旧京都帝国大学理科大学放射線学研究室(留学生ラウンジきずな) (京都市左京区)  
former Radiology laboratory,Kyoto University
旧京都帝国大学理科大学放射線学研究室 旧京都帝国大学理科大学放射線学研究室
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南東角


南側


南側


南側


南側


南側


東側


東側


東側


東側

北東角


北側


北側


西側


西側
 京都大学吉田キャンパス本部構内の南西に、赤煉瓦造の旧京都帝国大学理科大学放射線学研究室(きゅう-きょうとていこくだいがく-りかだいがく-ほうしゃせんがく-けんきゅうしつ)はある。
 その後の変遷を経て、現在は留学生ラウンジ「きずな」として再利用されている。設計は近代の建築家・建築学者・永瀬狂三、建築家・山本治兵衛による。
◆歴史年表 近代、1916年、京都帝国大学理科大学放射線学研究室が竣工した。
 その後、防災研究事務室などに利用された。
 現代、2002年、改修され、留学生ラウンジ「きずな」として利用されている。
◆永瀬狂三 近現代の建築家・建築学者・永瀬狂三(ながせ-きょうぞう、1877- 1955)。愛知県生まれ。父は誉。1906年、東京帝国大学建築学科を卒業後、横浜・下田築造合資会社を経て、1908年、辰野・片岡設計事務所に入る。1909年、京都帝国大学建築部嘱託に入り、山本治兵衛のもとで大学施設の建築を手掛ける。1917年、京都帝国大学工学部講師になる。1919年-1929年、山本の跡を継ぎ、京都帝国大学建築部長(1920年、組織改編により営繕課長)になる。京都高等工芸学校講師になった。1929年、退職する。その後、京都帝国大学工学部、京都高等工芸学校講師になる。1935年-1945年、京都工学校(現・京都工芸繊維大学)校長になる。77歳。
 京都帝国大学営繕組織で数多くの大学施設建設を手がけた。主な作品は、京都大学学生集会所、1912、現存せず) 、旧京都帝国大学寄宿舎(現・京都大学吉田寮現棟、1913) 、京都大学文学部陳列館(1914) 、京都大学旧生理学教室研究室(現・京都大学医学部推進センター、1914)、京都大学土木工学教室本部(1917)、京都大学理学部附属地球物理学研究所(1924) 、京都大学農学部附属農場園芸実験室 (1924、現存せず) 、京都大学理学部附属地球物理学研究所 (1924) 、京都大学本部本館(1925)、旧大和田銀行本店(現・ 敦賀市立博物館(1927)、愛知・崋山文庫(1934)など。
◆山本治兵衛 近代の建築家・山本治兵衛(やまもと-じへえ、1854-1919)。江戸(東京都)生まれ。工部省の建築技術者・立川知方に師事し、設計・製図を修めた。1878年、東京府庁土木課に入り、病院建築・河川開鑿工事などを手がける。1881年、東京府御用掛・土木課工事部、1883年、土木家屋橋梁掛に転任した。1884年、小笠原出張所庁舎建築工事に関わる。1885年、工部省鉄道局、鉄道局属になった。1887年、 文部省に入る。1888年、第三高等中学校に出張した。1892年、東京美術学校技手兼文部属になる。1893年、文部属専任になり、営繕掛長・久留正道のもとで勤めた。1896年、文部技手になる。1898年、京都帝国大学に出張になり、文部技師になる。1900年、新設された文部省京都出張所長になる。1905年、文部省福岡出張所長、1906年、文部省京都出張所長になった。1907年-1919年、 新設された京都帝国大学技師・初代建築部長に就く。文部省京都出張所長心得を兼任した。65歳。
 高等教育機関、病院の建築を多く手がける。主な関わった工事は、小笠原出張所庁舎(1884)、京都第三高等中学校(1887)、京都帝国大学(1898)、岡山・第六高等学校(1900)、金沢・第四高等学校(1900)、鹿児島・第七高等学校造士館(1900)、京都帝国大学福岡医科大学(九州帝国大学、1905)、奈良女子高等師範学校本館(奈良女子大学記念館、1909)など。
◆建築 旧京都帝国大学理科大学放射線学研究室(兼・京都大学理学部物理教室輻射学研究室)は、近代、1916年に竣工した。設計は、永瀬狂三、山本治兵衛による。その後、防災研究所事務室として使用された。2002年に改修され、現在は留学生ラウンジ「きずな」として利用されている。
 小規模な煉瓦造の建物で、南面し中央に玄関がある。平面は「コ」の字型をしている。煉瓦は長手積みだけの段、小口積みの段だけの段と一段おきに積む。東に隣接する物理学教室・数学教室も同じ設計者により同一の意匠になる。櫛形アーチ、窓台、窓を木製方立(ほうだて、建具)で分割し、壁面を水平に分割する石材のストリングコース(壁体の各層を区切る装飾的な水平帯)の配し方などが共通している。
 施工は直営による。前面51尺(15.5m)、側面33尺(10m)、煉瓦造、平屋建、寄棟造桟瓦葺。
◆理学部 近代、1897年6 月に京都帝国大学が設置され、9月に理工科大学開設されている。1914年7月に理工科大学が分けられ理科大学、工科大学になった。1919年2月に理科大学は理学部になる。  1930年以降に、校舎は北部構内に移転している。その後は工学部燃料科学教室を用いた。1949年5月に新制京都大学設置された。戦後になり理学部はすべて新築移転している。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『京都市の近代化遺産 近代建築編』、ウェブサイト「京都大学理学部」、ウェブサイト「 京都大学留学生ラウンジ きずな 」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧本部本館(百周年時計台記念館)   関連・周辺,relevance&surrounding area旧三高物理学実験室  関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧理学部物理学・数学教室(学生部)  周辺,surrounding area   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧京都帝国大学理科大学放射線学研究室(留学生ラウンジきずな) 〒606-8317 京都市左京区吉田本町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光