霊源院 〔東福寺〕 (京都市東山区) 
Reigen-in Temple
霊源院  霊源院
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home















庫裡


 東福寺境内の北に塔頭・霊源院(れいげんいん)がある。 
 臨済宗東福寺派。本尊は観音菩薩。
◆歴史年表 南北朝時代、1350年/観応年間(1350-1352)、在先希譲(ざいせん-きじょう)が、師・竜泉令淬(りゅうせん-りょうずい)を勧請開山として創建した。天護院と号したという。(寺伝)
 後、水野和泉守が中興した。
◆在先希譲 南北朝時代-室町時代前期の臨済宗の僧・在先希譲(ざいせん-きじょう、1335-1403)。越中(富山県)の生まれ。竜泉冷淬(りゅうせん-りょうずい)の法嗣になる。頑石曇生(がんせき-どんしょう)、月心慶円らに学ぶ。山城・三聖寺、普門寺、東福寺の住持を歴任した。晩年、東福寺・海蔵院に退居した。著『在先和尚語録』。69歳。
◆竜泉冷淬 南北朝時代の臨済宗の僧・竜泉冷淬(りゅうせん-れいさい/りょうせん/りょ うずい、?-1366)。尾張((愛知県))の生まれ。第96代・後醍醐天皇の皇子という。幼くして虎関師錬(こかん-しれん)に参じ、その法嗣になった。山城・三聖寺の住持、東福寺首座(しゅそ)、1360年、筑前・ 承天寺25世。同年、虎関の著した『元亨釈書』が大蔵経に納められることに尽力する。1364年、万寿寺に移る。1365年、東福寺・海蔵院に退隠した。編著『海蔵和尚紀年録』、詩文集『松山集』。
◆文化財 ◈「絹本著色 在先和尚像 自賛」1幅(重文)。室町時代、明兆(1352-1431)筆。
 ◈紙本墨書草稿本『松山集』2冊(重文)、南北朝時代の竜泉冷淬筆。
 ◈紙本墨書『北越吟』1冊(重文)、室町時代作。
 ◈紙本墨書『海蔵和尚紀年録』1冊(重文)、室町時代作。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『旧版 古寺巡礼京都 18 東福寺』、『京都の禅寺散歩』、『京都・山城寺院神社大事典』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺東福寺   関連・周辺海蔵院〔東福寺〕  周辺   関連     
霊源院〔東福寺〕 〒605-0981 京都市東山区本町15丁目791  
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光