室生犀星 「加茂川」
Muro,Saisei
室生犀星 「加茂川」 室生犀星 「加茂川」 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

鴨川、北山


鴨川、北山
 近現代の詩人・小説家・室生犀星(むろう-さいせい)には、詩『加茂川』があるる。
◆歴史年表 近代、1913年、1月、犀星は京都を訪れた。
 1919年、3月、犀星の作詩『加茂川』」が同人誌『感情』誌上に発表される。
 1934年、1月、犀星は京都を訪れ滞在した。
 1936年9月-1937年5月、犀星は京都に滞在した。
◆室生犀星
 近現代の詩人・小説家・室生犀星(むろう-さいせい、1889-1962)。本名は照道、俳号は魚眠洞。石川県金沢生まれ。父は旧加賀藩士・小畠弥左衛門吉種、母は女中・ハル。生後まもなく、雨宝院住職・室生真乗の内縁の妻・赤井ハツにもらわれ、私生児として届けられた。7歳の時、真乗の養嗣子になり、室生姓を名乗る。9歳の時、実父の没後、実母は行方不明になる。12歳の時、母の命により、金沢高等小学校3年で中退し、裁判所の給仕になる。この頃に俳句、詩に目覚め『新声』に投稿する。1906年、「政教新聞」掲載の詩で、初めて「犀星」の名を使った。 1907年、北辰詩社を尾山篤二郎らと結成する。金石(かないわ)登記所に配転され、地方新聞の記者を経て、1910年、20歳で詩人を志し職を辞し上京する。その後、上京・帰郷を2回繰り返した。1912年、初期抒情詩『青き魚を釣る人』を発表する。1913年、北原白秋主宰の『朱欒(ザムボア)』に毎号掲載され、詩『小景異情』が発表される。萩原朔太郎(はぎわら-さくたろう)と親交を結ぶ。1914年 、朔太郎、山村暮鳥(やまむら-ぼちょう)と人魚詩社を創立する。 1915年、人魚詩社より詩誌『卓上噴水』を創刊する。 1918年、『愛の詩集』を自費出版した。浅川とみ子と結婚する。1916年-1919年、朔太郎、暮鳥らと詩誌『感情』を創刊する。『愛の詩集』(1918)、自伝風初期小説の『幼年時代』 (1919) 、『性に眼覚める頃』 (1919) で散文の世界に入る。詩集『忘春詩集』(1922)、1923年、関東大震災に遭い家族とともに帰郷する。1926年-1932年 、金沢・天徳院寺領を借り、作庭を始める。1932年、新築転居(東京都大田区)した。「市井鬼もの」と称される中期小説小説『あにいもうと』(1934)、『女の図』 (1935) 、『復讐』 (1935) 、王朝もの小説『つくしこひしの歌』(1939)、小説『泥雀の歌』(1942)などを発表する。1944年-1949年、軽井沢に疎開する。1948年、日本芸術院会員になる。随筆『女ひと』(1955)、『杏(あんず)っ子』(1957)は読売文学賞を受賞し、後に映画化された。王朝もの『かげろふの日記遺文』(1958-1959)で、野間文芸賞を受賞した。72歳。
 墓は金沢市野田山にある。
◆京都訪問 犀星は京都を何回か訪れている。記録に残るものとしては、1913年1月、1934年1月、1936年9月-1937年5月になる。
 1913年1月、犀星は京都を旅行で訪れ、旧友の本多他朔の下宿に一月ほど滞在した。この時、京都帝大学教授で国文学者・俳人の藤井乙男(紫影、1868-1946)の紹介で、文学者・評論家・上田敏(1874-1916)宅を訪れた。敏も当時、京都帝国大学教授の職にあった。「山のあなたの空遠く 『幸』住むと人の言ふ」(カール・ブッセ)などの訳詩で知られる。
 犀星は敏と会い、自らの文学が「相当以上に認められてゐる」ことを知って素直に喜んでいる。
◆加茂川 京都を題材にした詩には『あさ霜』『身をよせる』『加茂川』などがある。『加茂川』は、萩原朔太郎らとの同人誌『感情』(1919.3)誌上に発表されている。その後、『鳥雀集』(1930)に収録された。

室生犀星「加茂川」 

加茂川の岸に佇つとき 
わが呼吸絶ゆるがごとし。
ましてあさ瀬の蒼きゆらめきに 
こころ哀しくとどまり 
痛みゆけどもかたみに去りがたし。
きけ、枯草に雀ないており 
あさのなやみに雀啼いてをり。



*参考文献 ウェブサイト「室生犀星記念館」、ウェブサイト「コトバンク」


    鴨川散策    

50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光