鏡石 (京都市北区)
Kagami-ishi
鏡石 鏡石 
  Home   Home

鏡石


わずかに残る平面に近い岩の部分


地名は「衣笠鏡石町」
 衣笠の金閣寺に近い地に、鏡石町(かがみいしちょう)という地名が残る。細い道筋(鏡石通)の山側の崖地に、「鏡石(かがみいし)」といわれる大岩が残されている。石面は、断層の滑り面という。
 「岩陰の鏡石」として金閣寺の不思議の一つに数えられた。鏡石はかつて鏡のようにものを映したという。名所の一つになり、地名由来になった。
◆歴史年表 平安時代前期、歌人・紀貫之(866/872?-945?)が石を詠んだという。
 平安時代末期、武将・源義経(1159-1189)は姿見に用いたという。
 江戸時代、1780年、紙屋川上流に鏡石があり、石面は水晶のように顔を映すと記されている。(『都名所図会』六巻)
 1787年、鏡石の記述があり、岩面に女性の立ち姿が鏡のように映る挿し絵がある。(俳諧師・秋里籬島著の『拾遺都名所図会」)
 その後、 道を通る際に牛が驚くというので、石面を松葉でいぶし、光りを失わせたという。また、道路拡張工事の際に、岩の一部が削られたともいう。
◆うばたまの 紀貫之の歌に「うば玉の 我が黒髪や かはるらん  鏡の影に 降れる白雪」(「古今和歌集」、460番)とある。
 「うばたま(烏羽玉)の」は、「黒(髪)」にかかる枕詞であり、「私の黒髪が変ったのだろうか、鏡に映るこの白雪(白髪)は」という意味になる。老いさらばえた自らの白髪について、また、老いの予感を詠んだという。
 枕詞の「うばたま(烏羽玉)の」は、黒、闇、夜、夢などにかかる。「ぬばたまの」「むばたまの」ともいう。植物の「うばたま」とはヒオウギの実であり丸くて黒い。「ぬばたま」ともいう。和菓子にも「うばたま」があり、求肥(ぎゅうひ)で餡を包み、白砂糖をまぶす。これも黒く丸い。
◆鏡石 京都での鏡石の伝承は、ほかにもいつくかある。
 貴船神社(左京区)の禁足地の山林内には、貴船大神が降臨した石がある。従者子孫の一人が、多弁として大神により大和に追放される。後に赦されて貴船に戻った。きまり悪く小さく屈んだので鏡石と呼ばれたという。
 勝持寺(西京区)の鏡石は、境内の池の近くに置かれ、西行が剃髪の際に姿を映したという。
 ほかにも上京区鏡石町、左京区大原古知谷の屏風岩という石、西京区嵐山の檪谷神社にも鏡石があったという。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都の地名検証』『昭和京都名所図会 4 洛西』『洛中洛外』『京都大事典』『京の怪談と七不思議』


 関連・周辺       周辺金閣寺(鹿苑禅寺)      関連勝持寺(花の寺)      関連貴船神社           
 鏡石 京都市北区衣笠鏡石町 

より大きな地図で 鏡石 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
     © 2006- Kyotofukoh,京都風光