賀茂波爾神社 (赤の宮神社) (京都市左京区) 
Kamohani-jinja Shrine
賀茂波爾神社 (赤の宮神社) 賀茂波爾神社 (赤の宮神社) 
50音索引  Home 50音索引  Home



「官幣大社 賀茂御祖神社摂社 賀茂波爾神社」の社号石標





神紋、加茂葵

舞殿
 高野川の河畔にある賀茂波爾神社(かもはに/かものはにの じんじゃ)は、旧田中村(高野)の産土神だった。 
 下鴨神社の境外摂社で、近代以前は「村社 波爾神社」、「赤宮(あかのみや)神社」、「赤の宮さん」とも呼ばれた。
 祭神は波爾安日子神(はにやすひこのかみ、武埴安彦命)、波爾安日女神(はにやすひめのかみ、武埴安彦姫命)を祀る。土壌を司る男女の神(対偶神)になる。また、玉依彦命(西はに部氏の祖)、野見宿禰(土師氏の祖)ともいう。旧村社。
 式内社。平安時代、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)中「愛宕郡 二十一座 大八座 小十三座」の「賀茂波爾神社」に比定されている。
 大地守護、万物の生成発展、殖産興、方除、火災、災難、疫病、厄除けなどの信仰がある。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、901年以前、すでに祀られていたという。(社伝)。神祭用の土器を作る集団により奉祭されたものという。鎮座地派不明、赤の宮神社、あるいは上賀茂神社境内摂社・土師尾社が前身ともいう。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、江戸時代とも、赤宮稲荷大明神と呼ばれ、稲荷社とされた。稲荷神、迦遇突智神(かぐつちのかみ)が併せて祀られていたという。(社伝)
 江戸時代、1671年以前、1679年とも、現在地に遷された。  
 1855年、現在の本殿が造営される。
 1868年、『太政官神祇局調』には、「赤の宮稲荷大明神」と記されている。社地は南北50間、東西30間あった。
 近代、1877年、それまでの「波爾神社」また「赤の宮」より、賀茂御祖神社(下鴨神社)の第4摂社となり、「賀茂波爾神社」と改めたという。(社伝)
◆はに 「波爾」(はに)の由来については、いくつかの説がある。
 古代の山背北部は、賀茂社の神領地だった。この地は、神饌用の土器、清水が御供水として奉納されていた。
 「波爾」(はに)は、高野川(埴川)と、祭神名に由来するともいう。「埴川」(埴河)の名は、すでに平安時代、799年に『日本後記』に記されている。川からは粘土(赤土、はに)が産出した。「はに」は「埴」であり、祭事の際の焼き物の材料となる粘土、赤土を意味していた。
 「赤の宮」も、古代の土器類を作る氏族・西泥部(にしはにべ、「はに」は<泥の下に土>)氏、土師氏の守護神とされた。「赤」も土器を作る粘土の赤土に由来ともいう。土師氏は大枝、秋篠、菅原、毛受(もず、百舌鳥、物集女)の系統があり、桓武天皇母・高野新笠もこれに属するという。
 さらに、江戸時代、稲荷信仰により社殿、鳥居を朱塗り(丹塗り)にしたことに因み、単に「赤の宮」と呼ばれたという俗説もある。
◆建築 本殿は、江戸時代、1855年に造営された。その後、遷宮修理が行われている。一間社流造、桧皮葺。
◆御蔭祭 例祭として御蔭祭(御生神事)の際に、路次祭(5月12日)が行われている。御蔭山で迎えた荒魂を下鴨神社に送る際に、途中の当社で無事を祈願し、舞楽「還城楽(げんじょうらく)」が奉納される。
 祭りの神幸行粧は、「波璽党」といわれる氏人たちが奉仕していた。
◆神水 境内の東に「波爾井清水」と呼ばれる湧水がある。かつて、御供水として奉られていたという。「波璽御神水」「御薬水」とも称された。現在も、豊かな水量があり、水を求める人がある。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、末社・稲荷者大祭(4月第一日曜日)、例祭・出路次祭(5月12日)、交通安全祈願祭(8月17日)、火焚祭(11月17日)、霜降祭(12月23日)、末社・稲荷者大祭(12月第一日曜日)。 
 月次祭(毎月1日、17日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『京都大事典』案内板


  関連・周辺      周辺       御蔭神社      下鴨神社       葵祭      葵祭・前儀式            

神紋

拝殿

本殿

本殿

本殿

本殿

末社・権九郎稲荷社

末社・権九郎稲荷社
末社・権九郎稲荷社
末社・権九郎稲荷社、祭神は宇莫迦之御魂神

権九郎稲荷社


名水「波璽井御神水」「御薬水」は、今も湧き出している。

高野川開墾歴史碑、高野川流域のこの地は、度重なる洪水によって荒廃していた。江戸時代中頃、1671年、大坂の商人・豊後屋武野又兵衛は、後水尾上皇の修学院離宮行幸に際して、一帯の開墾に着手した。近郊の農民らが入植し、高野川堤には道路が付けられた。荒れ地は新田になり、新田村ができた。

境内にはクスノキの大木が残る。

御蔭祭

御蔭祭

【参照】近くを流れている白川疏水(琵琶湖疏水白川分線)
 賀茂波爾神社 〒606-8105 京都市左京区高野高野上竹屋町36  075-781-0010(下鴨神社)
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光