旧三高物理学実験室 (京都市左京区)  
Former Third High School Physics Laboratory
旧三高物理学実験室 旧三高物理学実験室
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南西角


南側


南側


南側


南側、煉瓦積


南側


東側、渡廊下、左手は旧物理学・数学教室


東側、渡廊下


東側


西側


西側


西側


西側、ドーマ


北側
 京都大学吉田キャンパス本部構内の南西に、赤煉瓦造の旧三高物理学実験室(きゅう-さんこう-ぶつりがく-じっけんしつ)はある。
 京都大学構内に現存最古の建物になる。設計は、近代の建築家・山口半六、久留正道による。
◆歴史年表 近代、1889年、3月、旧三高物理学実験室は起工した。11月、竣工する。
 1898年、実験室の東側に京都帝国大学の物理学・数学教室棟が建てられる。建物は一体化した。
◆山口半六 近代の建築家・山口半六(やまぐち-はんろく、1858-1900)。出雲国(現・島根県)生まれ。松江藩士山口軍兵衛・礼行の次男。1873年、大学南校(開成学校・東京大学の前身)を中退した。1876年、文部省派遣留学生としてフランスに留学する。パリ工業中央専門学校(École Centrale Paris)で建築を学ぶ。1879年、学校を卒業し、1881年、帰国する。郵便汽船三菱会社(現・日本郵船)を経て、1885年/1884年、文部省営繕課の技師になる。同僚・久留正道と多くの学校建築を設計した。1891年、建築家として2人目の工学博士号を授与される。1892年、肺病のため文部省を辞職した。1894年、大阪・桑原工業事務所建築部に移り、以後は関西で活躍した。1897年、大阪市から都市計画を委嘱される。1899年、独立し「山口建築事務所」を開設した。43歳。
 山口のフランス作風の意匠は当時の日本建築界では異色だった。工手学校(現・工学院大学)造家学科教員も務めた。主な作品は、東京高等師範学校(1887)、東京帝国大学理科大学(1888)、熊本・第五高等中学校(1889)、京都・第三高等中学校寄宿舎 (現・京都大学吉田寮、1889) 、旧東京音楽学校奏楽堂(1890)、 金沢・第四高等中学校本館(現・四高記念文化交流館、1891)、大阪・日本火災保険(1900)、代表作は没後竣工の兵庫県庁舎(現・兵庫県公館、1902)、大阪・日本貯金銀行(1902)などがある。日本での近代都市計画家の先駆者としても知られ、大阪都市計画(1897)、長崎都市計画(1900)にも参画した。
◆久留正道 近代の建築家・久留正道(くる-まさみち、1855-1914)。江戸(東京都)生まれ。工部大学校造家学科(現・東京大学)でコンドルに学ぶ。1881年、卒業し、工部省技手などを経て、1886年、文部属になる。1887年、文部省営繕技師になり、第一-第五高等中学校の設計に関わる。1891年、東京工業学校(現・東京工業大学)、東京美術学校(現・東京芸術大学)専修科で嘱託として教鞭をとる。1892年、文部省技師に復帰し、会計課建築掛長に就く。以後、初等・中等教育施設の行政指導、直轄学校の創立工事などに関わる。1905年、シカゴ万国博覧会に日本館「鳳凰殿」を出品した。学校建築の基本型になった『学校建築図説明及設計大要』(1895)を著したといわれている。60歳。
◆建築 旧三高物理学実験室は、旧石油化学教室の内側の1階建部分になる。三高が大阪から京都に移転した際に、物理学実験室として建てられた。
 近代、1889年3月に起工した。同年11月に竣工している。1898年に、東側に京都帝国大学物理学・数学教室棟が建てられ建物が一体化した。旧三高の遺構であり、京都大学構内に現存する建物の中で最も古い。
 1549年に日本人初のノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹(1907-1981)、1565年にノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎(1906-1979)、1981年にノーベル化学賞を受賞した福井謙一(1918-1998)も研究に利用した棟のため、「ノーベル賞の館」とも呼ばれている。
 平面は「L」字型であり、西側棟(南北方向)と北側棟(東西方向)になる。外観は簡潔で壁体に煉瓦を露出させる。煉瓦は長手積みだけの段、小口積みの段だけの段と一段おきに積む。白いまぐさ石(楣石、窓・出入り口の上部に架け渡した横材)で窓上部を支え、煉瓦色と対比されている。内部は片廊下に沿い、5室の教室が配されていた。南端に階段がある。
 施工は日本土木会社(担当・田中豊輔)による。煉瓦造平屋建、寄棟造桟瓦葺。当初は182坪(602㎡)。
 なお、文部省営繕課は、これらの建物の設計を通して、近代的な学校施設の設計に関する『学校建築設計大要』(1893)をまとめた。
◆第三高等中学校・高等学校 「第三高等中学校」は、近代、1869年に大坂舎密(せいみ)局に始まる。洋学校など変転を重ね、1889年8月に大阪から京都上京区(現・左京区)吉田に移転した。大学予科、専門教育の医・法・工学部があった。
 1894年6月の高等学校令により、専門教育のみの「第三高等学校」に改称した。1897年に「京都帝国大学」が創設され、法・医・文・理工の4分科大学になる。高等学校は学生募集を停止する。1898年4月に高等学校に大学予科が復活する。9月に吉田二本松町(旧京都大学教養部)に移転し予備教育機関になった。
 1949年5月の学制改革により新制の「京都大学」に昇格した。

 
*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「京都大学」、『京都市の近代化遺産 近代建築編』、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧本部本館(百周年時計台記念館)   関連・周辺,relevance&surrounding area旧京都帝国大学理科大学放射線学研究室(留学生ラウンジきずな)  関連・周辺,relevance&surrounding area京都大学旧理学部物理学・数学教室(学生部)  周辺,surrounding area   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧三高物理学実験室 〒606-8317 京都市左京区吉田本町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光