曲直瀬正盛(まなせ しょうせい、1507‐1594)。京都の生まれ。仏門に入り、足利学校で医学を学ぶ。還俗し、京都で施療院を開き、医者をしながら学舎「啓迪(けいてき)院」を開いた。和歌、茶湯にも通じ、室町時代幕府13代将軍・足利義輝、織田信長、豊臣秀吉らにも厚遇された。
◆山中鹿之助 室町時代-安土・桃山時代の武将・山中鹿之助(やまなか しかのすけ、1545-1578)。出雲の生まれ。尼子氏に仕え、毛利氏と戦う。主君の降服後、尼子勝久を擁した尼子十勇士のひとりとして尼子家再興に尽くした。織田信長、豊臣秀吉に仕え、秀吉の中国征伐に出陣、戦死した。
◆仙渓宗春 江戸時代中期の臨済宗の僧・仙渓宗春(せんけい そうしゅん、?-1684)。詳細不明。大徳寺189世、80歳。
◆大龍宗丈 江戸時代中期の臨済宗の僧・大龍宗丈(だいりゅう そうじょう、?-1751)。詳細不明。京都生まれ。大徳寺341世。自号は蓑庵。奉勅により入寺、玉林院に南明庵を創る。58歳。
◆仏像 「釈迦如来像」(重文)。
◆建築 「本堂」(重文)は、江戸時代、1621年再建時の建物で、山内の塔頭遺構の中で最大規模を誇る。近年の大修復工事(2003-2008)により、創建当時に復原され、屋根は桧皮葺になった。一重、入母屋造。
 「南明庵」(重文)は、江戸時代、1742年、大坂の豪商・鴻池了瑛により、鴻池の祖・山中鹿介の牌堂(仏堂)として建てられた。単層入母屋造、こけら葺、庇屋根はローソク桟瓦葺。内部は六畳敷きの仏間からなり、上部に火頭窓、北斗妙見菩薩、山中鹿之助の位牌を祀る。床は赤楽焼の敷き瓦、南と東に濡れ縁を廻らせる。南明庵を中心として、西に茶室「蓑庵」、東に茶室「霞床席」が続いている。棟札によると、それぞれ「本堂」「数奇屋」「鎖之間」と呼んでいた。
◆茶室 江戸時代、1742年、鴻池了英によって建てられた表千家5世・如心斎好みの「南明庵」(重文)は、西の茶席「蓑庵(さあん)」(重文)、東の「霞床席(かすみどこせき)」から成る。造りに、侘び茶の神髄があるといわれる。ここでは、茶事に基づいた仏事を行う。
 「簑庵」は、壁の「藁ずさ」が浮き出ており、あたかも蓑のようであることから名づけられた。「すさ壁」は、赤土、油、長すさを混ぜて塗られている。本来は壁の亀裂を防ぐ目的がある。また、当時の玉林院の和尚・大龍の号を「簑庵」したことから、その意味も込められている。三畳中板台目切。中板は客座(2畳)と点前座(1畳)の間にある。中板(1尺4寸、42cm)を挟み、ここに出炉を切る。中柱は赤松皮付のゆがみ柱(曲柱)、躙口正面に台目畳の広さの床、脇南に火打構の給仕口の下座床になる。点前座に風呂先下地窓、二重の隅棚、南東隅に茶道口。天井は床前半通を白竹竿縁の長杉板張、窓側掛込み天井、点前座は蒲天井になる。了瑛、茶人・妙心斎好みという。
 四畳半の「霞床席」(重文)は、床中央の筆返しの二重棚に、富士の大幅のみが掛けられる。棚が、あたかも霞たなびくように配置されていることから、霞床席と名付けられた。格天井、内法下に張付壁などは書院風、床は板床、框に煤竹、面皮の床柱、吹寄桟の欄間障子。草庵とて書院風が融合している。
 いずれの茶室の基坦にも楽焼の赤楽の色瓦が敷いてあるという。楽当主の作といい、見えない細部に贅を尽くす。妙心斎好みという。
 ほかに「洞雲庵(とううんあん)」は、桑山左近好み、即中斎好みの三畳、八畳。
◆子庵 「常楽庵」は、天正年間(1573-1591)に洛北の市原村に創建された。古溪宗陳が一時隠棲した。その後、大徳寺・高桐院南西に移される。江戸時代、1676年、肥後・細川綱利が大徳寺235世・天岸宗玄のために玉林院東に移した。以後、北派、玉林院子院となり、肥後・妙解寺の宿坊になる。
 「洞雲庵」は、慶長年間(1596-1615)、桑山左近が建立した。月岑宗印を開祖とした。江戸時代、寛文年間(1661-1673)に再興される。天保年間(1831-1845)、修復される。北派兼帯で護持された。
◆文化財 安土・桃山時代、1591年の「古溪宗陳印可状」。
 本堂に月岑宗印賛の「曲直瀬正琳画像」、正琳位牌が安置されている。
◆障壁画 本堂の襖絵は、狩野探幽筆「山水図」、狩野安信筆「竹林七賢・四愛図」、狩野益信筆「琴棋図」、狩野探雪筆「鶴図」などいずれも狩野派による。
◆墓 片桐且元以下4代、安土・桃山時代-江戸時代初期の武将・ 佐竹義宣、室町時代-江戸時代の武将・有馬豊氏、曲直瀬正琳、2代・曲直瀬正円、山中鹿之助の墓がある。


*普段は非公開、建物、建物内の一部は撮影禁止。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『拝観の手引』『京都・山城寺院神社大事典』『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『京都古社寺辞典』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』『京都で建築に出会う』『原色日本の美術15 桂離宮と茶室』『増補版 京の医史跡探訪』


  関連・周辺大徳寺      周辺     関連讃州寺跡          

本堂

本堂前庭

本堂西

茶室

南明庵


アカマツの巨木
 玉林院 〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町74   075-491-8818
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光