光清寺 (京都市上京区)
Kosei-ji Temple
光清寺 光清寺 
  Home   Home







庫裏


心月庭


玄関


南庭、中門


中門、菊華紋の透かし


南庭「心和の庭」



鐘楼
 千本出水にある光清寺(こうせいじ)は、岩倉家の菩提寺になる。宮家との関わり深く、無本寺格として宮準門跡に列せられていた。 
 「出水の七不思議」のひとつ「浮かれ猫」の伝承がある。また、現代の作庭家・重森三玲による2つの庭園がある。
 山号は心和山、院号は慈眼院という。
 臨済宗建仁寺派、本尊は聖観音。
 弁天堂は、三味線上達の祈願信仰がある。
◆歴史年表 江戸時代、1669年、伏見宮貞致(さだゆき)親王が、生母・慈眼院殿心和光清尼(安藤定子)のために、杲山(こうざん)を開山として創立された。(寺伝)。宮家領地の聚楽第に建てられた。また、義浄により開かれたともいう。当初は天台、華厳、真言、禅の四宗兼学とし、当初は声実庵(せいじつあん)と称した。
 1701年、焼失する。
 1706年、焼失し、伏見宮邦永親王により再建された。慈眼院殿の法名より心和山、光清寺に改めた。
 1758年、宮家が江戸に移るに際し、鎮守社・玉照(たまてる)神社が伏見宮邸(今出川)より当寺に遷される。 
 近代、1868年、臨済宗建仁寺派に属する。
 現代、1967年、現代の作庭家・重森三玲は二つの庭を作庭した。
◆伏見宮貞致親王 江戸時代初期の皇族・伏見宮貞致親王(ふしみのみや さだゆき しんのう、1632-1694)。父は、伏見宮第10代当主・貞清親王。母は少納言局・安藤定子。1660年、親王宣下、元服した。第13代当主となる。王子女に邦永親王、真宮理子女王(徳川吉宗室)。
◆伏見宮邦尚親王 江戸時代初期の皇族・伏見宮邦尚親王(ふしみのみや くになり しんのう、1613-1654) 。貞清(さだきよ)親王の第2王子。伏見宮家(11代とも)。1626年、親王。病のため元服せずに亡くなる。法号は乾徳院。41歳。
◆慈眼院殿心和光清尼 江戸時代の女性・慈眼院殿心和光清尼(生没年不詳)。少納言局・安藤定子とみられる。父は安藤定元、曾祖父は邦輔親王王子・安藤惟実(邦茂王)。10代当主・貞清親王(1596-1654)側室の一人。貞致親王の母。
◆伏見宮邦永親王 江戸時代中期の皇族・伏見宮邦永親王(ふしみのみや くになが しんのう、1676-1726)。伏見宮貞致親王第3王子。1695年、元服、親王宣下。伏見宮第14代当主。妃は霊元天皇の第5皇女・福子内親王。
◆岩倉恒具  江戸時代中期の公卿・岩倉恒具(いわくら つねとも、1701-1760)。父は岩倉乗具。竹内式部に神道と儒学をまなぶ。1732年、従三位、その後、参議、1753年、権中納言となる。1758年、竹内、若手公家達らの尊王論者が弾圧された宝暦事件にかかわり、幕府から処罰された。1891年、名誉回復となる。
◆仏像 本堂安置の「聖観世音菩薩立像」は平安時代の慈覚大師(円仁、794-864)の作という。
◆浮かれ猫  弁天堂(弁財天社)に牡丹と蝶、白と黒の二毛猫(三毛猫?)の絵馬が掲げられている。この構図は古くより富貴と長寿の吉祥図とされていたものという。絵馬は「浮かれ猫」といいい、「出水の七不思議」の一つに数えられている。
 伝承がある。江戸時代には、この周辺を西寺町といった。江戸時代後期には遊里「五番町」があったという。ある時、三味線の音につられ、絵馬の猫が抜け出し、浮かれた。猫は女性の姿に化け、踊り始め大騒ぎになる。これを住職が法力で絵馬に封じ込めたという。
 その夜、衣冠束帯に威儀を正した武士が住職の枕元に現れた。「私は絵馬の猫の化身だが、あなたに封じ込められ不自由で耐えられない。今後、世間を騒がせないので許してもらえないか」と嘆願した。住職は猫を哀れに思い、その法力の封を解いたという。
 なお当時、遊女のことを隠語で「猫」といったという。戦前まで、付近には芸妓さんが住んでいた。遊郭は、1958年に廃された。弁天堂には、三味線上達祈願の信仰がある。
◆玉照神社 境内にある鎮守社の玉照神社は、かつて創建の願主だった伏見宮邸内にあったものを遷したという。  
◆庭園 作庭家・重森三玲(1896-1975)による二つの枯山水式庭園がある。1967年に庫裏前に「心月庭」、本堂前に「心和の庭」が作庭された。
 「心月庭」は、モルタルで州浜形に縁取られた州浜台座(高さ30㎝)の上に、白砂の砂紋が引かれている。白砂上に2石、1石は州浜を割って据えられている。全体で5石があり、須弥山の形になる。中心に立てられた主石は先端が鋭く尖る。その頂点の延長線は、庫裡の妻の中心線と完全に一致している。一段下の庭面は龍の髭で覆われ、縦4m、横3mほどある。かつて、ここに松の老木があり、その後枯死したため作庭されたものという。金閣寺垣で囲まれている。
 「心和の庭(南庭)」は北、東の二方が土塀(白壁)、南は竹垣になっている。白砂、苔地、立石のみで構成された。当寺の山号が心和山であり、住職の姓の心山(むねやま)に因み、心形の枯山水式庭園が作庭された。かつて、枯山水式で心字池の庭の例はなかったという。ただ、地模様による心字形に変えられている。白砂に苔地で盛り上げ州浜にして形を作り、その築山の上に12の石が据えられている。4つの島があり、「心」字の一画め(左端)の方丈島(1石)、二画めの最も大きな蓬莱島(7石)、三画め、四画めの瀛州(えいしゅう)(2石)、壺梁(2石)がある。蓬莱島の最も奥に本尊石が立てられ、本堂側から観ると三尊石になる。石はすべて苔地の上に立てられている。徳島産の青石12石(横石7石 伏石5石 立て石3石)による。白砂地に引かれた砂紋は、大渦巻紋になる。竹垣にも「心」の字の意匠が直線で抽象化され描かれている。
 心和の庭の「南の庭」には、かつて庭に使われていた5石が東西に並べられている。 
◆墓 岩倉家の菩提寺であり、公卿・岩倉恒具(1701- 1760)ほか30人の墓がある。


*非公開。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』『京都大事典』『京都歴史案内』『昭和京都名所図会 5 洛中』『重森三玲 庭園の全貌』『シリーズ 京の庭の巨匠たち 1 重森三玲-永遠のモダンを求めつづけたアヴァンギャルド』『重森三玲 モダン枯山水』『京都秘蔵の庭』『京の寺 不思議見聞録』『京都大事典』



  関連・周辺      周辺大雄寺     関連十念寺         

五葉松

弁天堂

絵馬「浮かれ猫」、写真の案内板より。
 光清寺 〒602-8359 京都市上京区七番町339,出水通六軒町西入南側   075-841-5630
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光