末多武利神社 (宇治市)
Matafuri-jinja Shrine
末多武利神社  末多武利神社
50音索引  Home 50音索引  Home





 宇治川沿いの住宅地、さわらびの道に面して小社・末多武利神社(またふり じんじゃ)が建つ。
 平安時代の公卿・藤原忠文を祀る。
◆歴史年表 平安時代、941年、参議・藤原忠文は、征夷大将軍として東国の平将門の乱平定に向かう。だが、その到着前に将門はすでに討たれていたという。そのため、大納言・藤原実頼(900-970)により恩賞の対象から外された。
 忠文は実頼を恨み、死後も一族の子女に憑りついて祟ったという。その怨霊を鎮魂するために祠に祀られたという。
◆藤原忠文 平安時代の公卿・藤原忠文(ふじわら の ただぶみ、873-947)。参議枝良の3男。宇治に所領があり、宇治民部卿と称した。摂津、丹波守などを歴任、939年に67歳で参議、翌940年、平将門追討のため征東大将軍に任じられた。だが、すでに乱は鎮圧されていた。 
 西国の藤原純友の乱(939)では征西大将軍として鎮定している。
 宇治の富家殿で鷹を飼養し、宇治川で洗髪していたという。(『江談抄』)。
◆藤原実頼 平安時代の公卿・藤原実頼(ふじわら の さねより、900-970)。藤原忠平と第59代・宇多天皇の娘源順子の子。右大臣、左大臣、967年第63代・冷泉天皇の関白太政大臣、969年第64代・円融天皇の摂政となる。
 第55代・文徳天皇第1皇子・惟喬親王の屋敷小野宮邸に住み、小野宮殿、小野宮家と呼ばれた。
 塀に穴を開け果物を置いて、そこに集まる人の雑談を聞いて世情を知ったという。娘慶子は第61代・朱雀天皇女御、述子は第62代・村上天皇女御となった。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』


 関連・周辺      周辺宇治上神社      周辺宇治神社      関連         
 末多武利神社 〒611-0021 宇治市宇治又振47    
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光