上徳寺 (京都市下京区) 
Jotoku-ji Temple
上徳寺 上徳寺 
50音索引  Home 50音索引  Home

山門






「上徳院殿、霊光院殿 阿茶の局墓所」の碑


「冠翁堀内雲鼓墓所」の碑


本堂


塩竈山の扁額









身代り地蔵堂、苦悩、災難、疾病、輪禍などの身代りになって守護する。



地蔵堂
 上徳寺(じょうとくじ)は、「世継地蔵 (よつぎじぞう)」「京のよつぎさん」とも呼ばれている。本塩竈町にあり、山号も塩竈山(えんそうざん)という。
 平安時代、この地には、源融の邸宅・六条河原院があり、塩焼の風情を愉しんだという。
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
 洛陽三十三所観音巡礼。京の通称寺霊場19番、世継地蔵。
 子授け、安産祈願などの信仰篤い。
◆歴史年表 平安時代、現在の五条通と正面通の間、柳馬場通と鴨川の間に、源融の別荘があった。陸奥国塩釜の景色を再現し、難波江の塩水を運んで、塩を焼く煙を眺めていたという。
 895年、源融没後、子・湛が屋敷を宇多上皇(第59代)に献上し、仙洞御所(東六条院)となる。
 991年、仁康は、丈六釈迦仏を造立した。華厳経書写、供養の五時講を行い、天台宗の河原院に改めた。
 1000年、釈迦仏を源融の六条別邸の祇陀林寺(ぎだりんじ、上京区)に遷し、河原院は廃寺になる。
 江戸時代、1603年、徳川家康の帰依を得て伝誉一阿が開山する。
 徳川家康の側室・泰誉院(?-1619)は、母・上徳院(阿茶の局)の菩提を弔うために寺域を拡張した。寺名を法名・上徳院殿に因み上徳院に改めた。
 1788年、天明の大火により焼失した。
 1864年、元治の大火により焼失している。
 近代、明治期(1868-1912)末、永観堂の祖師堂を移して、本堂が再建されている。
 1913年、境内塔頭・徳林院(とくりんいん)が大阪府三島郡に移る。
◆源融
 平安時代初期の公卿・源融(みなもと の とおる、822-895)。第52代・嵯峨天皇の第8皇子。母は大原全子(またこ)。河原左大臣と呼ばれた。元服後、義兄の第54代・ 仁明天皇の皇子となる。源の姓となり、856年、参議、872年、左大臣となる。880年、公卿・藤原基経が摂政となり隠遁生活に入る。河原院、宇治、嵯峨・棲霞観(せいかかん、清凉寺)の別業(別荘)で過した。風流三昧の生涯を送り、皇位に就くことはかなわなかった。『源氏物語』の光源氏、河原院は六条院のモデルとされる。 
 河原院には、陸奥塩竈、千賀の浦の景色が再現されていた。河原に庵が結ばれ、池には毎日30石の塩が運び入れられ、魚貝も放たれた。海士が塩屋の煙を上らせていたという。
 枳殻亭(渉成園)内に供養塔がある。
◆仁康 平安時代中期の僧・仁康(にんこう、生没年不詳)。河原左大臣源融の3男という。天台座主・良源の弟子。河原院(東六条院)の跡地に、991年、丈六釈迦仏の造立し供養した。1000年、仏を祇陀林寺に遷した。1019年、疫病を鎮める地蔵信仰を広めている。
◆伝誉 江戸時代の僧・伝誉蘇生(でんよ そせい、生没年不詳)。伝誉一阿。阿茶局の叔父に当たる。徳川家康が帰依したという。1603年、上徳寺の開山。
◆阿茶局 室町時代-江戸時代の女性・阿茶局(あちゃ の つぼね、1554-1637)。甲州武田氏の家臣・飯田直政の娘。神尾一位局とも称される。当初、今川氏の家臣・神尾忠重の妻となり、夫没後、徳川家康に仕え、側室になる。阿茶局と称された。馬術、武術、才気もたけた。諸戦に随行し、1584年、小牧・長久手の戦いの陣中で懐妊、流産、家康との間に子は無かった。1614年、大坂冬の陣、1615年、夏の陣では、豊臣方との交渉に当たる。家康没後、1620年、東福門院(徳川和子)が第108代・後水尾天皇中宮として入内の際に、母代を務める。1624年、皇女の第109代・明正天皇誕生の際に在京した。1589年、西郷局没後、秀忠、忠吉を養育した。1632年、秀忠没後、剃髪し雲光院と称した。京都で亡くなり、上徳院、江戸・雲光院が菩提寺になる。
◆泰誉院 江戸時代の女性・泰誉院(?-1619)。父は徳川家康、母は上徳院(阿茶の局)。上徳院の菩提を弔うために寺域を拡張し、法名・上徳院殿に因み上徳院と改めた。
◆堀内雲鼓 江戸時代の俳人・堀内雲鼓(ほりうち うんこ、1666-1728)。大和に生まれた。京都で滝方山に俳句、和歌を有賀長伯に学ぶ。新しい付合文芸(長句と短句を付け合わせる)の形式「笠付」を確立した。京都俳壇で人気を博し、雑俳点者(季語がなく、風刺や滑稽味の五七五)として知られた。別号、千百翁など。
 上徳寺境内に墓がある。句碑が立つ。「日のめぐみ うれしからずや 夏木立」(冠句)。
◆本尊 本尊の「阿弥陀如来像」は、かつて近江国・矢橋(やばせ)の鞭崎(むちざき)八幡宮の中尊だった。
 伝承が残されている。平安時代末期、1184年、木曽義仲が江州に出陣した。人々は混乱し、疾病、病死が蔓延した。国主・佐々木判官は憂い、八幡宮に参籠し祈念した。八幡宮は顕現する如来を写し、名を称揚するように告げたという。佐々木は、仏師・快慶に造仏を依頼する。快慶が参籠して7日目、光明の中に阿弥陀如来が顕れ、その姿を刻んだ。御名を称すると人々の心身の病は消えたため、八幡宮の中尊にしたという。
 江戸時代、1603年、徳川家康は八幡宮より遷し、当院に寄進したという。
◆建築 「本堂」は、江戸時代、1753年、永観堂の祖師堂が移築された。
 「地蔵堂」は近代、1871年に再建された。
◆世継地蔵 地蔵堂に、世継地蔵が安置されている。(像高さ2mの石像)を祀る。江戸時代の火災により、顔も体も斑になっている。像は坐像ではなく、立像であるという。世継が授かるといわれ、子授け祈願・安産祈願の信仰を集める。
 江戸時代、1656年、八幡の清水という人が子を失ったという。後継が生まれるようにと本堂に参籠する。7日目の夜に地蔵が顕れ、石に刻んで祈るようにと告げた。その姿を写し、等身大の地蔵を祀る堂を建てた。日参して祈ると、子を授かり、子孫繁栄したという。
 1720年頃 住職が夢の中で地蔵の声を聴く。子授け、子孫繁栄、家運長久のお告げがあった。以来、世継地蔵として信仰されるようになる。
 江戸時代-近代の第122代・明治天皇生母・中山慶子(1836-1907)も地蔵を崇敬していたという。その後、明治天皇(1852-1912)の誕生をみた。
 戦前までは、子授け安産祈願とともに、自然流産を祈る「お預け」の信仰もあったという。月功徳日とともに、2月8日の大祭には一億日分の功徳を授かることができるという。(一億却日功徳日)。
◆水子地蔵 人形作家・面竹(岡本太郎、1895-1980)による水子地蔵がある。
◆柘榴 延命長寿・吉相息災という柘榴がある。
◆河原院跡 平安時代、この地には、源融の邸宅・六条河原院があり、塩焼の風情を愉しんだという。墓地付近の窪地は、生姜畠(しょうがばたけ)と呼ばれ河原院の池跡ともいう。
◆墓 江戸時代の阿茶の局の墓がある。家康の娘・泰栄院の宝筐院塔がある。俳人・堀内雲鼓(ほりうち うんこ)の墓がある。2代将軍・徳川秀忠(1579-1632)の宝篋印塔がある。
◆年中行事  修正会(1月1日-3日)、世継地蔵尊大祭(乾燥させた漢方薬のほおずきが授与される。元日の大福茶の前に「おんかかかびさまえいそわか」と3回唱えて呑む。流行り病、脚気、眼病除けになるという。)(2月8日)、節分会(2月)、彼岸法要(3月)、盂蘭盆会(8月)、地蔵盆会・厄除け大福ほおずき授与(8月23日-24日)、彼岸法要(9月)、写経菩薩法会・水子総供養(11月23日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都 歴史案内』『京都大事典』『京都の寺社505を歩く 上』『新版 京のお地蔵さん』『京都のご利益めぐり』『源氏物語を歩く旅』


   関連・周辺       周辺      関連源融河原院址      関連永観堂         

よだれかけ絵馬、五角形の絵馬は上下が逆さまに吊るされている。これは、赤ん坊の涎(よだれ)掛けの形になっているためという。

はがため地蔵堂、「歯固め」として歯を守り、長寿を祈念する。

水子地蔵尊
南北朝時代、「観応二年」(1351)銘の緑泥片石の板卒塔婆がある。
 

2つの延命地蔵菩薩

庭園

仏足跡

徳川秀忠の宝篋印塔

雲光院殿(上徳院、阿茶の局)墓
平安京オーバレイマップ
 上徳寺 〒600-8119 京都市下京区本塩竈町556,富小路通五条下る西側  075-351-4360 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光