印空寺 (京都市右京区) 
Inku-ji Temple
印空寺 印空寺
50音索引  Home 50音索引  Home

山門、1991年建立


 山越の印空寺(いんくうじ)は、嵯峨広沢池の東に位置している。山門脇に、「旧御室御所茶所」「了海上人遺跡」の石標が立つ。山号は月江山という。 
 西山浄土宗。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 江戸時代、1688年、美濃・立政寺より印空(?-1692)が入る。仁和寺門跡・寛隆法親王より寺領寄進を受けて建立された。
 了海(1663-1719)が中興し、寺勢は盛んとなる。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、以後衰微する。
 現代、1970年、圓空瑞元(?-2006)の入寺以来、復興が続けられる。
 1991年、現在の寺観が整えられた。
◆寛隆法親王 江戸時代の皇族・僧の寛隆法親王(1672-1707)。第112代・靈元天皇の第2皇子。
◆仏像 本尊の阿弥陀如来像は、「山越の阿弥陀」と称されている。脇侍仏の観音・勢至菩薩像は、現代の仏師・松久朋琳(1926-1992)作による。
◆花暦 境内に、さまざまな植物が植えられている。白梅、シダレザクラ、北山杉、モクレン科のシデコブシ、カエデ、ボダイジュ、ユズリハがある。
 樹齢300年以上、樹高15mのタラヨウ(京都市の保存樹)、樹齢300年以上のツツジ科シャシャンボなどがある。
◆庭 本堂前に、作家・冨永航平が名づけた枯山水式庭園「二河白道」がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都 神社と寺院の森』


  関連・周辺仁和寺      周辺広沢池      関連        

「旧御室御所茶所」の石標

「了海上人遺跡」の石標

本堂、1991年建立


サクラ

ウメ

鐘楼、1974年建立

庭園の「二河白道」

開山の圓空瑞元上人の墓


中興の祖・了海上人の墓


樹齢300年以上、樹高17mのタラヨウ(京都市の保存樹)、モチノキ科の常緑高木。葉の裏を傷つけると痕がタンニンにより黒変する。経文を書く多羅樹になぞらえて名づけられ、葉書の語源にもなった。雌雄異株。
印空寺 〒616-8196 京都市右京区山越西町8  075-872-4625
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光