八文字屋自笑邸跡 (京都市中京区)  
The ruins of residence of Hachimonjiya, Jisho
八文字屋自笑邸跡  八文字屋自笑邸跡
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「八文字屋自笑翁邸跡」の石標

 麩屋町通六角下ル西側に、「八文字屋自笑翁邸跡(はちもんじや-じしょう-ていあと)」の石標が立てられている。
 この地には、江戸時代中期の本屋・版元・八文字屋自笑の邸宅があった。当時の本屋は、印刷(木版刷)、製本(和綴)、販売も手掛けていた。
◆歴史年表 江戸時代前期、17世紀後半、この付近は麩屋町誓願寺下ル町と呼ばれた。正本 (しょうほん) 屋の「八文字屋」の店舗があった。
 江戸時代中期、この地に八文字屋自笑(?-1745)が住んだという。
◆八文字屋自笑 江戸時代前期-中期の戯作者・本屋・版元・八文字屋自笑(はちもんじや-じしょう、1661?-1745)。京都の生まれ。安藤、通称は八左衛門。麩屋町誓願寺下ルに正本 (しょうほん) 屋を営んだ。最初は浄瑠璃本を出版した。1688年頃、2代・八文字屋八左衛門を継ぐ。元禄年間(1688-1704)、「絵入狂言本」を刊行する。1701年、浮世草子作者・江島其磧(えじま きせき)と結び、浮世草子『傾城色三味線 』が大当りになる。 1708年以後、出版物の署名「八文字自笑」による刊行で其磧と争う。1718年、和解し、1719年より、両者連名になる。1736年、其磧没後、子・其笑との連署で和学者・多田南嶺らの作品を出版した。出版物は浮世草子「八文字屋本」と呼ばれた。挿画は浮世絵師・西川祐信による。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 説明板、ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area  関連,relevance本覚寺   関連,relevance本妙寺  関連,relevance妙泉寺    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 八文字屋自笑邸跡 〒604-8065 京都市中京区坂井町,麩屋町通六角下ル西側
50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order ホーム,Home  top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光