桂昌院 〔東福寺〕 (京都市東山区)
Keisho-in Temple
 桂昌院  桂昌院 
  Home   Home



「後宇多天皇菩提所」の石標


 東福寺境内の南西に塔頭・桂昌院(けいしょういん)がある。後宇多天皇の菩提所になる。 
 臨済宗東福寺派。本尊は観音菩薩。
◆歴史年表 鎌倉時代、1324年、元亨年間(1321-1324)とも、雙峰宗源(そうほう そうげん)が九条家の別荘に創建した。後宇多天皇上皇(第91代、1267-1324)の染筆宸翰を贈られ、臨行が相次ぐ。
 近代、明治期(1868-1912)、現在地に移る。
◆雙峰宗源 鎌倉時代の臨済宗の僧・雙峰宗源(そうほう そうげん、1263-1335)。双峰、逢源。筑前の生まれ。東福寺の円爾(えんに)に師事、その法嗣。鎌倉で無学祖元、大休正念らに学ぶ。筑前・崇福寺、東福寺、1321年、南禅寺住持。1324年、東福寺・桂昌院を創建した。諡号は雙(双)峰国師。
◆太極 室町時代の臨済宗の僧・太極(?-1472)。東福寺・桂昌院の霊隠軒主。五山文学僧。日記『碧山日録』を著す。5巻からなり、1459年‐1463年(1449年-1452年とも)、1465年、1468年の記事が残る。政争、飢饉、土一揆、応仁・文明の乱(1467-1477)などの記録がある。
◆三面大黒天 御堂内正面に三面大黒天が祀られている。像の顔正面に大黒天、右面に毘沙門天、左面に弁財天の三つの顔をもつ。それぞれ、福寿・商売繁盛、知恵・学芸、勇気・健康の信仰がある。
 三面大黒天の右に玉龍聚寶、左に後宇多天皇像が安置されている。
◆庭園 枯山水式庭園「双峰庭」がある。
◆文化財 自賛のある絹本著色「雙峰国師像」(重文)(京都国立博物館寄託)、「袈裟」(重文)。


*非公開、境内の三面大黒天には参拝できます。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都の禅寺散歩』


  
  関連・周辺東福寺     周辺     関連    

「開運 三面大黒尊天」の石碑

庫裡

三面大黒天が祀られている御堂

三面大黒天
 桂昌院 〒605-0981 京都市東山区本町15-805  075-561-6110 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光