称念寺 (京都市西京区)
Shonen-ji Temple
称念寺 称念寺 
50音索引  Home 50音索引  Home


 大枝塚原の東に称念寺(しょうねんじ)はにある。
 西山浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 室町時代、天文年間(1532-1555)、称念上人により創建され、寺号も上人に因む。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、当寺で5月6日に「おこない」、伊勢講も行われていた。(「京都古蹴志」)
◆称念
 室町時代の浄土宗の僧・称念(しょうねん、1513-1554)。江戸の生まれ。8歳で江戸・増上寺で親誉、下総国飯沼・弘経寺の祖洞に師事した。江戸・天智庵を開創した。1548年、知恩院祖廟の南隣に草庵を結び、六時念仏を行う。信徒により堂舎が建てられ、念仏三昧の道場、一心院になる。掟「念仏道場七箇条」などを定めた。47ほどの寺院を創立する。浄土宗捨世派の祖。著作に「安心鈔」など。
◆仏像 大枝・称念寺の本尊・阿弥陀如来は、松尾・最福寺の安置仏であり、当寺に遷されたという。
◆おこない 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、当寺では「おこない」(5月6日)が行われていた。僧は関わらず、宮役が担い、榊を立て氏神を祀った。
 伊勢講も行われ、参宮には1週間で講参りを行っていた。
 観音講(毎月17日)では、老女が寺に参った。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『京都・大枝の歴史と文化』


  関連・周辺谷ヶ堂・延朗堂(最福寺・法華山寺旧跡)       関連・周辺地福寺     周辺      関連         
map  称念寺 〒610-1105 京都市西京区大枝塚原町2-77  
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光