石上神社 (真言宗政所・東寺執行屋敷跡・波切不動明王) (京都市南区)
Isonokami-jinja Shrine
石上神社 石上神社 
 Home  Home






 東寺の境内北の住宅地に、小社の石上神社(いそのかみ じんじゃ)がある。正式には石上布留社(いそのかみふるしゃ)という。東寺執行職(しぎょうしょく)を世襲した、空海母方実家・阿刀氏が奉祀した。その屋敷跡になっている。 
 祭神は本社に石上布留御魂(いそのかみふるのみたま)、相殿に阿刀大神(あとおおかみ)を祀る。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、823年より、真言宗の政所となる。宰主は、阿刀家が務め、歴代の世襲職となる。空海父の実弟、阿刀家の女婿の阿刀大足以来の慣例によるものという。
 近代、明治維新(1868-)以来、大和国一宮三輪社、三輪山の山伏宗が継受相続され、寺号の三輪山大御輪寺と三輪山平等寺を継承しているという。
  1871年、真言宗の政所を廃される。
◆阿刀家 神社は、東寺執行職(しぎょうしょく)を世襲した、空海の母方の実家・阿刀氏が奉祀した。
 境内の石上布留社は、阿刀家の祭壇であるという。相殿には阿刀大神が祀られている。
阿刀大足 奈良時代から平安時代の学者・阿刀大足(あとのおおたり、生没年不詳)。詳細は不明。真言宗開祖・弘法大師空海(774-835)の母方の叔父にあたる。空海は大足を頼り上京し、大足より論語、孝経、史伝、中国語、漢学などを学んだという。空海の入唐の際にも、大足の援助があったという。
◆摂社・末社  小祠に、三輪、伊勢、賀茂、石清水、二天夜刃(やしゃじん)、役氏小角(役小角)、稲荷、弄鈴(なるこ)、王仁(わに)、空海大神が祀られている。ただ、社の特定はできない。
◆波切不動明王 境内の波(浪)切不動明王は、弘法大師の地盤である不動明王という。この波切不動明王に参らなければ四国巡礼、東寺、高野山参詣の功徳もないものという。
◆文化財 阿刀家宝蔵、鐵塔経蔵、針小路文庫がある。
◆年間行事 護摩供養(毎月28日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』


  関連・周辺東寺(教王護国寺)      関連・周辺観智院〔東寺〕       周辺       関連阿刀神社         

本社、覆屋

本社、祭神は石上布留御魂(いそのかみふるのみたま)、相殿に阿刀大神(あとおおかみ)。

末社

末社

地蔵菩薩

地蔵菩薩

波切不動明王

波切不動明王

波切不動明王

波切不動明王、「東寺執行」

波切不動明王

波切不動明王、井泉がある。

波切不動明王の碑

大木
 石上神社  〒601-8473 京都市南区九条町399  
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光