諸九尼「湖白庵」・幻阿蝶夢「五升庵」・「風羅坊」跡 (京都市左京区)  
The ruins of the Hermitage of Kohaku-an,Gosho-an
「湖白庵」・「五升庵」・「風羅坊」跡 「湖白庵」・「五升庵」・「風羅坊」跡
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「諸九尼湖白庵・幻阿蝶夢五升庵址」の石標
 岡崎の白河院門前脇に「諸九尼湖白庵 幻阿蝶夢五升庵址」の石標が立てられている。
 2人は江戸時代の俳人であり、付近にそれぞれ「湖白庵(こはくあん)」「五升庵(ごしょうあん)」を結んだ。また、この近くに俳諧師・松尾芭蕉が一時住した「風羅坊(ふうらぼう)」があったという。
◆歴史年表 江戸時代前期、俳諧師・松尾芭蕉(まつお-ばしょう、1644-1694)が入洛した際に、一時居住した「風羅坊」があったという。庵名は、芭蕉の号に因んでいる。石標の東北100m程の地だったという。
 1701年、芭蕉の没後、門下の広瀬惟然は、師を慕いこの地に住した。師の発句を綴り合せた和讃「風羅念仏」を作り、朝夕の勤めを行った。
 1766年、惟然の没後、俳人・五升庵蝶夢は岡崎に小庵「五升庵」を結び、風羅坊を引き継いだ。
 またこの頃、蝶夢と親しかった俳人・有井諸九尼(1714-1781)が、付近に「湖白庵」を結び隠棲したという。
◆松尾芭蕉 江戸時代前期の俳諧師・松尾芭蕉(まつお-ばしょう、1644-1694)。号は芭蕉庵桃青など。伊賀国上野に生まれた。柘植とも。伊賀上野の藤堂藩伊賀支城付の侍大将・藤堂新七郎良精家の料理人として仕える。若君・藤堂良忠(俳号、蝉吟)と共に俳諧を嗜む。北村季吟に学び俳号は宗房とした。1666年、蝉吟の死とともに仕官を退き、俳諧に入る。1673年、江戸に出て、水道修築役人になり、俳諧師の道を歩む。其角が入門する。1680年、深川に草庵「芭蕉庵」を結び、隠逸の生活に入る。1682年、庵焼失後、北は陸奥平泉、出羽象潟から西は播磨、明石まで旅し、大坂南御堂前花屋の裏座敷で旅の途上に亡くなった。『奥の細道』『猿蓑』などを著す。
 京都での旧居は、金福寺裏の芭蕉庵、嵯峨・落柿舎、円山・芭蕉堂などがある。
◆広瀬惟然 江戸時代中期の俳人・広瀬惟然(ひろせ-いぜん、?-1711)。通称は源之丞。別号は素牛など。美濃の生まれ。1688年、松尾芭蕉に入門し、晩年の芭蕉に随従した。師の没後、諸国を放浪し、口語調、無季語を試みた。晩年は郷里の「弁慶庵」に隠棲した。句集に『藤の実』。
◆五升庵蝶夢 江戸時代中期-後期の僧・俳人・五升庵蝶夢(ごしょうあん-ちょうむ、1732-1796)。名は九蔵。別号に泊庵など。京都生まれ。時宗の法国寺に入り、其阿に師事し9歳で得度した。13歳で俳諧を志し、望月宋屋(そうおく)に俳諧を学ぶ。宝暦年間(1751-1763) 、浄土宗・阿弥陀寺・帰白院の住職になる。 1757年、敦賀に赴き、支麦(しばく)の地方俳諧に接した。1766年、帰白院の住職を辞し、岡崎に草庵「五升庵」を結ぶ。松尾蕉風の俳諧復興を志し『芭蕉翁発句集』などをまとめた。義仲寺翁堂(大津)などを再建した。1793年、芭蕉100回忌を成し、翁堂に粟津文庫も設けた。遺蹟碑も立てた。
 墓は阿弥陀時(上京区)にある。
◆有井諸九尼 江戸時代中期の女性の俳人・有井諸九尼(ありい-しょきゅう-に/もろく-に、1714-1781) 。名はなみ。号に蘇天、湖白庵など。筑後生まれ。父の従兄弟・庄屋・永松万右衛門と結婚した。1743年頃、筑前直方(のおがた)藩士・俳人・有井浮風(ふふう)と駆け落ちし大坂に出る。1762年、浮風の没後に剃髪した。岡崎の「湖白庵」で隠棲する。西国、奥羽を旅した。五升庵蝶夢らと親しかった。晩年は郷里に戻る。
 奥の細道を辿った紀行『秋かせの記』を著した。句集に『諸九尼句集』など。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『昭和京都名所図会 2 洛東 下』、サイト、「京都市 京都のいしぶみデータベース」、サイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area白河院跡・法勝寺跡・白河院庭園    周辺,surrounding area     関連,relevance芭蕉堂      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 諸九尼「湖白庵」・幻阿蝶夢「五升庵」跡  〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町(白河院前) 
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光