栖賢寺 (京都市左京区上高野)  
Seiken-ji Temple
栖賢寺 栖賢寺
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

栖賢寺の燈籠






本堂



本堂




鎮守社


鳳凰閣


鳳凰閣

鐘楼


鐘楼、梵鐘「千人鐘」


観音堂(禅堂)


観音堂(禅堂)



観音堂(禅堂)、如意輪観世音菩薩


観音堂(禅堂)、位牌


観音堂(禅堂)



観音堂(禅堂)



観音堂(禅堂)


 栖賢寺(せいけんじ)は、1000坪(3300㎡)の境内地がある。山号は 朝崇山という。再興の途上にある。
 臨済宗大徳寺派、本尊は弥勒菩薩。
 かつて摂津国の禅院十刹の一つ。
◆歴史年表 南北朝時代、康永年間(1342-1344)、武将・赤松範資により、尼崎大物(だいもつ、摂津国河邊郡別所村とも)に、大徳寺74世・竺堂円瞿(じくどう-えんく、竺堂桂)を開山に迎えて創建された。当初は七宇伽藍が建ち並び、寺運隆盛した。(寺伝、『尼崎志』)
 室町時代、永禄年間(1558-1570)、笑嶺宗訢(しょうれい-そうきん)により、隣接した廣徳寺とともに中興される。(寺伝、『尼崎志』)。武将・荒木村重が帰依し寺地を寄進した。
 1578年、村重は織田信長への謀反嫌疑により争い、寺は兵火に焼かれる。
 安土・桃山時代、1582年、本能寺の変の後、羽柴(豊臣)秀吉は明智光秀の勢に追われ、隣接した廣徳寺に逃げ込む。栖賢寺で剃髪、僧形になり身を隠して逃れたともいう。同年、秀吉は、山崎合戦を前に栖賢寺で髻(もとどり)を切ったともいう。ただ、詳細は不明。(『川角太閤記』『絵本太閤記』)。また、山崎合戦で、秀吉は当寺で諸侯を饗し、腰掛松に腰かけて軍令を定めたともいう。この頃、摂津国の禅院十刹の一として知られた。(『摂津名所図会』)
 1590年、秀吉は、天下統一後に寺領50石を寄進したという。後、徳川家も安堵した。
 江戸時代、元和年間(1615-1624)、尼崎城築城にともない、尼崎・寺町に移転する。
 近代、無住になる。
 1900年、創立した琴浦育児院に転用される。また、貸間になるなど荒廃する。
 1929年、修学院(左京区)?に移転したともいう。
 1931年、梵鐘「千人鐘」が鋳造された。撞初会が修された。
 1932年、実業家・山口玄洞の寄進により、静岡・方廣寺派元管長・間宮英宗により現在地(左京区)に移転し再建される。5月、入仏慶證会が修される。
 現代、1968年、書院が焼失する。その後、荒廃する。
 2016年、新住職が住し、再興が始まる。
◆竺堂桂 南北朝時代の臨済宗の僧・竺堂桂(ちくどう-けい、?-378)。詳細不明。竺堂円瞿(えんく)。大徳寺74世。康永年間(1342-1344)、栖賢寺の開山になる。
◆赤松範資  南北朝時代の武将・赤松範資(あかまつ-のりすけ、?-1351)。法名は摸叟世範、諡号は霊光院殿摸叟世範。則村の子。赤松七条家の祖。摂津国長洲御厨(みくりや)の執行職、九条家領輪田庄・地頭職。1333年、第96代・後醍醐天皇らの鎌倉幕府倒幕の元弘の乱で、父とともに六波羅を攻め、建武政権成立に尽力した。1335年、尊氏の謀反に応じ建武政府と戦う。その戦功により、1336年-1351年、摂津守護に補任。1550年、父没後、惣領職を継ぐ。
◆笑嶺宗訢 室町時代の臨済宗の僧・笑嶺宗訢(しょうれい-そうきん、1505-1583)。俗姓は高田、号は喝雲叟、諡号は祖心本光禅師。 伊予国の生まれ。伊予・宗昌寺、南禅寺を経て、大徳寺・古嶽宗亘に参じた。大林宗套の法を嗣ぐ。1558年、大徳寺107世、堺の南宗寺、海眼庵に住した。尼崎に廣徳寺、栖賢寺などを開く。1582年、織田信長の葬儀を行う。利休居士参禅の師の一人、弟子に春屋宗園、古渓宗陳などがいる。1569年、祖心本光禅師の号を贈られる。79歳。
◆荒木村重 安土桃山時代の武将・茶人・荒木村重(あらき-むらしげ、1535?-1586?) 。通称は弥介、号は道薫。 摂津国の生まれ。高村(義村)の子。池田勝正、三好氏に属した。1568年、織田信長の攻撃に勝正に従い降伏した。1569年、三好三人衆が足利義昭を攻めた本国寺の変で、勝正に従い撃退した。1573年、信長に仕え、義昭の槙島城蜂起に加わる。1574年、勝正を高野山に追い、摂津・有岡城(旧伊丹城)を治めた。石山本願寺(大坂御坊)攻撃に加わる。1577年、紀伊雑賀攻めに参加、1578年、秀吉らと播磨上月城主・尼子勝久を援軍し、毛利氏に対峙した。1578年、信長への謀反を疑われ、石山本願寺・毛利氏と結ぶ。高山右近らと反信長の兵を挙げた。滝川一益、明智光秀らの攻撃により籠城した。1579年、人質・城兵を見殺し、毛利氏のもとに逃れる。1582年、本能寺の変後、堺に移り、千利休に茶を学ぶ。後、剃髪し薫(どうくん)、道董と号した。茶人として豊臣秀吉に仕えた。利休高弟七人の一人。52歳。
◆間宮英宗 近現代の臨済宗の僧・間宮英宗(まみや-えいじゅう、1871-1945) 。愛知県生まれ。青龍窟と号する。1879年、 三島・龍沢寺の天眼老師に就いて出家。岐阜・霊松院の聨芳学校卒業後、天龍僧堂の橋本我山に参じた。1900年、 師没後、天龍寺を退き、静岡・建長寺派青龍寺に住した。鎌倉・円覚僧堂の釈宗演に参じ、印可を受けた。 1914年、嵯峨・臨川寺に転住、1918年、静岡・奥山方廣寺派管長に就任。仏教会館(京都市)と方廣寺を拠点とし、国内外で布教した。1927年、方廣寺を辞した。1932年、栖賢寺を再興する。1945年、上海で亡くなる。 75歳。著『碧巌録講話』。
◆山口玄洞 近代の実業家・山口玄洞(やまぐち-げんどう、1863-1937)。広島県の生まれ。医業と副業の醤油販売業・山口寿安の長男。1871年、9歳で愛媛の漢学塾「知新館」に学ぶ。1877年、父急死により、尾道で行商を始める。1878年、大阪の洋反物店「土居善」に丁稚奉公に出る。1881年、倒産により鳥取で商う。1882年、大阪で洋反物仲買「山口商店」を開業し、輸入織物のモスリンを扱い成功する。1896年、山口家4代目として玄洞を襲名した。1904年-1906年、高額納税者のため貴族院勅任議員に互選される。三十四銀行取締役、大阪織物同業組合初代組長、大日本紡績(現ユニチカ)・大阪商事などの役職を兼ねる。1917年、引退し、京都の本邸で隠居、仏教を篤く信仰する。
 資産の多くを公共・慈善事業、寺社に寄付し、表千家も後援した。75歳。墓は大徳寺・龍翔寺(北区)、尾道の西國寺にある。
◆仏像 観音堂(禅堂)に、「如意輪観世音菩薩」が安置されている。
◆建築 かつて、本堂、金凰閣、如意輪堂、隠寮、庫裡、土蔵、鐘楼などが建てられていた。
 現在は、本堂、観音堂(禅堂)、鐘楼、鳳凰閣、茶室などが建つ。
◆文化財 ◈ 木造「竺堂円瞿坐像」(81㎝)(京都府指定文化財)は、南北朝時代作になる。写実的であり、額と眉間に横皺、ほお骨も張り、大きめの口元を強く結ぶ。唯一の肖像になる。彩色、桧材、寄木造、玉眼嵌入。 
 ◈ 梵鐘「千人鐘」は、近代、1931年に鋳造された。1164人の結縁合力により、鏡面に名が刻銘されている。1931年5月15日に撞初会が修された。重さ600貫(2.3t)、高さ5尺6寸(1.7m)、口径3尺3寸(1m)。
◆庭園 傾斜地に庭園があり、遣水、飛石、苑路がある。カエデ、イチョウなどの樹木が多く、紅葉の頃は美しい。
 本堂南に石庭がある。
◆年間行事 坐禅会(毎朝)、夜の坐禅会(新月・満月)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献・資料 当寺縁起、『日本社寺大観 寺院編』、サイト「方廣寺」、サイト「尼崎市立地域研究史料館 栖賢寺」 、ウェブサイト「コトバンク」  


関連・周辺  周辺崇道(すどう)神社  周辺蓮華寺(左京区)  関連     
 

回廊

回廊

比叡山の山容
 

茶室

茶室

茶室

茶室、露地の蹲踞

茶室、織部燈籠
 
 

歴代の墓

無縫塔(卵塔)

十三重塔


平安京オーバレイマップ
map 栖賢寺 〒606-0066 京都市左京区上高野水車町20  090-5057-5682 
50音索引,Japanese alphabetical order Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光