元明倫小学校(京都芸術センター)・明倫舎跡 (京都市中京区)  
the former Meirin elementary school
元明倫小学校(京都芸術センター) 元明倫小学校(京都芸術センター)
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

正門


正門


正門、頂部


正門、「京都市立明倫小学校」のプレート


本館、西側


本館、南側


本館、南側


本館、南側、玄関


本館、南側、玄関


本館、玄関


本館、南側、玄関


本館、玄関


本館


本館、南側、軒裏肘木状


本館、南側


本館、南側、1階軒下、庇の持ち送り


本館、南側、


本館、南側


南校舎、西側、正面



南校舎、西側



南校舎、西側、正面
 室町通蛸薬師下ルに元明倫小学校(もと-めいりん-しょうがっこう)はある。
 現在は芸術の総合的な振興のための、京都芸術センターとして建物は再利用されている。
◆歴史年表 江戸時代末、この地には、石門心学の心学道場「明倫舎」があった。心学者・手島和庵(1747-1791)により移された。
 近代
、1869年、9月16日/11月、「下京三番組小学校」(錦小路通室町東入ル占出山町の一画)が創設される。当初は、旧明倫舎の建物を校舎にあてた。
 1870年、昭和の御大礼を記念し、校舎改築が決定する。学区民からの寄付を募る。
 1872年、「下京区第三小学校」に改称する。
 1875年 、山伏山町の土地を購入し、校地を拡張する。室町通に面して校門が移される。心学講舎「明倫舎」に因み「明倫小学校」に改称される。
 1887年、「下京区第三尋常小学校」に改称した。
 1892年 、「京都市明倫尋常小学校」に改称する。
 明治期(1868-1912)終わり/1908年、大規模な木造校舎群が建てられていた。
 1927年、現在の校地を得る。 
 1928年、昭和天皇御大典事業により校舎改築が決議される。
 1929年 、校舎の大改築工事が始まる。
 1931年 、10月10日、現在の建物が建てられた。新校舎竣工祝賀式を行う。
 1937年、「明倫幼稚園」を併設した。
 1941年 、「京都市明倫国民学校」と改称する。
 1945年、3月29日、太平洋戦争激化により、府下何鹿(いかるが)郡小畑村(現・綾部市)へ学童疎開する。10月15日、引揚した。
 現代、1980年 、「明倫資料館」が完成した。
 1993年、3月31日、「明倫小学校」は124年の歴史をもって閉校になる。
 1995年、3月まで、高倉西小学校として活用されている。
 1995年-1998年、「芸術祭典・京」の芸術共感部門の会場として利用される。
 1999年、1月、京都芸術センター整備工事が着工になる。
 2000年、1月、京都芸術センターが竣工した。4月1日、京都芸術センターが開設される。
 2008年、7月、元明倫小学校(現・京都芸術センター)の建物は、国の有形文化財に登録される。
◆手島和庵 江戸時代中期-後期の心学者・手島和庵(てしま/てじま-わあん、1747-1791)。手島堵庵の子。1762年、家督を継いだ。「五楽舎」、「明倫舎」の舎主を務めた。指導者として組織化し、心学教化活動を支えた。44歳。
 明倫舎を鴨東三条橋北から錦小路烏丸西入ル占出町に移している。
◆建築 近代、1929年に校舎の大改築工事が始まる。1931年に竣工した。1999年に当時の建物を残して改修されている。設計は京都市営繕課による。室町通に面して本館、その背後(東側)に南校舎、北校舎、その間に運動場が配置された。
 当時は各番組が競って豪華な校舎を建てていた。番組小学校の中でも、最も近代的、充実した建物として知られた。学区内の山鉾町町衆の高い美意識、寄付を基にした豊富な資金力を背景として建てられている。寄付金40万円に積立金を加えた58万円があてられた。当時としては、最先端の鉄骨コンクリート造建築だった。
 ◈「正門」(国・登録有形文化財)は、室町通に西面している。
 門柱は断面八角形であり、各角に柱形を付ける。アール・デコ(1910年代-1930年代に、フランスを中心に流行した美術工芸の様式、単純・直線的な意匠)、また、セセッション風(19世紀末、ドイツ・オーストリアでの新造形芸術創造をめざした。分離派)の造形ともいう。頂部はドーム形になる。門柱両側にさらに、同形のやや小振りの脇門が立つ。
 鉄筋コンクリート造門柱2基、間口2.9m、両側通用門付。
 ◈「塀」(国・登録有形文化財)は、南北方向に建てられ、室町通に接している。親柱も門柱と同意匠、同色であり、全体としての一体感がある。
 鉄筋コンクリート造、延長25m。
 ◈「本館(現・西館)」(国・登録有形文化財)は、門を入った左手にあり、東西方向に長い。玄関は南面しステンドグラスが嵌められている。切妻屋根が載る。パラペット(外周部の先端に設けられた低い立ち上がり部分の壁)のスペイン瓦、西側妻2階にバルコニーがある。軒裏には肘木状の和風意匠が見られる。外壁は人造石の洗い出しで赤みを帯びたクリーム色をしている。軒廻りに庇を出している。屋根瓦はオレンジ色、雨樋は緑青色が配されている。
 1階の西半分に事務室、学務委員室、校長室、職員室などがあった。1階の東半分に屋内体操場、2階の西半分に書院造の和風大広間(78畳敷)があり格天井になっている。2階の東半は旧講堂になる。
 鉄筋コンクリート造、2階地下1階建、桟瓦屋、建築面積661㎡。
 ◈「南校舎(現・南館)」(国・登録有形文化財)は、本館の南面東端から東に繋がる。西側に半円アーチの入口がある。北面東寄りに旧運動場への出入口がある。西端入口上の塔屋は寄棟屋根であり、横3連の円形窓の意匠が施されている。アール・デコの意匠になる。学区には祇園祭の山鉾町が多くがありり、正面意匠は祇園祭の山鉾を模したといわれている。外壁は人造石の洗い出し、奥部は色モルタル塗り仕上げになる。
 北側片廊下には教室が並び、各教室は腰下・床は板張り、天井は漆喰塗になっている。東端には特別教室があり、1階に手工教室、家事教室、2階に裁縫教室、唱歌教室(演壇)、3階に理科教室、図画教室(トップライト)など、4階は作法室になっていた。4階屋上の和室「明倫」(15畳、水屋付き)は、かつて明倫小学校の同窓会館として使用されていた。
 鉄筋コンクリート造、3階一部4階建、入口・軒廻りに桟瓦屋、建築面積652㎡。
 ◈「北校舎(現・北館)」(国・登録有形文化財)は、西館の北面東端と渡廊下で接続する。西端の南への突出部は2、3階へのスロープで、端部を四半円形に造る。荷運び、避難経路としても実用的だった。南面東寄りに運動場への出入口を開く。内部は北側片廊下に教室が並び、東端は特別教室になっていた。3階窓上庇が水平線を強調している。
 鉄筋コンクリート造3階建、建築面積499㎡。
◆明倫舎 明倫小学校―の名は、江戸時代の石門心学の心学道場「明倫舎」に由来する。道場はこの地にあり、小学校は当初、その旧建物を校舎にあてた。
 石門心学は、江戸時代の心学者・石田梅岩(うめだ-ばいがん、1685-1744)に始まる。陽明学を心学ということから、梅岩門流の「石門」を入れ、「石門心学」と呼ばれた。神道・儒教・仏教に基づく道徳を基本にし、人の道義を庶民に説く。江戸時代後期に大流行し、全国に広まる。
 1782年に、手島堵庵(てじま-とあん、1718-1786)は、師・梅岩の心学の講習を受けている。同年、盟友と鴨東三条橋北に一講舎を設け「明倫舎」と名付けた。梅岩の後を継いだ堵庵は、月次の研究会を「会輔」と名付けた。京都の堵庵の自宅に「五楽舎」、「明倫舎」のほかに、「脩正舎」、「時習舎」が開かれた。明倫舎、脩正舎、時習舎の3舎が心学の本山になる。各種の認可証が発行され、これらは「三舎印鑑」といわれた。
 堵庵の子・和庵(1747-1791)は明倫舎を引き継ぎ、現在地の錦小路烏丸西入ル占出町に移している。3代・湛水は拡充し市中の商人など多くの門人が集った。 
 1869年、京都市が全国に先駆けて小学校を設立を企図した際に、学区の下京三番組は明倫舎の建物を転用し、新時代の国民教育の基礎を固めた。
◆校名由来記 南校舎正面脇に「校名由来記」の金属板プレートが掲げられている。明倫校創立百周年記念事業会が、1969年11月に設置した。明倫校の名が、江戸時代の石門心学の心学道場「明倫舎」に起因することが刻印されている。
 撰文は社団法人明倫舎理事長・京都大学名誉教授・柴田實(しばた-みのる、1906-1997)、書は書家・島田雨城(しまだ-うじょう、1928-2018)による。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 「校名由来記-明倫校創立百周年記念事業会」碑文、ウェブサイト「京都芸術センター」、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、『京都大事典』、『京都の洋館』、『京都の近代化遺産 近代建築編』、『東西名品 昭和モダン建築案内』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area手島堵庵五楽舎址  周辺,surrounding area   関連,relevance石田梅岩・手島堵庵・柴田鳩翁石門心学脩正舎跡  関連,relevance延年寺・延年寺旧跡墓地  関連,relevance     

南校舎、「登録有形文化財」のプレート

南校舎、「校名由来記-明倫校創立百周年記念事業会」のプレート

南校舎、西側

南校舎、玄関

南校舎

南校舎

本館、渡廊下

本館、渡廊下

北校舎、東側、スロープ

北校舎、東側、スロープ

北校舎、南側

南校舎、北側
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 元明倫小学校(京都芸術センター) 〒604-8156 京都市中京区山伏山町546-2,室町通蛸薬師下ル  075-213-1000  Opening time 10:00-20:00/22 :00
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光