鍬山神社 (京都府亀岡市)
Kuwayama-jinja Shrine
鍬山神社  鍬山神社
50音索引  Home  50音索引  Home










拝殿



 亀岡の鍬山神社(くわやま じんじゃ)は、面降山(めんこうやま、天岡山)の東麓に位置し、紅葉の名所として知られている。 
 祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)。
 式内社。平安時代、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)中「丹波国桑田郡十九座」の一つ、「鍬山神社」に比定されている。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 飛鳥時代、709年、創祀されたという。鍬山大明神、矢田社とも呼ばれた。(社伝)。当初は面降山裏、医王谷(いおうだに)にあり、医家・丹波康頼が信仰したという。
 平安時代、927年、『延喜式』神名帳にも丹波国桑田郡十九座の一つとして記された。
 1165年、八幡宮社が祀られる。
 安土・桃山時代、1576年、明智光秀の丹波進攻に際し、光秀は当社前に別当寺・大智院を建立した。以来、当社社殿は荒廃し、当社の矢田祭礼も廃れたという。
 1591年、亀山城主・小早川秀秋は当社に禁制を下す。(『矢田之詞記』)
 1595年、亀山城主・小早川秀秋は禁制を下した。(『矢田之詞記』)
 1601年、亀山城代・北条左衛門大夫が法度を下す。(『矢田之詞記』)
 江戸時代、1610年、亀山城主・岡部長盛の時、社殿が現在地に建立された。岡部は当社に禁制を下している。(『矢田之詞記』)。その後も、歴代藩主による神田寄進、保護が続く。
 1681年、延宝年間(1673-1681)とも、郷長(町年寄)・杉原守親は「丹波桑田郡矢田郷矢田社之祭法」を撰し、当社祭の復興に尽力した。藩主も保護を行う。口丹波一の祭りとして祭礼行列は城内にも入り、藩主の拝礼を受けていた。
◆丹波康頼 平安時代の医家・丹波康頼(たんば の やすより、912-995)。詳細は不明。丹波国天田郡(福知山市)、また桑田郡矢田(亀岡市)に生まれたという。旧姓は劉芳氏といい、漢からの渡来系坂上氏、また、尾張氏一族の丹波国造家・丹波直子孫ともいう。984年、中国の医書を参考にして、『医心方』全30巻を編じ朝廷に献上した。現存する日本最古の医学書とされている。その功績により、朝廷から丹波宿禰(すくね)姓を贈られ、以来医家となる。現在の亀岡市下矢田町に住み、最上級の薬草を育て針博士になったという。「医王谷」の地名はいまも残されている。官位は従五位上・医博士、丹波介、左衛門佐(さえもんのすけ)兼丹波介。
◆建築 現在の本殿(京都府登録文化財)、八幡宮本殿(京都府登録文化財)は、江戸時代、1814年に建立された。一間社流造、こけら葺。
◆神話・伝承 かつて亀岡(亀山)盆地は赤土の泥湖だったという。「丹の湖/丹の海(にのうみ)」と呼ばれていた。出雲大神、また、諸国巡国中の大己貴命(大国主命、おおくにぬしのみこと)は、黒柄山(くろがらやま、黒柄岳)に八神を集めた。一艘の樫船に乗り一把の鍬や鋤で浮田(請田)の峡(現在の保津峡の口)を切り拓く。湖に溜まっていた水を山城国に流し、亀岡盆地を肥沃な農地に変えたという。
 以来、出雲大神を天岡(あまおか)山の麓に祀り、鍬山大明神と呼んだ。社名は開削に使った鍬が山積みになったことから、その神徳を称えたことによるという。その後、鍬山大明神は神無月の出雲国での神会には加わらず、郡内8神は当社に集まっていたという。(社伝、「矢田之詞記」)。
 当社に並列して祀られている八幡宮にも伝承がある。平安時代、1165年、天岡山に誉田神(誉田別尊<ほむたわけのみこと>、第15代応神天皇)が天降り、当社の傍らに祀った。夜毎に雷雨になり殺伐の声がした。翌朝、鳩や兎の死骸があり、人々は二神が不仲と知り、八幡宮は杉谷に遷した。江戸時代、1609年、亀山城主・岡部長盛が現在地に社殿を移し、再建した際に、二神の間に池を設けて互いの諍いを防いだという。(「矢田之詞記」)
◆能楽 当社で行われていた神事芸能の一つに、現在の能楽の源流の一つになる丹波猿楽(矢田神楽)があった。当社は本所になり、平安京、摂津・河内など各地に出向いて披露していた。室町時代、御香宮神社の猿楽では楽頭職を務めていた。安土・桃山時代、1576年、明智光秀の丹波進攻の混乱によりその後、廃れた。
◆亀岡祭 当社の秋季大祭(10月23日-25日)は鍬山宮・八幡宮二社の例祭であり、亀岡最大の祭りになる。分霊の神輿が御旅所に渡御・還御する。祇園囃子に乗せ、豪華な懸装品に飾られた11基の山鉾が市内を巡行することから「丹波(口丹波)の祇園祭」と呼ばれている。京都府登録無形民俗文化財、亀岡市無形民俗文化財に指定された。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)には、旧暦9月25日より1カ月をかけて祭礼が執り行われていた。朔日(初日)には氏子領界8所に結界を張り、最後の神輿還御まで祭礼は続いた。安土・桃山時代、1576年、明智光秀の丹波進攻以来、神田を没収されたことから当社の矢田祭礼も廃れたという。
 その後、1681年、郷長(町年寄)・杉原守親が「丹波桑田 郡矢田郷矢田社之祭法」を撰し、当社祭の復興に尽力した。歴代亀山城主が神領等を寄進するなど保護した。祭りは次第に隆盛になり、口丹波一の祭りになる。祭礼の行列は城内にも入り、藩主の拝礼を受けた。
 当初の山鉾は風流流造山の舁山(かきやま)で人が担いでいた。江戸時代、1749年以来、三輪山の山鉾が造られる。その後、山鉾の建造が相次ぐ。1831年の樫舟(船鉾)の改修以来、移動が容易な車輪を付けた曳山(ひきやま)に移行していった。山鉾の建造には、功を遂げた商人が資金を供していた。
 現在、各山鉾町に11基の山鉾があり、曳山7基、舁山が4基になる。懸装品には、西陣の大型綴錦、中国、朝鮮、インド、イギリスなどの豪華な染織品が用いられている。
◆年間行事 亀山祭(10月1日-31日)、氏子領境八箇所御斎榊(おいみのさかき)立て・吉符入り(神事始め)(10月1日)、くじ取り式(10月5日)、神幸祭(形原神社御旅所でのおいで祭り)、各山鉾町での会所飾り・御神輿飾り(10月20日)、神幸祭(形原神社御旅所での御出<おいで>祭、各山鉾町での会所飾り)(10月23日)、宵々山(各山鉾町での山建て・花灯路設置)(10月24日)、宵宮(形原神社御旅所祭)(10月25日)、本祭山鉾巡行・還幸祭・大祭・御神輿お山入り、御神輿仕舞い(10月26日)、神事済奉告祭(10月31日)。 


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当社由緒、『京都府の地名』『京都府の歴史散歩 下』『増補版 京都の医史跡探訪』『新版 京・伏見 歴史の旅』、サイト「亀岡祭山鉾連合会」


  関連・周辺       周辺      関連磐栄稲荷神社・安行山晴明神社      関連御香宮神社        


鍬山宮

鍬山宮

鍬山宮、兎の神紋

鍬山宮

鍬山宮

鍬山宮

八幡宮

八幡宮

八幡宮
本殿

八幡宮

八幡宮、木鼻

八幡宮

八幡宮、神紋、番鳩

八幡宮

天満宮

天満宮

百太夫神社

愛宕神社

稲荷疱瘡神社

熊野神社

日吉神社

右より高樹神社、樫船神社、金山神社、

厳島社

安産石

池泉

解藤泉

解藤泉、手水舎の湧水

解藤泉、毘沙門天
 鍬山神社 〒621-0856 亀岡市上矢田町上垣内22   0771-22-1023

より大きな地図で 鍬山神社 を表示
50音索引  Home    50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光