龍谷大学本館 (京都市下京区)  
The main building of Ryukoku University
龍谷大学本館 龍谷大学本館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

東側、正門


東側、正門


本館、東側、正面


本館、東側、正面、玄関


本館、東側、正面


本館、東側、正面、扁額「真宗學庠」


本館、東側、正面


本館、東側


本館、東側


本館、東側


本館、北側


本館、西側


南黌、北側


南黌、北側、正面


南黌、西側


本館、南黌間の渡り廊下


北黌、南側


北黌、南側、正面


北黌、南側


西黌


西黌、東側、正面


【参照】東黌
 龍谷大学大宮学舎の龍谷大学本館(りゅうこくだいがく-ほんかん)は、日本人大工の手による擬洋風建築様式であり、その完成度は高いといわれている。
 講堂には本尊・阿弥陀如来を安置している。
◆歴史年表 近代、1877年、1月、本願寺21世・明如上人の時に本館は起工した。
 1879年、1月、竣工する。5月、落成式が行われた。
 1880年、夏に第122代・明治天皇が行幸した。
 現代、1964年、5月、国の重要文化財に指定されている。
 1992年、全面解体修復が始まる。
 1997年、5月、改修が終わる。
◆建築  ◈龍谷大学本館(重文)は、近代、1877年1月に、本願寺21世・明如上人の時に起工している。1879年1月に竣工した。設計者名・施工者は不明。以後は本願寺大教校として使用された。1992年-1997年に全面解体修復が行われた。1964年5月に、国の重要文化財に指定された。現在は、勤行・法要、各種の行事・式典、仏前結婚式などにも利用されている。
 東面して建てられている。外観は、日本人が設計した擬洋風建築の様式になる。明治期(1868-1912)初期に、大工棟梁が日本の伝統的な技術を用い、西洋建築を表現した和洋折衷の様式をいう。東北、甲信越に多く見られる。関西では先駆的な作品であり、規模大、施工においても完成度が高いといわれている。
 車寄上部に三角破風(ペディメント)があり、木造部分は日本の伝統的な工法による。四隅に石が積まれている。木造石貼であり、石材は、木部に貼り付けられている。当初は、外国人が居住した横浜などで用いられ工法による。現存するのは本館のみになる。補強用のボルトなど金物も多用されており、屋根を支える小屋組にキングポスト構造(三角形の構造を構成するトラスのうち、中央に真束と呼ばれる支柱の立つ形式)が採用されている。
 柱、アーチ、手摺などに洋風の意匠を施した。鉄製門扉、窓、手摺などは、ロンドンから取り寄せている。屋内の細部装飾には、日本の伝統的な菊、桐などの植物、雲などが多用されている。講堂の柱頭の彫刻は、西洋建築の葉を表すアカンサス(古代ギリシャ時代の柱のモチーフ)を真似ている。階段の親柱の彫刻も洋風になっている。
 内部1階には十字型廊下で仕切られた左右同形の室が6室ある。2階には東側に講堂があり、本尊・阿弥陀如来像を安置する。西側に階下と同形に2室がある。
 本館の西側には窓は開けられていない。浄土真宗の寺院と同じ造りになっている。建物の下部に卍模様の通用口だけが開けられている。
 木骨石貼寄棟造、2階建、木造石貼、桟瓦葺、建築面積516.8㎡。
 ▪2階の講堂(100畳)は、当初、学生は正座して講義を受けていた。柱頭玄関壁は、漆喰塗で、柱もすべて塗り込めた大壁造になる。窓、出入口の枠は欅材でつくられ、木目が浮かび上がるワニス(透明塗料)仕上げになる。部屋の天井にクロスが貼られ、下地に和紙を使った金襴織になる。クロスは、明治天皇皇后・昭憲皇太后(1849-1914)の寄贈によるという。現在は、龍村美術織物により、材料、織り方、色などを調査して復元された。
 ▪2階北西の貴賓室は、1880年に明治天皇(1852-1912)が行幸し、休憩室として使われた。ほとんどの窓は上げ下げ式になっている。蝶番、締金物などが入手困難なためだった。窓の位置も洋館に比べやや低く、扉の取っ手の位置も低い。僧が袈裟姿で座り、扉を開けられる高さになっている。カーペットの小花唐草文様なども再現されている。カーテンポールは創建当時のものになる。カーテンは大正期(1912-1926)のものに復元されている。
  ◈本館の南北には、1877年に建てられた学寮「北黌(ほっこう)」「南黌(なんこう)」が建つ。
 いずれも木造切妻造、2階建。桟瓦葺。
 ◈建物の周囲には、石造の表門、石垣が巡らされている。当初は上に鉄柵が設けられていた。
 ◈門(重文)、門衛所(重文)が建てられている。
◆文化財 ◈貴賓室に、狩野派11代・狩野英信(法眼祐清、1717-1763)作の松の金屏風が立てられている。明治天皇を迎えた際に飾られたという。
 明治天皇が使ったという椅子もある。
 ◈扁額「真宗學庠」は、1830年に第20代・広如(1798-1871)による。
◆龍谷大学 龍谷大学の前身は、江戸時代、1639年に第13世・良如(1613-1662)が、本山境内(下京区)に創設した「本願寺(西本願寺)学林(がくりん)」になる。末寺僧侶の教育機関であり学寮だった。1640年に講義が始まっている。
 その後、境外の大宮通東側、さらに興正寺の南側に移る。承応年間(1652-1655)の興正寺との争論(承応鬩牆/閴牆[げきしょう])に起因し、1655年に幕命により破却されている。その後、仮学寮での私的な講義を経て、1695年に東中筋花屋町(現・下京区学林町)で学林として再興される。近代、1872年の学制改革に伴い、1876年に「大教校」に改められている。後に「大学林」と呼ばれる。
 1879年に現在地(七条猪熊)に移った。1922年に大学令により「龍谷大学」に改称する。1928年より共学制になる。戦後、1949年に新制大学になった。

 
*内部は通常非公開 
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「龍谷大学」、『京都の洋館』、『京都大事典』、『京都モダン建築の発見』、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area西本願寺・飛雲閣  関連・周辺,relevance&surrounding area本願寺伝道院(旧真宗信徒生命保険株式会社本館)  周辺,surrounding area  関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 龍谷大学本館 〒600-8268 京都市下京区大工町125番地の1, 猪熊通七条上ル phone  
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光