若山神社 (大阪府島本町)
Wakayama-jinja Shrine
若山神社 若山神社
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home















交通社


交通社、祭神は天鈿女命、猿田彦命
 若山神社(わかやま じんじゃ)は西天王山(若山)の中腹(標高150m)にある。景勝地にあり、東の眼窩には桂川、宇治川、木津川の三川の流れが見え、男山も望むことができる。
 かつて、「広瀬神社」、「西八王子牛頭天王」、「上之宮」と呼ばれた。「天王さん」とも呼ばれている。一帯の広瀬、東大寺、桜井、神内(こうない)の水無瀬荘の総鎮守社、氏神として信仰されている。
 祭神は、素戔嗚尊(すさのおのみこと、牛頭天王)を祀る。
◆歴史年表 奈良時代、701年、第42代・文武天皇の勅により行基が勧請したという。二十二社の一つとされた。
  平安時代、1074年、官幣社に列せられる。勝幡寺(しょうばんじ)が宮寺になり、奉仕した。 「西八王子社」、「牛頭天王社」とも呼ばれた。   
 鎌倉時代、後鳥羽上皇(第82代、1180-1239)も勅旨を遣わしたという。(社伝)
 南北朝時代、1336年、武将・楠木正成は、桜井で子・正行(まさつら)との別れの際に、重臣を代わりに参拝させたという。(社伝)
 江戸時代、1807年、社殿が整えられる。
 近代、1869年、神仏分離令(1868)により、若山神社に改められた。
 1872年、村社になる。
 現代、1970年、小烏神社は若山神社境内に遷される。
行基 奈良時代の僧・行基(ぎょうき/ぎょうぎ、668/667-749)。河内国の人。父は高志才智、母は蜂田古爾比売。681年/682年、出家、官大寺で法相宗などを学ぶ。691年、高宮寺で具足戒を受ける。畿内に道場、寺を建立、溜池、溝・堀、架橋、困窮者の布施屋建設などの社会事業を行う。704年、生家を家原寺とし住した。717年、民衆煽動と僧尼令に反した寺外活動の咎で、詔により弾圧を受ける。731年、弾圧を解かれる。732年、河内国狭山下池の築造に関わる。734年、東大寺大仏建立の詔が発布、勧進の任を務めた。736年、インド出身の僧・菩提僊那一行来日に際し大宰府で迎えた。738年、朝廷より行基大徳の称号が授与される。740年以降、東大寺大仏建立に協力する。741年、聖武天皇と恭仁京郊外の泉橋院で会見する。743年、東大寺大仏造営の勧進になる。745年、朝廷より日本初の大僧正位を授けられた。菅原寺(喜光寺)で亡くなる。地図の行基図を作成したという。東大寺「四聖」の一人に数えられる。
◆文化財
 ◈「東大寺村おかげ踊図絵馬」(2003年、大阪府指定有形民俗文化財)は、江戸時代、1831年に奉納された。西八王子社(若山神社)境内での東大寺村若連中による「おかげ踊」の様を描いている。
  ◈「神像(聖徳太子七歳御像)」(町指定文化財)は、当社では「聖徳太子像」とされてきた。平安時代後期、貞観年間(859-877)、9世紀(801-900)中期作ともいう。作者は不詳。
 首をすくめた姿勢で坐している。体躯は全体に丸みを帯び、彫りは形式的で浅い。眉は大きく弧を描き、細い鼻筋に繋がる。細い眼、おちょぼ口、髪は短く両肩から背面に垂らす。手は衣内胸前で組む。頭頂から地付き(じつき)まで丸彫りし、髪、衣などに彩色がある。背面の彫りは省かれている。深い面奥・体奥、衣文は大振りで簡素になる。島本町の最古級の神像という。2010年に町指定文化財に指定された。ヒノキ、縦一材、彫眼、彩色仕上、像高35.6㎝、臂張(ひじはり)24㎝、現在は大阪市立美術館に寄託されている。
◆摂社 ◈「小烏(こがらす)神社」は、祭神に素盞鳴命(すさのおのみこと)を祀る。旧社地は、水無瀬神宮の北方にあり、行基が創建したという。「西八王子下ノ宮」、「小烏大明神」とも呼ばれていた。1970年、若山神社境内に遷された。
 ◈「百山稲荷神社」は、祭神に宇賀御魂神(うかのみたまのかみ)を祀る。かつて、百山の山頂に祀られていた。
◆桜井の別れ 南北朝時代、1336年6月、足利尊氏の軍勢は、九州より山陽道を東上する。劣勢の朝廷方は、新田義貞を総大将として兵庫に陣を敷しいた。楠木正成(? -1336)は、尊氏との和睦か、足利軍を都に誘い込み兵糧攻めを図り、第96代・南朝初代・後醍醐天皇に進言した。
 聞き入れられなかったため、正成は湊川の戦場に赴く。途中、桜井の駅(島本町桜井、大原駅)で、11歳の嫡子・正行(1326?-1348)を呼び寄せた。正成は正行に故郷・河内へ帰り、生き延びて朝敵を倒すようにと諭した。形見に天皇より下賜された菊水の紋が入る短刀を授けた。「桜井の別れ(桜井の駅の別れ、桜井の訣別」と呼ばれている。(『太平記』)
◆自然 若山神社の社叢林(4万坪)は、千年以上の森になる。おおさか環状自然歩道にあたる。2002年に大阪府自然環境保全地域に指定された。ツブラジイを主にし、周りにカシの広がる天然林がある。
 ツブラジイの巨木が42本あり、樹齢200年を超える。幹周り2.5m-4.2m、高さ30mのものもある。ツブラジイ林は、大阪みどりの百選に選ばれている。
 林内の池ではモリアオガエルの産卵が見られる。 
桜楓 春は桜、秋は紅葉の名所として知られている。
◆年間行事 元旦祭(1月1日)、古神札焼納祭(とんど)(1月成人の日)、節分祭(2月節分)、初午祭・百山稲荷社(2月初午日)、紀元祭(建国記念祭)(2月11日)、祈年祭(3月17日)、鎮花祭(4月上旬)、例祭(5月3日-5日)、夏越祭(茅の輪神事)(6月30日)、七五三詣(11月)、新嘗祭(火焚祭)(11月23日)、天長祭(12月23日)、大祓式・除夜祭(12月31日)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『水無瀬神宮と周辺の史跡』『北摂歴史散歩』、サイト「島本町」



  関連・周辺水無瀬離宮(大阪府島本町)        周辺石清水八幡宮・男山(八幡市)       関連      

交通社

皇太神宮

皇太神宮

皇太神宮、祭神は天照大神
 

不明
 

天満宮社

天満宮社

天満宮社、祭神は菅原道真
 

恵比寿社

恵比寿社

恵比寿社
百山稲荷神社 百山稲荷神社

百山稲荷神社
百山稲荷神社

 百山稲荷神社
 

三好大明神

峯好大明神

本殿
本殿

本殿前

本殿前

本殿前

庭園
西天王山(若山)、本堂
小烏神社  小烏神社 
小烏神社   

【参照】神像、説明板より
 

男山の眺望 

左から桂川、宇治川、木津川の眺望
平安京オーバレイマップ
map  若山神社 〒618-0011 大阪府三島郡島本町広瀬(大字)1497   075-962-1651  0:00-10:00
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光