超勝寺 (京都市左京区)
Chosho-ji Temple
超勝寺 超勝寺 
  Home   Home



山門


 超勝寺門前町に超勝寺(ちょうしょうじ)が建つ。山号は独妙山という。
 浄土宗西山深草派。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 開基は善貞ともいう。
 江戸時代、1685年、誓願寺末寺とあり、三条大橋東、北へ上がる現在地付近にあった。(『京羽二重』)
 1709年、「京大絵図」にも記されている。
◆仏像 本尊の阿弥陀如来は安阿弥陀作ともいう。(『浄家寺鑑』)
◆錦光山茂兵衛 江戸時代の陶工・3代錦光山茂兵衛(きんこうざん、?-1755)。詳細不明。名は柳仙、粟田の陶工。孫・宗兵衛(5代?)の墓は茂兵衛の墓の傍にあると記されている。(『坊目誌』)
◆初代・井上八千代 京舞井上流初代・井上八千代(いのうえ やちよ、1767-1855)。京都に生まれた。本名は井上サト。天明(1781-1789)より近衛家に仕え、曲舞、白拍子舞を学ぶ。1797年、近衛家を退き、八千代の芸名と近衛菱紋を贈られ井上流を創始した。
◆二代目・井上八千代 京舞井上流2代目・井上八千代(いのうえ やちよ、1770-1868)。京都に生まれた。本名は井上アヤ。初代・井上八千代の養子になり2代を襲名。舞に能の金剛流、人形浄瑠璃の動きを取り入れる。本行舞(ほんぎょうまい)を創始した。
◆君尾
 江戸時代後期-近代の芸妓・君尾(きみお、1844-1918)。中西きみ。船井郡八木に生まれた。19歳で祇園の置屋「島村屋」に出る。祇園一の美貌を誇り、縄手通のお茶屋「魚品」に出て高杉晋作と懇意になる。長州志士と関係深く、「勤王芸妓」と呼ばれた。1862年、井上馨(聞多)と出会う。1864年、井上が刺客に襲われた際に、君尾が贈った手鏡により命を救われた。南座事件では新撰組に捕らえられそうになる。桂小五郎、品川弥二郎らを逃したとして壬生の新撰組屯所に捕らえられ拷問を受けるが自白しなかった。言い寄る近藤勇も拒否したという。品川作詞の「トコトンヤレ(トンヤレ)節」を作曲した。品川との間には子があった。墓は超勝寺にある。
◆墓 墓地に陶工・錦光山茂兵衛、その孫・宗兵衛、陸田元義(?-1685)、望月珉峩(?-1779)、京舞井上流初代、二代、祇園芸妓・中西君尾などの墓がある。


*非公開
*参考文献 『京都市の地名』『京都大事典』『祇園と舞妓』『女たちの京都』



  関連・周辺      周辺心光寺     関連祇園甲部(花街)         

本堂
 超勝寺 〒606-8366 京都市左京区新麩屋町孫橋下超勝寺門前町82-1 075-771-0943
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光