橘諸兄公旧跡・供養塔(公蹟) (京都府井手町)
grave of Tachibana no, Moroe
橘諸兄公旧跡・供養塔(公蹟)  橘諸兄公旧跡・供養塔(公蹟)
  Home   Home

参道の石段


橘諸兄公旧責の碑


供養塔


井手火山灰層



井手火山灰層
 井手町南開の竹林に、奈良時代の橘諸兄の墳墓とされる地がある。かつて、北王塚と呼ばれていた。近年に碑、墓が立てられている。
◆歴史年表 詳細は不明。
 現代、1974年、奈良大学考古学研究会による調査が行われる。
 1976年、井堤保勝会により、井手左大臣橘諸兄公墳の碑が立てられる。
◆橘諸兄 奈良時代の貴族で政治家・橘諸兄(たちばな の もろえ、684-757)。第30代・敏達天皇の孫、栗隈王の孫で美努王の子。母は橘三千代。光明皇后の同母兄で、764年、奈良麻呂の乱で知られる奈良麻呂の父。井出左大臣、西院大臣と号した。初代橘氏長者。
 葛城王と称した。731年、諸司の挙により参議となる。737年、天然痘の流行で藤原四兄弟など多くの議政官が亡くなるが生き残る。大納言になり、聖武天皇を補佐した。736年、臣籍に下り、母の氏姓を継ぎ橘宿禰諸兄と称することを許される。749年、生前にもかかわらず正一位となる。750年、朝臣姓を賜られる。755年、聖武上皇への不敬との讒言により、756年、職を辞した。『万葉集』の撰者の1人ともいい、自らも7首選ばれている。 
 諸兄は、井手(井出)の里を本拠地とし、高台に館を構えた。また付近に、橘氏氏寺の大寺、井手(井堤)寺も建立した。
◆公墳 この付近には、6世紀-7世紀初期、飛鳥時代-奈良時代にかけての古墳群が多くみられるという。近代以前には、墳丘らしきものが存在していたという。(『綴喜郡誌』)。
 近代以降、孟宗竹の栽培が盛んになり、墳墓は破壊されたため遺構の確認はできなくなっている。1974年、奈良大学考古学研究会による調査では、断面の盛土、6世紀(501-600)初期の埴輪なども発見された。この地に、建築物があったとも推定され、古墳を後世に諸兄の墳墓にあてたものともいう。
井手火山灰層 墳墓の近くに井手火山灰層という地層が崖地に露呈している。150万年前(新生代、第四紀、更新世)、長野で起きた大規模な火山噴火により降灰があり、それが堆積したものという。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『井出町の自然と歴史』『井出町の古代・中世・近世』『井手町の近代Ⅰと文化財』『井手の里を歩く』『井出町歴史愛好ロマンのしおり』『橘氏のふるさと 井手』 、ウェブサイト「コトバンク」   

関連・周辺井手寺(井堤寺)    関連・周辺六角井戸    周辺    関連        
橘諸兄公旧跡・墳墓 〒610-0302 京都府綴喜郡井手町井手弥勒1
  Home     Home  
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光