二年坂(二寧坂) (京都市東山区) 
Ninenzaka
二年坂 二年坂
 Home  Home



「二寧坂」の碑




竹久夢二寓居跡、階段の最下段にあり現在は「港屋」の屋号がかかる。
 二年坂(にねんざか)は、二寧坂(にねいざか)とも呼ばれている。東山通の東の南北に通じた道で、三年坂(産寧坂)の北に続く坂道をいう。三年坂に較べてやや小ぶりの坂という意味もある。竹久夢二が住んだ。 
◆歴史年表 平安時代、804年以来、すでに二寧坂と呼ばれていたともいう。
 江戸時代、1758年、桝屋善兵衛が官の許可を得て、この付近の開拓地にしたという。以後、この周辺は桝屋町の町名になる。(『坊日誌』)
 近代、大正期(1912-1926)、現在の家並みになった。   
 1917年、2月1日、画家・竹久夢二が二年坂(桝屋町)で次男・不二彦と生活を始めた。
 現代、1976年、周辺は、伝統的建造物群保存地区に指定されている。
◆二年坂 二年坂の名の由来については、産寧坂の呼び名が三年坂になり、その関連で二年坂になったともいう。さらに、一年坂(一念坂、一寧坂)も生まれた。
 平安時代、804年以来、すでに二寧坂と呼ばれていたともいう。
◆竹久夢二 近代の画家・詩人・竹久夢二(たけひさ ゆめじ、1884-1934)。茂次郎(もじろう)。岡山県生まれ。父・菊蔵、母・也須能の次男。1899年、叔父・竹久才五郎を頼り神戸中学校に入学する。在学8カ月で家事都合により中退した。一家で福岡県に移る。1901年、家出して上京した。1902年、早稲田実業学校、1905年、専攻科に進学。『中学世界』に応募したコマ絵が第一賞入選した。専攻科を中退する。1907年、岸たまきと結婚し、たまきをモデルに「夢二式美人」が生まれる。1908年、長男虹之助が誕生した。1909年、たまきと戸籍上離婚する。1911-1912年、京都岡崎公園の京都府立図書館で「第一回夢二作品展覧会」を開催した。1916年、11月、京都へ移る。1918年、京都府立図書館で「竹久夢二抒情画展覧会」を開催した。東京に帰り、本郷区菊坂の菊富士ホテルに移る。
 墓は雑司ヶ谷墓地にある。
◆京都の夢二 二年坂には画家・詩人夢二が、東京を離れて過ごした寓居跡(東山区桝屋町)がある。夢二は、岸たまき(他万喜、1882-1945)と結婚、離婚、同棲、別居を繰り返した。複数の女性と浮名を流した。
 1917年2月1日、夢二が二年坂で次男・不二彦と生活を始めている。部屋は二階の六畳、三畳の二間だった。
 3月21日、高台寺門前の借家に引っ越している。6月8日、画学生・笠井彦乃(ヒコノ、1896-1920)と、夢二宅で同棲を始めた。互いに「山」「川」と相手を呼んだ。翌年夏、彦乃は九州旅行中の夢二を追い、結核のために旅先の別府温泉で倒れる。その後、父・宗重に東京に連れ戻される。彦乃は、夢二に会えぬまま1920年1月、23歳で亡くなる。彦乃は、夢二が生涯で最も愛した女性だったという。
 夢二は、京都府立図書館で個展を開いている。夢二が作詞した「宵待草」に多忠亮(おおの ただすけ、1895-1929)が曲を付けた。
◆町並み 大正期(1912-1926)に現在の家並みになった。周辺は、伝統的建造物群保存地区(1976)に指定されている。石段、石畳の道、むしこ造り町家、本二階建町家などが軒を連ねている。


◆参考文献 『昭和京都名所図会 1 洛東 上』『京都大事典』 


  三年坂                     

夢二らもよく立ち寄っていたおしるこ店・甘処「かさぎ屋」。

一念坂の碑

二年坂のさらに西にある一年坂(一寧坂)
map 二年坂 京都市東山区清水3丁目付近 

より大きな地図で 京都東山の坂道 を表示
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光