讃州寺跡 (京都市北区)
The ruins of Sanshu-ji Temple
讃州寺跡  讃州寺跡 
50音索引  Home 50音索引  Home

参道入口

讃州寺の山号板






【参照】近くの長坂越の急坂


【参照】近くの紙屋川上流部


【参照】旧地の町名表示板に残る「讃州寺町」(上京区)、かすかに読める。

【参照】旧地付近
 鷹ヶ峯(たかがみね)の長坂越(山国道)に向かう途中、紙屋川近くの谷間に、讃州寺(さんしゅうじ)跡がある。讃州禅寺とも呼ばれた。山号は鶏足山という。現在は廃寺になっている。
 なお、旧地には、讃州寺町(上京区西洞院通一条下る)の地名が残されている。
 大徳寺・玉林院末寺、本尊は地蔵菩薩。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 鎌倉時代-南北朝時代、管領・細川讃岐守頼春(1299-1352)は、戦勝を地蔵尊に願い勝利したため、堂舎、寺領を寄進した。
 室町時代、頼春の長子で讃岐守・細川頼之(1434-1511)、四男・頼元(兄・頼之の養嗣子、1343-1397)が堂を再建したという。
 細川成之(1434-1511)も堂を再建し、西洞院一条(上京区讃州寺町)に寺地を移したという。付近には、細川氏の讃岐守陣館があった。(縁起)
 細川政之(1455-1488)の邸宅を寺に改めて、当寺を開創したともいう。寺号は讃岐守に因んだ。(『坊目誌』)。なお、この政之とは父・成之の誤りともいう。
 1475年、「讃州陣地蔵蔵珠院」とある。(『親長卿記』)。この頃、讃州寺は、本尊・地蔵菩薩を安置し、蔵珠院(寺)とも号された。
 1481年、「蔵珠院」とある。(『宣胤卿記』)
 その後、竹屋辻子(上京区、堀川上立売北)に寺地を移し、「竹屋地蔵」とも呼ばれた。(縁起)
 1521年、六地蔵の一つに数えられていた。(『宣胤卿記』)
 安土・桃山時代-江戸時代、豊臣秀吉(1537-1598)、徳川家康(1543-1616)は、御朱印を与え、山林除地、諸役を赦した。(縁起)
 江戸時代初期、1652年、慶安年間(1648-1651)とも、京都所司代・板倉重宗の命により大徳寺・玉林院2世・祥善が、現在地(愛宕郡鷹ヶ峰千束村)の普明庵に移す。(縁起)
 享保年間(1716-1735)、御朱印寺領5石、寺地174坪、寺家2軒があった。(「京都御役所向大概覚書」)
 1762年、讃州寺町、讃州寺について記されている。(『京町鑑』)
◆細川頼春 南北朝時代-室町時代の武将・細川頼春(ほそかわ よりはる、1299-1352)。細川公頼の子、頼之の父。1331年、元弘の変より足利尊氏に従い、関東より畿内に転戦,する。1333-1336年、建武政権では蔵人となる。1336年、尊氏の九州落ちに際して、兄・和氏とともに四国平定に尽力する。その後、越前守護となり、後に斯波高経との確執になる。1349年-1352年、観応の擾乱で、足利直義と対立した尊氏方の侍所頭人、引付(ひきつけ)頭人になる。直義方と戦い、足利義詮を助ける。1352年、南朝軍が和議を破って京都に突入し、七条大宮で南朝方を迎え討死する。射術に優れた。和歌に秀でた。
◆細川成之
 室町時代の武将・細川成之(ほそかわ なりゆき/しげゆき、1434-1511)。細川教祐の子、細川満久の孫。子に政之。伯父・細川持常(もちつね)の養子になる。後に讃岐守護。1449年、持常の急逝により、阿波・三河守護を継ぐ。1462年、幕命により畠山政長を助け、金胎寺城の畠山義就を攻めた。1467年、応仁・文明の乱(1467-1477)で、子・政之とともに東軍・細川勝元方に加わる。1485年、一部の重臣が阿波で反乱し、政之と下国、細川政元は、政国、尚春らを遣わし助ける。1488年、子・政之が没し、政務復帰した。1504年、薬師寺元一が成之の孫・澄元を擁して反乱、政元の攻撃を受けてこれを鎮圧する。晩年は禅に傾倒した。和歌、絵画、蹴鞠に秀でた。
◆細川政之
 室町時代の武将・細川政之(ほそかわ まさゆき、1455-1488)。細川成之の長男。8代将軍・足利義政より偏諱を許され政之と名乗る。応仁・文明の乱(1467-1477)で、父・成之とともに参戦し、足利義政・義尚に仕える。1478年、娘の死後、突然に出家し、成之が阿波守護職を譲られ家督となる。その後、家臣間に対立、混乱が生じた。1482年、家臣と所司代家臣の斬り合いに敗訴し、阿波に下向した。再度上洛後、1485年、一部の重臣が阿波で反乱し、鎮圧した。その陣中で病死する。
◆仏像・地蔵 地蔵菩薩、不動明王、多聞天は、かつて王城守護のために詔により、平安時代の弘法大師・空海(774-835)が造仏したものという。都の四方に1体ずつ安置されたという。(縁起)
 鎌倉時代-南北朝時代、管領・細川讃岐守頼春(1299-1352)は、戦を前に地蔵尊に願い戦勝したため、堂舎、寺領を寄進した。(縁起)
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、地蔵は「腹帯の地蔵」と呼ばれ、安産・母子安泰の信仰篤かった。女御更衣の懐妊に際して、必ず腹帯を授与した。貴人に限らず、庶民の信仰も集める。(縁起)
◆建築 本堂など2棟が残る。
◆文化財 室町時代、1540年の「細川氏之知行安堵状」、室町時代、1549年の「遊佐長数禁制」、室町時代、1551年の「三好義賢禁制」、室町時代、1558年の「香西元成禁制」を所蔵した。
◆六地蔵巡り 室町時代、六地蔵巡りに讃州寺・蔵珠院の本尊・地蔵も含まれていた。当時、蔵珠院と号したという。(『資益王記』)
 1473年、当時の六地蔵巡りとして「讃州陣の蔵珠院」などを参詣したと記されている。(『親長卿記』)。ほかにも、1474年には、六地蔵として西院(高山寺)、壬生(地蔵堂)、八田(矢田寺)、屋禰葺(星光寺)、清和院、蔵珠院正親町西の洞院の名がある。(『資益王記』)、1479年、『宣胤卿記』、1521年、『宣胤卿記』にも「蔵珠院」参詣について記されている。
◆讃州寺町 旧地には上京区に讃州寺町(さいしゅうじ ちょう)の地名がいまも残っている。讃岐守の館(陣)、讃州寺があったことが町名の由来になった。
 江戸時代、1637年には「さい志やうし町」と記されている。(『寛永十四年洛中絵図』)。1762年には「讃州寺町」とあり、かつて存在した讃州寺が町名由来になったと記されている。(『京町鑑』)
◆樹木 本堂前に杉の大木が立つ。樹高40m、幹回り6m、樹齢350年ともいう。
 複数の楓が植えられている。


*現在は廃寺です。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当社縁起、『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』『京都の地名検証 3』『京都大事典』『京都の地名由来辞典』


  関連・周辺      周辺吟松寺      関連玉林院〔大徳寺〕         
平安京オーバレイマップ
map  讃州寺跡 〒603-8469 京都市北区鷹峯千束町(せんぞくちょう)30  
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光