光福寺 (蔵王堂) (京都市南区)
Kofuku-ji Temple
光福寺 光福寺
  Home   Home

参堂には鳥居が設けられている。




山門


山門「医王山」の扁額




境内西にある光福寺
 光福寺(こうふくじ)は、桂川に架かる久世橋の西方に位置する。正式には、医(醫)王山蔵王堂光福寺(いおうざん ざおうどう こうふくじ)という。 
 西山浄土宗、本尊は蔵王権現。
 京都洛西観音霊場(洛西三十三所観音霊場)第19番札所。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細不明。
 平安時代、955年、第62代・村上天皇の勅願寺として創建されたという。平安京の西南、裏鬼門の地に当たり、都を鎮護する役割があった。開基は、浄蔵貴所(じょうぞう きしょ)という。霊告により蔵王権現をこの地に遷したという。
 室町時代、少なくとも1352年、真言宗の東寺(教王護国寺)の支配下にあった。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)以降、天台宗の三鈷寺の末寺になる。
 近代、四宗兼学より、西山浄土宗に改めた。
 現代、1978年、廃れていた洛西三十三所観音霊場めぐりが再興された。
◆浄蔵貴所  平安時代の僧・浄蔵貴所(じょうじょうきしょ、887-946)。比叡山の呪術憎、法観寺の住職、雲居寺(うごじでら)の僧ともいう。八坂庚申堂(金剛寺)を建立したという。948年、五重塔が西に傾いた際には、験力を持つという東隣の雲居寺(うごじでら)の僧・浄蔵貴所の加持により元に戻したという伝承がある。(『元亨釈意』)。952年、浄蔵の加持祈祷後、子の刻(午前零時)、乾(北西)からの微風により塔と宝鉾が動き、唸り、大地が揺らぎ、元に戻ったという。(『大法師浄蔵伝』)。寺に入った賊十数人を大声で一喝し失神させ、その罪を諭したという。浄蔵については、堀川にかかる一条戻橋の名の由来に関わりがある。また、祇園祭の山鉾・山伏山の人形は浄蔵がモデルといわれている。
◆伝承 創建にまつわる伝承がある。
 平安時代、955年、浄蔵貴所は、吉野山大峰山金御嶽の岩屋で密法の修行を終え都へ帰る際に、蔵王権現が現れた。権現は、自らを連れて帰るようにと乞い、永く衆生を守護するという。浄蔵貴所は権現を肩にかけ背負うと、たちまちにして木像と化したという。
 浄蔵貴所は、桂川の畔で持っていた鉢を水に落としてしまう。鉢は独りでに川を遡り、北に向い岸で止まった。その地が現在の蔵王堂の東の川だったという。
 その地には円い光が輝いており、近づくと弁財天女の霊場だった。背負ってきた蔵王神像も石のように動かなかった。夜、西に丈六のナギが生えたという。明天老翁が現れ、「弁財天医王善逝(ぜんせい)」と唱えて拝した。翁は、この地が医王弁財天女の影向(神仏が仮の姿をとって現れる)地という。このため浄蔵貴所は堂宇を建て、霊像を安置し本尊としたという。(『都名所図会』)
◆仏像・木像 蔵王堂には、中央に本尊・「蔵王権現」、左右に「浄蔵貴所、「役の行者尊」、「観世音菩薩」、「地蔵菩薩」などの木像が安置されている。
 礼拝の順序は、初めに弁天堂、次に薬師堂、子守勝手社、最後に蔵王堂の蔵王権現に礼拝する。浄蔵貴所以来の教えがいまも守られているという。
◆建築 現在の「本堂」は、江戸時代、正保年間(1644-1648)の建立による。
六斎念仏 室町時代-江戸時代、寺は地域の拠点になっていた。久世六斎念仏の発祥の地として知られている。現在、念仏踊は国の重要無形民俗文化財に指定されている。
◆蔵王の森 一帯には、かつて「京の七森」のひとつといわれた蔵王の森が広がっていた。現在は、わずかな境内の森だけが残されている。
◆年間行事 八朔祭法楽会(久世六斎念仏踊の奉納)(8月31日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『京の寺 不思議見聞録』


  関連・周辺      周辺      関連三鈷寺     

光福寺

光福寺本堂

光福寺本堂「医王山」扁額

拝殿

蔵王堂、右より開基の浄蔵貴所、役の行者尊、地蔵大菩薩、観世音菩薩が安置されている。

蔵王堂

蔵王堂

蔵王堂

蔵王堂

地蔵堂

福宝弁財天女

薬師堂、瑠璃光薬師如来

子守勝手社、子守大明神


大聖不動明王

庭園の石組、重盛三玲の作庭による。やや荒廃している。

境内に残る蔵王の森

【参照】祇園祭の山伏山、ご神体は浄蔵貴所で、大峰入りの修行で紀伊山地に入る姿を表すという。腰には法螺貝を付けてい る。
 蔵王堂光福寺 〒601-8212 京都市南区久世上久世町826  075-921-3625
  Home     Home  
     © 2006- Kyotofukoh,京都風光