平安宮 内裏 宜陽殿跡 (京都市上京区)  
Ruins of Heiankyu-Dairi-Giyoden(Government office)
平安宮 内裏 宜陽殿跡 平安宮 内裏 宜陽殿跡
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「平安宮 内裏 宜陽殿跡」の石標


「源氏物語ゆかりの地」の説明板


平安宮復元図、黄土色の四角部分が内裏内郭回廊、現在地は中央やや右の赤字部分、「源氏物語ゆかりの地」の説明板より

平安宮復元図、赤茶色の建物群が内裏、現在地は赤字部分、「源氏物語ゆかりの地」の説明板より

平安時代前期の右京八条二坊跡出土の木靴、京都市埋蔵文化財研究所、「源氏物語ゆかりの地」の説明板より
 浄福寺通下立売上ルに平安宮 内裏 宜陽殿跡(へいあんきゅう-だいり-ぎようでん-あと)の石標、京都市の「源氏物語ゆかりの地」の説明板がある。
 平安時代、この地には宜陽殿があり、天皇所持の書物・歴代の御物が収蔵されていた。議所では公卿会議が行われた。
◆歴史年表 平安時代、この地に宜陽殿が建てられた。
 827年、その存在が確認できる。
 現代、2007年、12月、全京都建設協同組合創立50周年記念として石標を立てる。
 2008年、3月、京都市は「源氏物語ゆかりの地」の説明板を設置した。
◆宜陽殿 宜陽殿(ぎようでん)は、平安京内裏十七殿の一つになる。儀陽殿とも記した。紫宸殿の東、綾綺殿の南にあった。南にある春興殿と並び、西側にある校書殿(きようしよでん)、安福殿とは相対した。内裏造営時からあった建物とみられている。
 母屋を塗籠(ぬりごめ)につくり、納殿(おさめどの)と呼ばれた。天皇所持の書物、楽器、甲冑などの歴代の御物が収蔵されていた。当時の一級品が納められており、『枕草子』には、累代の楽器を誉めて、「宜陽殿の一の棚に」置かれるものという言い方があったと記されている。
 紫宸殿とは軒廊(こんろう、屋根付きの渡廊)で繋がっていた。西庇の北側には公卿座、北庇は脇陣、次将座、東庇には大臣宿、上官宿などがあった。南庇の西側には議所があり、叙位・除目(じもく)の際の公卿会議が行われた。
 西面、東西2間、南北9間、4面に庇、東に孫廂付、檜皮葺。
◆源氏物語 『源氏物語』第34帖「若菜上」では、兵部卿宮(ひょうぶきょうのみや)が弾いた琴は宜陽殿の御物になっている。

 
年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 京都市の説明板「源氏物語ゆかりの地」、ウェブサイト「京都のいしぶみデータベース-京都市」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area平安京・大極殿(たいごくでん)遺跡  周辺,surrounding area  関連,relevance歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 平安宮 内裏 宜陽殿跡 〒602-8163 京都市上京区下丸屋町,浄福寺通下立売上ル東側 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光