龍見院 〔知恩寺〕 (京都市左京区)
Ryuken-in Temple
龍見院  龍見院
50音索引  Home 50音索引  Home





「慶長五年八月朔日伏見城ヲ死守セル初代光忠公 龍見院殿鳥居公御菩提所 御□墓在当院墓地」



 百万遍知恩寺の塔頭・龍見院(りゅうけんいん)は境内北東にある。
 浄土宗。
◆歴史年表 江戸時代、1605年、鳥居元忠の菩提を弔うために、鳥居忠政が正蓮社文誉等賢により創建した。寺号は元忠の戒名による。等賢を院主としたという。
 1661年、大火により知恩寺は焼失し、寺も墓地も移転した。
 1701年、元忠4世の孫・鳥居忠英が墓地を改修している。
◆鳥居元忠 室町時代-安土・桃山時代の武将・鳥居元忠(とりい もとただ、1539-1600)。三河国に生まれた。徳川家康重臣・伊賀守忠吉の子。徳川家康に仕えた。1560年、桶狭間の戦、1561年、広瀬、沓掛の役で活躍、1570年、姉川の戦、1572年、三方(味方)ヶ原の戦、1575年、長篠の戦と出陣した。1582年、天正壬午の乱の戦功により、家康は甲斐国の谷村城主に任じた。1600年、家康が会津出兵後、伏見城を預けられる。五奉行中の石田三成らが家康に対して挙兵した伏見城の戦で、西軍4万の大軍に対し、元忠は1800人の兵力で城に立て籠もる。13日間の攻防の末、鈴木重朝との一騎打ちにより討死した。
 その際の380人が自決した血染めの床板は、「血天井」として各所に残る。戦は1600年関ヶ原の戦いの前哨戦になる。 墓所は百万遍知恩寺塔頭・龍見院などにある。 
◆鳥居忠政 室町時代-江戸時代初期の武将・大名・鳥居忠政(とりい ただまさ、1566-1628)。三河国生まれ。鳥居元忠の次男。母は形原松平家広の娘(徳川秀忠の又従兄弟)。1584年、徳川家康に従い、小牧・長久手の戦いに参加。1586年、家康に従い上洛、従五位下左京亮に叙される。1600年、父・元忠が伏見城攻防戦で討死、長兄は亡く、家督を継ぎ下総矢作藩主。1600年、関ヶ原の戦いで江戸城留守居役、戦後、父の戦功により陸奥磐城平に領地を得る。1615-1616年、大坂の陣で江戸城留守居役。1622年、最上氏の改易により出羽山形で加増移封、徳川氏の譜代大名となり、山形で没した。墓は江戸・江岸寺にある。
◆鳥居忠英 江戸時代中期の大名・鳥居忠英(とりい ただてる、1665-1716)。信濃高遠藩第2代藩主・鳥居忠則の次男。1685年、徳川綱吉に拝謁し叙任する。1689年、父の家臣・高坂権兵衛の江戸城での罪により、父も連座し閉門を命じられた。父は急死、幕府は忠英の家督相続を認めず、所領を没収改易される。ただ元忠の戦功があり能登下村藩主、1695年、近江水口に加増移封。1705年、奏者番・寺社奉行を兼任、1711年、若年寄、1712年、加増され、下野壬生初代藩主となる。殖産興業し、藩校・学習館を創設した。
◆鳥居元忠の墓 伏見城で自害した鳥居元忠の首級は、当初、大坂方に落ち京橋口に晒された。鳥居家出入の京都の呉服商・佐野四郎右衛門は首を盗み出す。弟は僧であり、知恩寺(京極寺町)に居たため当寺に葬られた。
 後、元忠の子・忠政は、父菩提のためにその院号より塔頭・龍見院を建立したという。江戸時代、1661年の大火により知恩寺 は焼失し、寺も墓地も移転した。1701年、元忠4世の孫・が改修している。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都隠れた史跡100選』『京都大事典』



  関連・周辺知恩寺(百萬遍知恩寺)      周辺      関連         
龍見院 〒606-8225 京都市左京区田中門前町103-20  075-781-3608  
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光