紫明会館 (京都市北区)  
Shimeikaikan Hall
紫明会館 紫明会館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南東角



南東角




南側、正面玄関


南側、正面玄関

南側、正面玄関、「登録有形文化財」の銘鈑

南側、正面玄関

南側、正面玄関、スペイン瓦葺




南側

南側



南側


南側、アーチ窓


南側、窓、スペイン瓦葺


西側


東側


南側、パラペット


南側
 紫明通に面して紫明会館(しめい-かいかん)がある。当初は京都府師範学校(現・京都教育大学同窓会)の同窓会館として建てられた。
 工事監督は近代の京都府営繕課・十河安雄による。
◆歴史年表 近代、1932年、6月、紫明会館は、京都府師範学校の同窓会館として現在地に竣工した。
 現代、2010年、社団法人「京都教育大学同窓会」を解散し、任意団体「京都教育大学同窓会」が設立された。事務局は京都教育大学構内(伏見区)に移される。
 2013年、非営利活動(NPО)法人「リアル・リンク京都」が建物を引き受けた。6月、建物は、「京都の近代建築を考える会」の「市民が選ぶ文化財」に選定される。
 2015年、11月、国の登録有形文化財に指定された。
◆十河安雄 近代の建築家・十河安雄(とかわ-やすお、?-?)。詳細不明。京都府営繕課に所属した。
 関わった主な作品は、京都府立医科大学旧附属図書館(1929)、紫明会館(1932)、京都府警本部(1933)、鴨沂会館 (1936)、 京都教育大学附属京都小中学校(1938)など。
建築 紫明会館は、近代、1932年6月に竣工した。京都府師範学校同窓会(現・京都教育大学同窓会)の創立50周年(1926)を記念した同窓会館だった。同窓生を中心に建設募金が集められ、一般募集により「紫明会館」と名付けられる。工事監督は京都府営繕技師・十河安雄が担った。十河が設計に関与したかは不明。
 会館は、同窓会の活動、市民の生涯学習活動としても活用されていた。その後、国の機構改革により建物の同窓会による維持管理が困難になる。2013年に同窓会の趣旨を踏まえ、非営利活動法人「リアル・リンク京都」が建物を引き受けて管理・運営している。現在は、デイサービス事業、市民への貸しスペース、3階はコンサート会場としても利用されている。2015年11月に、国の登録有形文化財に指定された。
 南面している。平面は、東西方向に大小2つの矩形が繋がり、南北方向にややずれる形で連続している。外観は外壁を荒いベージュ色でスタッコ塗仕上げ(モルタルの塗り材を塗り付け、コテ、木片で叩いて引き起こす)している。パラペット(建物の屋上、バルコニー外周部先端の低い立ち上がり部分の壁)、入口庇にもスペイン瓦を用いた。全体としてスパニッシュの意匠を取り入れる。アーチ窓、縦長窓が並んでいる。内外の細部にもアール・デコ風(1910年代-1930年代のフランスを中心にした美術工芸の様式で、単純・直線的な意匠)に飾られている。
 内部は1階の一部以外はほとんど改造されていない。漆喰塗で装飾は少ない。当初は1階に食堂、ビリヤード室、図書室、校長室があった。食堂、図書室にはアール・デコの装飾が施されている。校長室には、円形窓、天井装飾、壁付照明の装飾が見られる。2階には2つの和室があり床(とこ)が設えられている。南面に障子を入れる。2階に談話室もあった。3階には板張りの講堂が設けられていた。
 設計施工は清水組、工事監督は十河安雄による。鉄筋コンクリート3階建、敷地面積699㎡、建築面積335㎡、延床面積831.4㎡。
京都教育大学同窓会 近代、1909年4月に「京都府師範学校同窓会」が発足し、会長に母校校長が就任する。1918年に京都府師範学校から独立した「京都府女子師範学校」の卒業生同窓会は「紫水会」と呼ばれた。1920年に 「京都府女子師範学校同窓会」が発足し「衛友会」と称した。1921年に会長は会員中より選ばれ、母校校長は顧問に就任する。1930年6月の第21回総会で「京師同窓会」と改称した。
 戦後の1949年に 「京師同窓会」「衛友会」「青年師範同窓会」の3同窓会を合併し、「紫郊会」に改称した。1956年6月に「京都学芸大学同窓会」に改称した。1965年6月に文部省から社団法人の許可を受け、「京都学芸大学同窓会」に改称した。1966年4月に母校大学名の変更に伴い、社団法人「京都教育大学同窓会」に改称する。
 2010年に社団法人を解散し、任意団体「京都教育大学同窓会」になる。事務局は紫明会館(北区)より京都教育大学構内(伏見区)に移されている。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「京都教育大学 同窓会」、ウェブサイト「京都の近代建築を考える会」、『京都の洋館』、ウェブサイト「文化財データベース-文化庁」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding areaしはん桜  周辺,surrounding areaせせらぎ公園  周辺,surrounding area新村出旧宅・木戸孝允公邸遺構  周辺,surrounding area半木の道  周辺,surrounding area京都復活教会   関連,relevance     
   
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 紫明会館 〒603-8163 京都市北区小山南大野町1-3  
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光