来光寺 〔大徳寺〕 (京都市北区)
Raiko-ji Temple
来光寺  来光寺
50音索引  Home 50音索引  Home


 大徳寺境外西北、今宮神社の参道に東面して塔頭・来光寺(らいこうじ)がある。 
 臨済宗大徳寺派。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 安土・桃山時代-江戸時代前期、清巌宗渭(せいがん そうい、1588-1662)が中興した。現在地の東(紫野門前町)にあり、中興開山になる清巌が退隠し入寺した。
 近代、1929年、現在地(今宮神社参道脇西)に移される。 
◆清巌宗渭
 安土・桃山時代-江戸時代前期の臨済宗の僧・清巌宗渭(せいがん そうい、1588-1662)。近江に生まれる。源氏奥村佐々木一門。大徳寺・玉甫紹琮につき出家した。賢谷宗良の法を継ぐ。1625年、大徳寺170世、高桐院3世、1649年、江戸品川・東海寺の住持。東海寺塔頭・清光院を創建。堺・南宗寺、その塔頭・徳泉庵、臨江庵など各所に諸寺・庵を開く。京都では禅華庵の開創、上賀茂・慈眼庵などを中興した。
 書画、茶道に通じた。千宗旦参禅の師で「今日庵」を命名した。『茶事十六ヶ条』を著す。諡号は1661年、「清浄本然禅師」。法嗣に天倫宗忽。
◆茶室 茶室「南山席(なんざんせき)」は四畳半。大徳寺488世・全堤要宗の命名による。
 前庭の蹲踞前にマリア燈籠が据えてある。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献  『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』


  関連・周辺大徳寺      周辺今宮神社(北区)      関連         
来光寺 〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町34  
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光