祇園小唄歌曲碑・祇園小唄・吉うた (京都市東山区)  
Gion Kouta Song Monument
祇園小唄歌曲碑 祇園小唄歌曲碑
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

祇園小唄歌曲碑(左)、譜面銅板


祇園小唄歌曲碑


祇園小唄歌曲碑、「祇園小唄」の陰刻


祇園小唄歌曲碑、歌詞


祇園小唄歌曲碑、「幹彦」の名


譜面銅板


譜面銅板


円山公園


【参照】吉うた


【参照】吉うた


【参照】吉うた


【参照】吉うた、「見越しの松」


【参照】吉うた近く


【参照】花見小路


【参照】花見小路
 円山公園(東山区)内の瓢箪池西北畔に、「祇園小唄歌曲碑(ぎおんこうた-かきょく-ひ)」が立つ。
 祇園小唄の作詞は長田幹彦、作曲は佐々紅華、唄は元芸妓・藤本二三吉による。無声映画の主題歌にもなり全国的に人気を博した。祇園の芸舞妓による舞踏曲の代表作になっている。
◆歴史年表 近代、1928年、小説家・作詞家・長田幹彦は、祇園のお茶屋「吉(よし)うた」に滞在し、「祇園小唄」を作詞した。
 現代、1961年、11月、「吉うた」2代目女将・お龍の尽力、京都市、京都新聞社、祇園甲部組合などにより、円山公園内に「祇園小唄歌曲碑」が立てられた。
 2001年より、「祇園小唄祭」が催されている。
 2019年、7月、お茶屋「吉うた」が類焼する。
 2021年、「吉うた」が再建される。
◆長田幹彦 近現代の小説家・長田幹彦(ながた-みきひこ、1887-1964) 。東京の生まれ。開業医・足穂の次男、母は光喜。兄は詩人・劇作家・長田秀雄。中学時代から兄の影響で「新詩社」に入る。後に脱退した。1909年、早稲田大学英文科在学中に、『スバル』同人になり詩文を投稿する。一時学業を放棄し、東北・北海道を放浪した。鉄道工夫、炭坑夫、旅役者などの生活を送る。1912年、大学を卒業する。旅役者の生活に取材した『澪(みお)』(1911-1912)、『零落』(1912)を執筆し流行作家になる。その頃、1年ほど京阪で小説家・谷崎潤一郎と滞在した。以後、「祇園物」の『祇園』(1913)、『祇園夜話』(1915)などの「情話文学」(長編300、短編600)を多作した。一時は谷崎と並ぶ耽美派作家になる。評論家・政治家・赤木桁平(こうへい)の『遊蕩文学の撲滅』(1916)以後、幹彦は通俗化し文壇から離れた。日本ビクター顧問として流行歌を作詞し、『祇園小唄』(1930)、『島の娘』(1932)、『天竜下れば』(1933)などの作品もある。77歳。 
佐々紅華 近現代の作曲家・佐々紅華(さっさ-こうか、1886-1961)。本名は佐々一郎。東京市の生まれ。4歳の時、一家で横浜市に転居する。旧制・横浜小学校、旧制・神奈川第一中学校(現・神奈川県立希望ヶ丘高等学校)を経て、東京音楽学校試験に合格したものの、蔵前の旧制・東京高等工業学校(現・東京工業大学)工業図案科に進学した。1907年、卒業後、東京市内の印刷会社に勤務した。1910年、日本(東京)蓄音器商会(現・日本コロムビア)図案室に入る。レコード袋に音楽に聴き耳を立てる大仏の商標図案(ニッポノホン)、ポスターなどを制作した。1913年、米山正が独立・設立した東京蓄音器(東京レコード)の文芸部長になる。1915年、吹込主任になった。作詞作曲「ウサウサ兎」、「目無し達磨」などのオペレッタ風の童謡(お伽歌劇)を作る。1916年、バレリーナ・女優・高木徳子が「世界的バラエチー一座」を旗揚げし、浅草「キネマ倶楽部」で公演し「浅草オペラ」の嚆矢になる。1917年、紅華は、帝劇洋劇部出身の石井漠、伊庭(いば)孝らと「東京歌劇座」を創設する。脚本も執筆し、浅草のオペラ常設館「日本館」でオペレッタ「カフェーの夜」を公演し成功させた。1921年、伊庭らと生駒劇場(奈良県生駒山頂)に「生駒歌劇技芸学校」を設立し、生駒山歌劇団第1回公演を行う。同年、解散した。1923年、関東大震災後、「五彩会」を主宰した。浅草オペラは消滅する。紅華はレコード界に復帰し、作曲「君恋し」(1922?)、作詞作曲「新銀座行進曲」(1928) を制作した。1928年、日本ビクターの専属作曲家になる。「浪花小唄」(1929)、「祇園小唄」(1930)、「唐人お吉小唄(明烏篇)」(1930)などを制作した。1930年、日本コロムビアに移籍し、新民謡の「民謡作家」、映画音楽、舞踊小唄など2000曲を作曲した。1931年、和風庭園を備えた自宅「枕流荘虚羽亭・京亭」(埼玉県大里郡寄居町に旅館として現存)を設計・監督し、1932年より住む。完成には5年の歳月をかけたという。1936年より、舞踊小唄の作曲、「日本の音楽理論」を執筆した。74歳。
 1961年、紅華の没後に、歌手・フランク永井によるリメイク曲「君恋し」が、「第3回日本レコード大賞」を受賞している。紅華の作品は日本的な音階、旋法に洋楽を取り込んでおり、親しみやすいものだった。
 墓は妙雲寺(東京都)にある。
◆お龍 近現代の「吉うた」2代目女将・お龍(おりょう、?-?)。詳細不明。1961年11月23日、お龍の長年の呼びかけにより、祇園小唄歌曲碑建設会(京都市、京都新聞社、祇園甲部組合)などの協力により、「祇園小唄歌曲碑」が円山公園内に建立された。
◆祇園小唄歌曲碑 円山公園(東山区)の瓢箪池西北角に、「祇園小唄歌曲碑」が立つ。1961年11月23日に、「吉うた」の2代目女将・お龍の長年の呼びかけにより、祇園小唄歌曲碑建設会(京都市、京都新聞社、祇園甲部組合)などの協力により建立された。
 作詞は小説家・作詞家・長田幹彦、作曲は作曲家・佐々紅華、唄は元芸妓・藤本二三吉(ふじもと-ふみきち、1897-1976)による。碑の歌詞は長田の自筆による。碑の右脇には、佐々紅華の譜面銅板がある。
 「祇園小唄」は、マキノ・プロダクションの無声映画「祇園小唄絵日傘(ぎおんこうた-えひがさ)」(1930)の主題歌として大流行した。映画は、監督・金森万象(かなもり-ばんしょう、1893-1982)による3部作で、「 第1話 舞の袖」、「第2話 狸大尽」、「 第3話 草枕」だった。映画上映の際には、弁士が付き、舞妓姿の女優がスクリーン脇で「祇園小唄」を歌った。
 京舞井上流4世・井上八千代(1905-2004)は曲に振り付けしている。舞妓は仕込みの頃から習い、座敷では必ず舞う。「祇園小唄」は祇園の芸舞妓による舞踏の代表作の一つになっている。
 碑には歌詞が刻まれている。京都の四季が詠み込まれている。
 1.月はおぼろに東山/霞む夜毎のかがり火に/夢もいざよう紅桜/しのぶ思いを振袖に/祇園恋しやだらりの帯よ
 2.夏は河原の夕涼み/白い襟あしぼんぼりに/かくす涙の口紅も/燃えて身を焼く大文字(だいもんじ)/祇園恋しやだらりの帯よ
 3.鴨の河原の水やせて/咽(むせ)ぶ瀬音に鐘の声/枯れた柳に秋風が/泣くよ今宵も夜もすがら/祇園恋しやだらりの帯よ/
 4.雪はしとしとまる窓に/つもる逢うせの差し向かい/灯影(ほかげ)つめたく小夜ふけて/もやい枕に川千鳥/祇園恋しやだらりの帯よ
◆吉うた 祇園のお茶屋「吉(よし)うた」は、祇園花見小路に東面して建つ。創業100年を超えるという。当初は、川端通の南座の横にあった。初代女将は「うた」と名乗り、「吉うた」の屋号になった。
 2代目女将・お龍(おりょう)の時、「吉うた」では定期的に「文士会」という文化サロンが催されていた。歌人・劇作家・吉井勇(1886-1960)、小説家・長田幹彦も通った。1928年に長田は滞在し、お茶屋の2階で「祇園小唄」を作詞した。何気なく書き留めた詩であり、映画主題歌になった際に、少し手直しされた。
 1961年11月に、お龍の長年の呼びかけにより、円山公園(東山区)に祇園小唄歌曲碑が立てられた。
 3代目女将は「いく」といった。
 現在の4代目女将・高安美三子(たかやす-みみこ、1940-)は、「吉うた」に生まれた。2代目のお龍は祖母にあたる。15歳で富晴(とみはる)の名で舞妓になり、売れっ子になった。芸妓を経て24歳でお茶屋を継ぐ。お茶屋には、映画監督・フランシス.フォード.コッポラ(Francis Ford Coppola, 1939-)、女優・ジェシカ.フィリーズ.ラング(Jessica Phyllis Lange, 1949-)、映画監督・相米慎二 (1948-2001)らも訪れた。
 女将には1986年以来、不思議な体験が続いたという。ある時、霊夢があり崇徳天皇が顕れた。その後、女将の働き掛けもあり、荒廃していた崇徳天皇御廟(東山区)の整備の契機になった。2007年には、白峯神社による御廟改修工事が終わった。
 2019年7月8日-9日、「吉うた」は近隣火災の類焼により、木造2階建(延べ200㎡)の建物が全焼した。この時、長田愛用の「長田用箋」に書かれていた「祇園小唄」の初期原稿、長田がお龍に贈った著書なども失われた。歌舞伎役者の貴重な記念写真などもすべて焼失した。
 2021年4月に「吉うた」は、同じ場所に再建されている。敷地内にあり奇跡的に焼け残った「見越しの松」は、新しい建物内に立っている。
◆祇園小唄祭 「祇園小唄祭」(11月23日)は、2002年より催されている。
 祇園の芸舞妓が祇園小唄を讃え、歌碑に花を添え、歌詞を朗読する。2003年以降は、京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)の主催による。 


年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
年間行事(拝観)は中止、日時・場所・内容変更の場合があります。
参考文献・資料 京都市の説明板、ウェブサイト「レファレンス協同データベース」、『京都大事典』、「朝日新聞 2020年11月18日」、 『怨霊になった天皇』、『浅草オペラ 舞台芸術と娯楽の近代』、ウェブサイト「観光客締め出しにそれは違うてます 祇園の女将さんの生き方に背筋が伸びた-文春オンライン」、『おおきに。』、 ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area祇園甲部・花街・祇園  関連・周辺,relevance&surrounding area円山公園  関連・周辺,relevance&surrounding area崇徳天皇御廟  周辺,surrounding area   関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 祇園小唄歌曲碑 〒605-0071 京都市東山区円山町 円山公園内    
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光