養源院 (京都市東山区) 
Yogen-in Temple
養源院 養源院
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

山門(南門)


山門


勅使門(北門)




「大聖天歓喜天」の石柱






玄関




本堂




大般若経転読会の行われる御宝前。
















勅使門


手水舎



鐘楼



延命地蔵尊



大日如来




白衣弁財天


白衣弁財天



白衣弁財天


白衣弁財天
 三十三間堂の東に、道を隔てて養源院(ようげんいん)がある。「桃山御殿」、「宗達寺(そうたつでら)」、「血天井の寺」ともいわれる。山号は南叡山という。
 浄土真宗遣迎院(げんごういんは)派、本尊は阿弥陀如来像。 
 京の通称寺霊場第29番、宗達寺。
 商売繁盛、所願成就の信仰がある。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1594年、5月、淀殿が、豊臣秀吉に請して父・浅井長政、兄・万福丸、祖父・久政の追善のために創建した。父・長政は、小谷城で自刃しその21回忌に当った。開山は比叡山僧侶・成伯法印による。寺号は長政の法号「養源院天英宗清」による。当初は天台宗であり、比叡山延暦寺の所管に置かれた。豊臣秀吉は300石を寄進している。毘沙門堂脇門跡になる。
 1595年、境内に大仏殿が完成し、その大仏供養が行われた。秀吉は当院に300石を寄進している。
 1597年、成伯は第107代・後陽成天皇より紫衣を賜る。3世・慶算は天台門跡寺院・毘沙門天に入寺した。以後、当院の寺格が上がる。歴代は大僧正に補された。
 江戸時代、1619年、ほとんどの伽藍を焼失した。
 1621年、2代将軍・徳川秀忠の継室・崇源院(すうげんいん)が、秀忠に頼み伏見城の遺構の書院、殿舎を移して本堂とし再建したという。鳥居元忠の追善という形で血天井を張り、豊臣ゆかりの寺を再興したという。以来、徳川家の菩提寺、位牌所、皇室の祈願所になる。
 後に、方広寺に属した。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、本堂以外の堂宇は改造、撤去される。庭も破却される。
 現代、1945年、戦後、浄土真宗遣迎院派に改宗した。
◆成伯 安土・桃山時代-江戸時代前期の天台僧・成伯法印(じょうはく-ほういん、?-?)。清伯、盛伯。詳細不明。父は織田信長に処刑された浅井亮親(親政)。兄は賤ヶ岳の戦いで羽柴方に討たれた浅井長政になる。1594年、養源院の開基になる。1597年、第107代・後陽成天皇より紫衣を賜る。
◆淀殿 安土・桃山時代-江戸時代前期の女性・淀殿(よどどの、1569?-1615)。名は茶々(ちゃちゃ)、通称は二の丸殿、西の丸殿、淀君は後世の呼称。近江国(滋賀県)に生まれる。父・浅井長政の長女、母はお市の方。1573年、織田信長によって包囲された小谷城落城の際に、母、ちゃちゃら娘は信長のもとに送り返され養われる。1582年、信長の死後、母の再婚によって柴田勝家の越前北庄城に移る。1583年、賤ヶ岳の戦いで、勝家は秀吉に攻められ勝家、母は自害する。ちゃちゃら3人の娘は秀吉に保護された。1588年頃、秀吉の側室になる。1589年、山城・淀城に入り、淀殿、淀の方、淀の局と呼ばれた。同年、鶴松(鶴松)を産むが夭折した。1590年、秀吉の小田原攻めに同行した。1592年、文禄の役に肥前名護屋に赴く。1593年、大坂城で次男・秀頼を産み嫡子になり、権勢を振るう。1594年、菩提寺養源院を建立した。1598年、秀吉死後、遺言により秀頼と共に大坂城に入り、正室・北政所を凌ぐ。1615年、大坂の陣で豊臣方が敗れ、秀頼と共に自害する。49歳。
 秀吉の死後は秀頼の後見を果たした。父母の画像を高野山・持明院に納め、追善供養を行う。養源院を建立した。
◆崇源院 安土・桃山時代-江戸時代前期の江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の御台所・崇源院(すうげんいん、1573-1626)。名は達子(たつこ)、通称はお江与、お江(ごう)、小督(おごう)。 父は近江小谷城主・浅井長政、母はお市の方(織田信長の妹小谷の方)の3女。淀君の妹。1573年、織田信長によって包囲された小谷城落城の際に、母、娘は信長のもとに送り返され養われる。1582年、信長の死後、母の再婚によって柴田勝家の越前北庄城に移る。1583年、賤ヶ岳の戦いで、勝家は秀吉に攻められ勝家、母は自害する。3人の娘は秀吉に保護された。従兄妹・尾張大野城主・佐治一成と結婚する。1女(完子、九条幸家室)を儲けた。後に、秀吉により離別させられた。秀吉の養女になり、1592年、秀吉の養子・羽柴秀勝に嫁ぐ。同年、秀勝が朝鮮へ出陣して病死の後、養女格として1595年、秀忠の継室になり、家光、忠長、千姫、東福門院和子(まさこ、後水尾天皇中宮)など2男5女を産む。江戸城で没後、従一位(じゅいちい)を贈られる。54歳。
 墓は芝増上寺(東京都)にある。
◆俵屋宗達 安土・桃山時代-江戸時代前期の画家・俵屋宗達(たわらや-そうたつ、?-1637?)。詳細不明。名は以悦、印章は伊年・対青軒など。京都西陣唐織屋の蓮池家分家、また、別家喜多川家の一族の生まれともいう。屋号「俵屋」として絵屋、扇屋を興した。琳派の創始者。烏丸光広、本阿弥光悦らと親交があった。下絵や扇面画の作画工房「俵屋」を営み、自らも制作した。1602年、『平家納経』の一部の表紙と見返し絵の制作、1621年、養源院襖絵、杉戸絵制作、1630年、法橋の位を得る。金銀泥絵から考案した「たらし込み」、輪郭線を墨の濃淡で表現する「没骨法」などを駆使した。作品に「風神雷神屏風」「蓮池水禽図」「関屋澪標図屏風」など。
◆狩野山楽 安土・桃山時代-江戸時代前期の画家・狩野山楽(かのう-さんらく、1559-1635)。姓は木村、名は光頼。近江に生まれた。父・木村永光は浅井長政の家臣。当初は長政に仕え、後に豊臣秀吉の近侍になる。秀吉の推挙で狩野永徳の門人になり、養子になり狩野氏を許された。1590年、秀吉の命により、病に倒れた師・永徳を継ぎ、東福寺法堂「蟠竜図天井画」(1881年焼失)の修復を数日で完成させる。1594年、伏見城、1597年、再建の伏見城、1604年、大坂城の千畳敷大広間の障壁画にも参加した。1615年、豊臣家滅亡で大坂城を脱出し、男山八幡宮の社僧で山楽の弟子・松花堂昭乗のもとに身を隠した。於江与(崇徳院)らの取成しにより京都に帰る。2代将軍・徳川秀忠、3代将軍・家光に重用され、再建された四天王寺、大坂城本丸障壁画、妙心寺・天球院障壁画などにも加わる。代表作に正伝寺方丈、養源院の障壁画がある。77歳。
 泉涌寺(東山区)に葬られた。山楽、山雪の子孫は京都に住み「京狩野」と呼ばれた。
◆仏像など ◈本尊「阿弥陀如来像」がある。平安時代-鎌倉時代の藤原時代(894-1285)作という。木造、一木造。
 ◈「大聖歓喜天王像」は、かつて伏見城内に豊臣秀吉が祀っていた。江戸時代、元和年間(1615-1624)の再興時に遷された。「聖天さん」と呼ばれている。
 ◈徳川家菩提寺として歴代将軍の位牌が祀られている。長政、祖父・久政、淀殿、その子・秀頼、お市の方もある。
◆建築 ◈「本堂(客殿)」(重文)は、江戸時代前期、1619年に破却された伏見城より移築されたという。また、1621年、2代将軍・徳川秀忠(1579-1632)が、伏見城の遺構を移築したという。
 江戸時代初期の方丈建築であり、六間取方丈形式の平面になる。木柄が大きく豪壮な方丈建築になる。重厚な玄関と上段の間を構えを持つ。本堂正面、左右の廊下(88m)の天井は、伏見城の「血天井」といわれている。内部に俵屋宗達筆とされる襖絵、杉戸絵などで飾られている。
 桁行22.8m、梁間18.9m、一重、入母屋造、本瓦葺、西面奥玄関(入母屋造、軒唐破風付)、北面奏者所附属、本瓦葺、北東隅内仏壇及び廊下附属、桟瓦葺。
 ◈「護摩堂」(重文)は、江戸時代前期、1615-1661年建立された。伏見城遺構ともいう。かつて、「准胝堂」と呼ばれ、徳川秀忠の娘・東福門院(1607-1678)が第108代・後水尾天皇に入内したため、宮中安泰の祈願所になっていた。
 3間3間、一重、入母屋造、本瓦葺。
 ◈「鶯張廊下」は、江戸時代初期の大工・彫刻職人・左甚五郎の作という。
 ◈「鐘楼堂」(重文)は、江戸時代前期、1650年頃に建立された。
 1間1間、一重、切妻造、本瓦葺。
 ◈「中門(ちゅうもん)」(重文)は、江戸前期、1615年-1661年に建立された。
 一間薬医門、切妻造、本瓦葺、北方潜戸・土塀付、南方袖塀・土塀付。
 ◈「庫裏」は、伏見城遺構ともいう。
◆血天井 本堂に血天井が張られている。豊臣ゆかりの寺を再興するに際して、伏見城を死守した鳥居元忠の痕跡を残した。床を血天井として張り、追善、供養のために用いられたという。崇源院の憎しみを表したともいう。
 安土・桃山時代、1600年、伏見城の戦いは関ヶ原本戦の前哨戦になった。攻城軍の総大将・宇喜多秀家、副将・小早川秀秋は、4万の大軍で攻めた。城を守った総大将・鳥居元忠らは、わずか1800人の兵だったという。討死しなかった鳥居ら380人は自刃して果てた。その際の血の海になった床が、その後、各所の寺の天井板に使われたという。
◆文化財 「成伯法印画像」、「光慶僧正画像」、「慶算僧正画像」。
 「浅井長政画像」は江戸時代、1633年、光伝筆になる。「浅井長政夫人画像」。
 「徳川秀忠夫人画像」、「豊臣秀頼画像」、「伝・淀殿肖像画」、「豊臣秀頼豊国大明神名号」1幅など。
 江戸時代、1650年の梵鐘に縁起がある。
◆障壁画など 本堂に江戸時代初期の絵師で琳派(りんぱ)の俵屋宗達(?-?)による襖12面、杉戸8面がある。宗達は、浅井家家来筋の縁戚という。
 ◈板地着色「杉戸絵」8面(重文)は、江戸時代、1621年頃に描かれたとみられている。伏見城で自刃した鳥居元忠らの霊を慰めるために描いたともいう。
 表の「波」と裏の「麒麟図(きりんず)」(2枚4面)、表の「唐獅子図」(重文) (全体で4面)は、東大寺八角燈籠の唐獅子より着想を得たともいわれている。
 ◈裏の「白象図(はくぞうず)」(重文)は、2枚4面ある。宗達は、安土・桃山時代、1597年に南蛮船により渡来した本物の象を見た可能性があるという。
 ◈紙本金地着色「松図」12面(襖8面、戸襖4面)(重文)は、本堂中央「松の間」にある。宗達筆の唯一の襖絵になる。江戸時代、1621年頃に描かれた。かつて20面あった。
 金地に松の大木の太い枝と、それを支える岩が襖全体に描かれる。燈明の光により金箔が赤みを帯びて見えるという。松の間は、秀吉謁見の間を移したという。
 ◈「牡丹」の襖絵が豊臣秀吉の学問所「牡丹の間」にある。狩野山楽(1559-1635)筆による。山楽は浅井長政の家来筋に当たる。
 ◈「唐獅子図」3面(京都市有形文化財)は、本堂室中奥の仏壇下部羽目板にある。山楽筆による。江戸時代初期作とみられている。唐獅子2頭が描かれている。
◆庭園
 徳川時代の池泉庭園は、小堀遠州(1579-1647)の作庭とみられている。遠州は、浅井長政の縁戚に当たる。豊臣秀吉を祀る豊国廟のある阿弥陀ヶ峯を遠景としたともいう。池の周りに石組がある。奇岩が多い。立石があり、その脇の滝組は平天石を段状に並べて枯滝とし、流れは池泉に落ちている。
 近代以降、明治期(1868-1912)に破壊され、改修された。水辺に楓が植えられている。
鎮守社 ◈「白鷹龍神・赤桃明神・白玉明神」の三稲荷神が、境内のヤマモモの巨木に祀られている。木の根元に洞の部分がある。古く、女性の間に縁結びの信仰があったという。
 ◈「白衣弁財天」は、池の畔に祀られている。福を授かる稲荷神として、水商売関係の信仰篤かった。願掛けのために水桶を奉納する。
◆ヤマモモ 境内には、ヤマモモ(京都市指定保存樹)の大木がある。伏見城より移植されたともいう。豊臣秀吉の手植えともいう。樹齢は400年になる。
◆桜楓 春の桜、秋の楓の紅葉。
◆不思議 養源院にまつわる不思議がある。「血天井」/「名木楊梅」/俵屋宗達筆「飛び越え見返りの獅子」。
◆墓 宝篋印塔の「祟源院石塔墓」(6m)が立つ。お江(祟源院)の7回忌に、娘の東福門院が建立した。本来は正面のみの梵字が四方に刻まれている。これは、浅井家、豊臣家、徳川家、皇室の調和を意味したという。
◆大般若経転読会 1月、5月、9月のそれぞれ21日に大般若経転読会が行われる。
 商売繁盛などの御利益があるとされる大聖歓喜天の行事になる。大般若経全を御宝前で導師と出仕の僧4人で転読する。
 4人の僧は全600巻の大般若経が綴られた経典を、高く掲げ上から次々に開いていく。豊臣秀吉も大聖歓喜天を信仰していたという。
◆年間行事 大般若経転読会(1月、5月、9月の21日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京都古社寺辞典』、『京都府の歴史散歩 中』、『昭和京都名所図会 1 洛東 上』、『京都の寺社505を歩く 上』、『京都・美のこころ』、『京都大事典』、『京都秘蔵の庭』、『京都隠れた史跡100選』、『おんなの史跡を歩く』、『稲荷信仰と宗教民俗』、『週刊 京都を歩く 25 東山』、『週刊 日本の美をめぐる 平安2 2 奇蹟の出合い 宗達と光悦』 、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、ウェブサイト「コトバンク」


  三十三間堂  豊国神社・方広寺   伏見城・伏見桃山城      

毘沙門天

毘沙門天


白鷹龍神、赤桃明神、白玉明神を祀る。

ヤマモモの巨木(京都市指定保存樹)
平安京オーバレイマップ
map 養源院 〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻町656  075-561-3887  9:00-16:00
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光