小野毛人の墓・墓誌 (京都市左京区)  
grave of Ono no, Emishi
小野毛人の墓・墓誌 小野毛人の墓・墓誌
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home

「小野毛人朝臣之墓」の道標


小野毛人の墓


小野毛人の墓碑


「金銅小野毛人墓誌」(国宝)、説明板より


小野毛人の墓のある裏山からの眺望

 崇道神社北東の西明寺山(さいみょうじ-やま)に、飛鳥時代の官吏・小野毛人(おの-の-えみし)の墓がある。江戸時代に、石室から毛人に関わる墓誌が発見された。
 この付近は、山城国愛宕郡小野郷に当たり、かつて小野氏の本拠地だった。(平安時代中期、『和名抄(和名類聚抄)』934)
◆歴史年表 飛鳥時代、677年、12月、小野毛人が亡くなる。この地で墓が営まれた。(「金銅小野毛人墓誌」の銘)
 江戸時代前期、1613年/慶長年間(1596-1615)、付近住民の夢告により、崇道神社の裏山・西明寺山より小野毛人の墓が発見されたという。石室からは短冊形の墓誌が発見された。黒川道祐、伊藤東涯、狩谷掖斎が考証する。
 1697年、墓誌は再び墓に埋納されている。木製の墓誌複製が、近くの宝幢寺に移されている。
 近代、1895年/明治期(1868-1912)、墓誌は一時盗難に遭う。その後、取り戻される。
 1914年、墓誌の保存のために墓より取り出された。8月、墓誌は重文に指定されている。
 1915年、3月、上高野村民により墓上に現在の石碑が立てられている。
 1924年、石室内が調査された。
 現代、1961年、4月、墓誌は国宝に指定された。
◆小野毛人 飛鳥時代の官人・小野毛人(おの-の-えみし、?-677)。詳細不明。小野妹子(いもこ)の子。毛野(けぬ)の父。第40代・天武天皇(在位:673-686)の朝廷に仕えた。太政官兼刑部卿に任命され、位は大錦上ともいう。(「金銅小野毛人墓誌」銘)。ただ、大徳冠中納言ともいう。毛野伝には「小錦中毛人」(『続日本紀』、797)と記されている。
◆石室  小野毛人の古墓は、1924年に調査が行われている。東洋学者・内藤湖南(1866-1934)、歴史学者・喜田貞吉(1871-1939)、考古学者・梅原末治(1893-1983)らが参加した。
 飛鳥時代、677年に小野毛人は亡くなり、墓が営まれている。遺骸は、西明寺山の丘陵突端に掘られた土壙(どこう)内の竪穴式石室内に納められた。
 石室内の底には礫を敷き、封土は小さかった。主体部長さ2.5m/2.6m、幅1m、高さ1m。
◆墓誌 江戸時代、1613年、付近住民の夢告により、西明寺山の古墓内より、「位牌(小野毛人の墓誌)」1枚が発見される。3枚の石を下に敷き、4枚の板石の側壁、2枚の板石の蓋で覆われていた。医師・儒者・黒川道祐(?-1691)、儒者・伊藤東涯(1670-1736)、考証学者・狩谷掖斎(1775-1835)が考証する。
 その後、1697年に墓誌は一度元の墓に戻されている。近代、明治期(1868-1912)に盗難に遭って、後に戻されている。1914年に保存のために墓より取り出され、その年に国宝に指定された。
 「金銅小野毛人墓誌」(画賛・奥書・銘文)(国宝)は金石文であり、鍍金鋳銅製であり、文字を刻んだ後に鍍金を施した。表裏に各1行48字の銘文を刻む。表に小野毛人が天武朝に仕え、納言の職、刑部卿で正四位の地位にあったと記している。  銘文に表記された官職名「太政官(だじょうかん/だいじょうかん)」「刑部大卿(ぎょうぶのたいきょう)」は毛人の時代には存在していない。後の飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)(681年編纂、689年施行)の制定後の官職名だった。姓「朝臣」(684年制定)についても新しいもので、毛人は「臣」だったという。位「大錦上(たいきんじょう)」(664-685)の追贈も後のものという。
 このため、墓誌は毛人の没後に制作され追納されたとみられている。飛鳥時代の第41代・持統天皇(在位:690-697)-飛鳥時代-南北朝時代の第43代・元明天皇(在位707-715)の間、また、奈良時代、8世紀(701-800)前半ともいう。
 銘文は表に「飛鳥浄御原宮治天下天皇御朝任太政官兼刑部大卿位大錦上」、裏に「小野毛人朝臣之墓」、「営造歳次丁丑年(677年)十二月上旬即葬」とあった。読み下し文は次のようになる。「飛鳥浄御原宮(あすかきよみがはらのみや)に天の下治めたまいし天皇の御朝、太政官兼刑部大卿に任じ、位は大錦上なる小野毛人朝臣の墓、営造は、歳は丁丑(ひのとうし)に次(やど)る年の十二月上旬、即ち葬る」。
 墓誌の長さ58.9cm、幅5.8/5.9cm、厚さ3㎜。崇道神社蔵、現在は京都国立博物館所蔵。
◆小野毛人の墓碑  現在、古墓の上に南面して「小野毛人の墓碑」が立てられている。近代、1915年3月に上高野村民による。
 碑文には、墓誌発見・石碑の建立の経緯が刻まれている。碑文は、歴史学者・内藤湖南(1866-1934)の筆による。
 墓誌の出土後、墓誌はしばらくして墓穴に戻された。その後、国宝指定され、再び取り出され墓穴は覆われた。村人は遺跡が消えることを恐れて、墓上に石碑を立てて目印にしたという。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「金銅小野毛人墓誌  京都国立博物館」、ウェブサイト「国指定文化財等データベース 金銅小野毛人墓誌 文化庁」、『京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area崇道神社  宝幢寺  周辺,surrounding areaおかいらの森(小野瓦窯跡)  関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 小野毛人の墓・墓誌 〒606-0064 京都市左京区上高野西明寺山
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光