芭蕉堂 (京都市東山区)
Basho-do
芭蕉堂 芭蕉堂
  Home   Home

芭蕉堂


芭蕉堂、扁額「芭蕉桃青堂」


芭蕉堂


芭蕉堂


芭蕉堂、芭蕉木像
 円山公園の南に茅葺の芭蕉堂(ばしょうどう)が建つ。小堂は西行、芭蕉のゆかりの地に建てられている。堂の東隣に西行堂が建つ。  
 堂内には、蕉門十哲の一人・森川許六が刻んだ芭蕉の小像を安置する。
◆歴史年表 鎌倉時代、初期、歌僧・西行(1118-1190)は、この地に阿弥陀房を訪ねた。
 江戸時代、前期、俳人・松尾芭蕉(1644-1694)は西行を慕い、この地を訪れた。
 江戸時代中期、1783年、加賀の俳人・高桑闌更(たかくわ らんこう)は、芭蕉を偲び芭蕉ゆかりのこの地に芭蕉堂を建立する。
◆芭蕉 江戸時代前期の俳諧師・松尾芭蕉(まつお ばしょう、1644-1694)。号は芭蕉庵桃青など。伊賀国上野に生まれた。柘植とも。伊賀上野の藤堂藩伊賀支城付の侍大将・藤堂新七郎良精家の料理人として仕える。若君・藤堂良忠(俳号、蝉吟)と共に俳諧を嗜む。北村季吟に学び俳号は宗房とした。1666年、蝉吟の死とともに仕官を退き、俳諧に入る。1673年、江戸に出て、水道修築役人になり、やがて俳諧師の道を歩む。其角が入門する。1680年、深川に草庵「芭蕉庵」を結び隠逸の生活に入る。1682年、庵焼失後、北は陸奥平泉、出羽象潟から西は播磨、明石まで旅し、大坂南御堂前花屋の裏座敷で旅の途上に亡くなった。『奥の細道』『猿蓑』などを著す。
 京都での旧居は金福寺裏の芭蕉庵、嵯峨・落柿舎、円山・芭蕉堂などがある。 
◆高桑闌更 江戸時代中期の俳人・高桑闌更(たかくわ らんこう/たかくは らんかう、1726-1798)。加賀金沢の生まれ。号は半化坊、芭蕉堂など。和田希因に学ぶ。芭蕉を私淑した。京都に移り、医業を開く。1783年、芭蕉を偲び芭蕉堂を建立する。蕉門の句文を集め刊行した。編著「花供養」「有の儘」など。
◆森川許六 江戸時代前期-中期の俳人・森川許六(もりかわ きょりく、1656-1715)。彦根生まれ。藩士・森川與次右衛門の子。21歳で井伊直澄に仕えた。1681年、父が大津御蔵役に就き手伝う。剣術、馬術、特に槍術に通じた。漢詩をよくし、絵は狩野安信に学ぶ。和歌、俳諧は北村季吟、田中常矩などに学ぶ。1689年、家督を継ぐ。この後、近江蕉門・江左尚白に入門、1691年、江戸・蕉門十哲の宝井其角、服部嵐雪の指導を受けた。1692年、江戸で芭蕉に入門、六芸に通じたとして「許六」の号を授けられた。画法を芭蕉に伝授したという。1693年、彦根帰郷に際し芭蕉は「柴門之辞」、俳諧奥伝書を授けた。許六は、芭蕉遺愛の桜により芭蕉像を作り、河合智月(智月尼)に贈ったという。『俳諧問答』『風俗文選』などを著した。蕉門十哲の一人。近江蕉門。
◆文化財 芭蕉堂内には、蕉門十哲の一人・森川許六(1656-1715)が刻んだ芭蕉小像を安置する。
 東隣の西行庵庭に、俳人・各務支考(かがみしこう、1665-1731)が芭蕉一七回忌に立てた「かな書の碑」があるという。
◆文学 鎌倉時代初期、歌僧・西行(1118-1190)は、この地に阿弥陀房を訪ねる。西行は「柴の庵と 聞くはくやしき 名なれども よにこのもしき 住居なりけり」(『山家集』) と詠む。
 江戸時代前期、俳人・芭蕉は西行を慕い、この地を訪れる。西行の先の歌を踏み、「しばの戸の 月やそのまま あみだ坊」(『小文庫』)と詠んだ。
 江戸時代中期、俳人・高桑闌更は、私淑した芭蕉を偲び、その句に因み芭蕉堂を建立した。
◆年間行事 花供養(4月12日)、闌更(6月)、芭蕉忌(翁忌、桃青忌、時雨忌ともいう。芭蕉偲び連句会、法要が行われている。)(11月12日)。  


*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『京都大知典』『京都隠れた史跡の100選』



  関連・周辺西行庵    周辺    関連         
 芭蕉堂 〒605-0072 京都市東山区鷲尾町523 
 Home    Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光