安禅寺 (京都市南区)
Anzen-ji Temple
安禅寺 安禅寺
  Home   Home





 上久世町、桂川にかかる久世橋の西に安禅寺(あんぜんじ)がある。山号は中興の祖・義空栖雲にちなみ栖雲山(せいうんざん)という。  
 西山浄土宗、札所本尊は観音堂の三十三観音。 
 京都洛西観音霊場(洛西三十三所観音霊場)番外札所。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 室町時代、観心女王(1434-1491)の創建によるという。当初は御所内に存在したともいう。
 江戸時代、1682年、元禄年間(1677-1703)とも、義空栖雲により現在地に再建された。義空は中興開山になり、山号もそれに因む。
 その後、桂川の氾濫で幾たびか被災し、その度に再建された。
 現代、1978年、廃れていた洛西三十三所観音霊場めぐりが再興された。
◆観心女王 室町時代の皇女・観心女王(かんしんじょおう、1434-1491)。第102代・後花園天皇の第1皇女、母は嘉楽門院。1441年安禅寺に入寺、のち住持になった。号は芳苑、法名は恵春、観心女王、安禅寺の宮とも呼ばれた。
◆建築 現在の建物は江戸時代のものという。
◆観音講 洛西はかつて西国三十三箇所巡礼が盛んな地で、各所で観音講が組織されていた。当寺の観音堂は西国巡礼の写し霊場になっており、江戸時代のものとみられる33体の観音像が安置されている。
 かつて、西国巡礼に旅立つ前に、当寺に参詣し巡礼道中の安全を祈願していた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『洛西三十三所観音霊場』


  関連・周辺光福寺     関連・周辺称讃寺      周辺     関連           

本堂

庫裏

地蔵尊

境内の飛び石
 安禅寺 〒601-8212 京都市南区久世上久世町629  075-921-7051 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光