茶碗子の水(茶碗子の井戸)(京都市伏見区)  
Chawankonomizu(Well site)
茶碗子の水(茶碗子の井戸) 
茶碗子の水(茶碗子の井戸) 
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home
茶碗子の水


「茶わんこの井戸」の石標


藤原俊成の歌碑

大田蜀山人の歌碑


地蔵尊


地蔵尊
 深草野手町(ふかくさ-のでちょう)の四辻南西に、「茶碗子の水(ちゃわんこのみず)」といわれる井戸が残されている。「茶碗子の井戸」とも呼ばれている。
 京都名水の一つといわれ、いまも湧水がある。
茶碗子の水 かつて、都に住む茶人は、茶の湯の水に宇治橋より汲み上げた宇治川の水を用いていた。
 茶人は、水を汲んでくるようにと使いの者を遣る。使いの者は、帰り道に深草を通り、汲み上げてきた水をこぼしてしまった。やむなく、この茶碗子の水を持ち帰って素知らぬ顔をしていた。
 主人は、いつもの水と違うことを見破っていた。使いの者に糺すと顛末を話した。主人は叱らず、宇治川の水よりも茶碗子の水の方が良い井水として褒めた。以後、使いの者は宇治までの遠出の必要がなくなったという。
歌碑 井戸の傍らに、2つの句碑が並んで立つ。
  ◈「夕されば 野辺の秋風 身にしみて うずら鳴くなり 深草の里」、平安後期の歌人・公卿・藤原俊成(ふじわらの-しゅんぜい、1114-1204)、『千載和歌集』秋上259、1188年頃の作になる。
  ◈「ひとつとり ふたつとりては焼いて食ふ うづらなくなる 深草の里」、大田蜀山人(おおた-しょくさんじん)作とある。
 蜀山人とは、江戸時代中期-後期の狂歌師・戯作者・大田南畝(おおた-なんぽ、1749-1823)になる。蜀山人は、俊成の歌を揶揄している。鶉(うづら)を焼いて一つ二つと食するから、いずれ「うづら鳴くなる(無くなる)」と茶化している。
地蔵尊 敷地内に地蔵尊が安置されている。


参考文献・資料 案内板


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area宝塔寺・七面宮(七面さん)  周辺,surrounding area石峰寺  関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 茶碗子の水(茶碗子の井戸) 〒612-0887 京都市伏見区深草野手町27-1
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光