正的院 〔南禅寺〕 (京都市左京区)
Shotek-in Temple
正的院 正的院 
50音索引,Japanese alphabetical order   Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home











 南禅寺境内の北に塔頭・正的院(しょうてきいん)がある。茶道の玉川遠州流の本部が置かれる。
 臨済宗南禅寺派。
◆歴史年表 鎌倉時代、1332年、元翁本元(げんのう-ほんげん)が亡くなり、その塔所として弟子により建立された。かつては僧堂の北にあった。
 近代、1878年、正的院の書院客殿を売却し、瑞雲庵の移転費用に充てる。
 1926年、旧雲門庵の跡地(現在地)に移される。
◆元翁本元 鎌倉時代後期の臨済宗の僧・元翁本元(げんのう-ほんげん、1282-1332)。諡号は仏徳禅師。高峰顕日(こうほう-けんにち)に師事し、その法嗣になった。夢窓疎石と親交あり、美濃・虎溪山永保寺に共に庵を結ぶ。疎石の南禅寺入寺に従い同寺首座になる。その後、比叡山、醍醐などに籠る。1328年、鎌倉・万寿寺、1329年、南禅寺11世になった。1330年、臨川寺を開創する。1332年、南禅寺・正的院の勧請開山になった。著『仏徳禅師語録』。51歳。
 仏光派。
◆大森漸斎 江戸時代前期の儒者・茶人・大森漸斎(おおもり-ぜんさい、1625-1706)。名は秀祐、通称は安右衛門、別号は玉川。大森杖信(じょうしん)の父。石川丈山に儒学、書、小堀遠州に茶の湯を学ぶ。第112代・霊元天皇に花入れを献上した。82歳。
 玉川遠州流の初代になる。
◆玉川遠州流 玉川遠州流の本部が置かれている。
 抹茶と煎茶の両方が伝わる。江戸時代の初代・大森漸斎(1625-1706)は、小堀遠州(1579-1647)の門に入り茶礼を学ぶ。9代・大﨑大嶺(たいれい、1952-)は、1980年より正的院住持職。1995年に9代家元を継ぐ。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『旧版 古寺巡礼京都 12 南禅寺』、『南禅寺史 上』、『南禅寺史 下』 、ウェブサイト「コトバンク」   


関連・周辺南禅寺   周辺  関連詩仙堂    
正的院 〒606-8435 京都市左京区南禅寺福地町86-16  075-771-2781 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光