神童寺 (京都府木津川市)
Jindo-ji Temple
神童寺  神童寺 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home



城郭のような寺の石垣、伊賀街道に面している。


表門


表門




本堂


本堂






護摩堂


鐘楼


鎮守社


十三重石塔


石仏群


収蔵庫の建つ山腹よりの東の景色
 山城町神童子、伊賀街道沿いの山間に、神童寺(じんどうじ)は建つ。多くの重要文化財指定の仏像を安置しており、「文化財の宝庫」といわれている。
 金剛蔵院(こんごうぞういん)、金剛蔵王院ともいう。山号は北吉野山という。
 真言宗智山派。本尊は蔵王権現を安置する。
 かくれ古寺南山城六山めぐりの一つ、京都南山城古寺の会に参加。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 この地は、古くより山岳信仰の霊地、修験道の聖地になっていた。
 飛鳥時代、596年、厩戸王(聖徳太子)が建立したともいう。自ら千手観世音菩薩像を刻み、大観世音教寺と号したともいう。(『北吉野山神童寺縁起』、実淳光観、1522/1544)
 675年/676年、役行者(役小角)が鷲峯山(じゅぶせん)で修行し、自ら蔵王権現を刻み本尊とし、神童教護国寺と称したという。(「北吉野山神童寺縁起」)。
 682年、義淵僧正の開基によるともいう。(『興福寺官務牒疏』)
 722年、泰澄は当山に登り、鷲峯山を北山上、山号を北吉野山とした。その後、衰微する。
 平安時代初期、9世紀(801-900)、奈良興福寺の願安が再興したという。以後、法相、真言兼学道場になる。
 1180年、以仁王の挙兵に対した平重盛の二男・資盛の兵火により、本山、26坊を焼失した。
 1190年、後鳥羽院(第82代)の沙汰により、源頼朝が再建した。
 鎌倉時代、1331年、兵火により焼失する。
 室町時代、1399年、官務四家により再建された。(『興福寺官務牒疏』)
 1406年、奈良・興福寺官務懐乗により、蔵王堂(現本堂)が再建される。時代は不明だが、一時期、興福寺末寺だったという。
 近代、1868年に興福寺の一乗院より山門が移された。
 現代、1968年、収蔵庫が建立される。
◆役行者 飛鳥時代の山岳呪術者・役行者(えん-の-ぎょうじゃ、634?-?)。役小角(えん-の-おづぬ/しょうかく)、役の優婆塞(えん-の-うばそく)、役君(えのきみ)。大和国(奈良県)に生まれた。賀茂一族(高賀茂朝臣)の出身ともいう。生駒山、葛城山、大峰、熊野で修行した。吉野金峰山を開く。32歳の時、葛城山で孔雀明王の像を岩窟に安置し、持呪観法したという。699年、弟子・韓国広足(からくに-の-ひろたり)は、役行者が妖言を吐いたと密告し、伊豆国に流罪にされる。701年、赦された。数多くの呪術的な伝承が残された。富士山、九州の山々で苦行し、前鬼、後鬼の二鬼を従えたという。神仏調和を唱え、真言密教の呪法を使う仏道修行者、呪術に優れた神仙、道教の医術方術に習熟した行者とさる。修験道の開祖になる。
 平安時代初期-中期以降、山岳信仰、密教と結びつき伝説が生まれた。江戸時代、1799年、朝廷より神変大菩薩の勅諡号が贈られた。
◆泰澄 飛鳥時代-奈良時代初期の修験道・泰澄(たいちょう、682/693-767)。俗姓は三神、通称は越(こし)の大徳、号は神融禅師、泰澄和尚。越前国(福井県)に生まれた。豪族・三神安角(みかみ-の-やすずみ)の次男。14歳の時に出家し、法澄と名乗る。越智山(おちさん)に上がり、十一面観音を念じて修行を積む。702年、第42代・文武天皇により鎮護国家の法師に任じられる。717年、霊夢の導きで弟子の浄定(きよさだ)らと越前国の白山に登り、十一面観音(妙理大菩薩、白山三峰の神)を感得した。山に3年間籠もり修行を続けた。719年より、諸国での布教活動を行う。722年、第44代・元正天皇の病気平癒を祈願し、天皇の護持僧に任じられる。その功により神融禅師の号を賜わる。725年、白山に登った行基と出会い、白山権現の由来を伝えたという。737年、疱瘡を十一面観音法を修して鎮め、泰証の号、大和尚位を贈られた。泰証を自ら泰澄に改めたという。後に越知山に帰り、木塔百万基を造り人々に与えたという。
 加賀国(当時越前国)白山を開山し、白山山岳信仰の祖とされる。大和・吉野山、京都・稲荷山で修行し、愛宕山を開く。九州・阿蘇山で奇跡を起こしたという。86歳。
◆願安 平安時代初期の僧・願安(?-? )。奈良興福寺の僧、興福寺の僧で伝燈大法師位を授けられた。神童寺を再興し、弘仁年間(810-824)、近江・金勝寺に伽藍を建立した。
◆伝承 飛鳥時代、675年/676年、役行者が寺を訪れ、鷲峯山で57日間の行法後、谷に下りての行中に童子が現れた。傍らの石楠花は霊木であり、これで仏を刻み、衆生済度せよと言う。自らを子守、勝手、金精(こんせい)、佐抛(さなげ)の四神(子守、勝手、金精の三神とも)と名乗り、常に樹を守護すると言い残して天に飛び去った。役行者は37日間祈り続け、満願の日の暁に大地鳴動した。地中が光明を放ち忿怒の形相の蔵王権現が顕れ、やがて虚空に消えた。役行者はすぐに石楠花の木で蔵王権現を刻む。南方より二人の神童が現れこれを援けたため、像は忽ちにして完成した。神童は自らを天八百日尊(あめのやおひのみこと)、天三下尊(あめのみさがりのみこと)と名乗り、永く伽藍を擁護すると伝え、去った。
 役行者は蔵王権現像を麓の精舎に安置し、寺号も二神童に因み神童教護国寺に改めた。これら六神を勧請し、そのうちの四神(子守、勝手、金精、佐抛)を伽藍の守護神とし境内に祀った。二神童は、鎮守社の天神神社に祀る。また、役行者は自像も刻み開山堂に安置したという。(『北吉野山神童寺縁起』)。
◆仏像 ◈本堂に役行者が自ら刻んだという本尊、彩色木造の「蔵王権現像」、「前鬼・後鬼像」の三尊像が安置されている。いずれも室町時代、1406年に造仏されたとみられている。
 前鬼、後鬼の間に「役行者像」も安置する。
 ◈収蔵庫安置の「不動明王立像(162.1cm)(重文)は、平安時代後期(11世紀-12世紀)作になる。「波切白不動尊」といわれる。肉身が後補とみられる顔料で白く彩色が施されている。髪は一般的な弁髪ではなく巻髪、両目も開き、上歯で下歯を噛む形で両牙が上向きになっている。上半身は上帛を身に着けない裸、下半身に裳を身に纏い、裙を両膝上でたくしあげている。一般的な不動明王の姿とは異なり、園城寺の円珍が感得したという黄不動画像(国宝)の写しといわれている。円珍が唐から帰国する途上の海上で霊験があったとされる。全国には数体しか例がなく、その最古のものという。板光背の背後には、墨画の毘沙門天が描かれている。木造、彩色。
 ◈半丈六の「阿弥陀如来坐像」(137㎝)(重文)は、平安時代後期(12世紀)作になる。蓮華座に坐し、来迎印を結ぶ。定朝様、泰澄自刻の伝承がある。台座も当初のものとされる。木造、寄木造、漆箔。
 ◈「愛染明王坐像」(64.5㎝)(重文)は、平安時代末(12世紀後半)作になる。獅子冠を被る。忿怒相の「天弓愛染」といわれ、2臂が天に向けて弓を射ようとしており珍しい例とされている。6臂のうち胸前の2臂の右に五鈷杵、左に五鈷鈴を持ち、肩から出た二手は頭上で天に向け弓を射ようとしている。台座、円形の光背と束が宝瓶形式であり造仏当初のものという。重文指定の像は全国に3例しかなく、その最古という。木造、寄木造、彩色。
 ◈「毘沙門天像」(124.2cm)(重文)は、平安時代後期(11世紀)作になる。岩座に立ち、兜、鎧を身に着け、白い彩色の後が残る。右手に三叉戟(さんさげき)、左手に宝塔を載せる。かつて、行者堂に安置されていた。木造、寄木造、彩色。
 ◈「日光菩薩像」(162.4cm)(重文)は、平安時代前期(藤原時代初期、9世紀-10世紀、10世紀とも)作になる。右腕を伸ばし左腕を屈している。地方仏師の手によるという。もとは薬師如来の脇侍だったとみられる。近代に入り近くの薬師寺より遷された。木造、一木造、彩色。
 ◈「月光菩薩像」(171.5cm)(重文)は、平安時代後期(11世紀)作になる。中央の仏師作によるとみられ定朝様になる。右腕を伸ばし左腕を屈している。もとは薬師如来の脇侍だったとみられ、近代に入り近くの薬師寺より遷された。木造、一木造、彩色。
 ◈「吉祥天立像」(97cm)は、平安時代(9世紀)作になる。南都系に見られる豊満な貞観彫刻。木造、一木造、彩色、内刳りはない。
 ◈「毘沙門天立像」は、平安時代末(12世紀)作になる。頭部が小さく細見、木造、一木造、彩色。
 ◈「菩薩型立像」(115cm)は、平安時代(9世紀)作になる。木造、一木造、彩色。
 ◈木造「千手観音立像」は平安時代後期(11世紀)作になる。
 ◈木造「阿弥陀如来坐像」は鎌倉時代初期作になる。
◆建築 ◈「本堂」(重文)は室町時代前期、1406年に再建された。山城町最古の建物という。方3間、3間1間の向拝が付く。寄棟造、本瓦葺。前面に一間通りの吹放しの広縁付き。内部は周囲一間の内陣、和唐様折衷の須弥壇があり、本尊ほか諸仏を安置する。拭板の床、棹縁天井。本尊の蔵王権現を本尊とすることから蔵王堂ともいう。
 ◈「護摩堂」(町指定文化財)は、方3間宝形造、本瓦葺、内部は折上小組格天井。
 ◈「表門」(町指定文化財)は、江戸時代中期とみられ、切妻造、本瓦葺。棟門の様式で二本の主柱に冠木と呼ぶ横木を渡し、その上に切妻屋根を載せている。近代、1868年に奈良・興福寺の一乗院より移されたという。
◆石造文化財 ◈境内に立つ鎌倉時代後期の「十三重石塔」は、初層軸部、二重円光形に顕教四仏を刻む、屋根は後補、花崗岩製。
 ◈境内の覆屋内に、室町時代後期の「地蔵石仏」2体が安置されている。右手に錫杖、左手に宝珠を持つ、花崗岩。
 ◈墓地の鎌倉時代後期の「腰折地蔵(地蔵石仏)」は、右手に錫杖を持たず、左手に宝珠を持つ。足に靴を履くのは、地獄まで赴いて衆生救済のためという。花崗岩製。
 ◈墓地の「地蔵石仏龕(がん)」は、基礎石の上に一石で長方形の龕(厨子)と、その内に地蔵菩薩を肉彫りしている。手に錫杖と宝珠を持つ。さらに龕の上に別石の屋根が載せられている。鎌倉時代末期-南北朝時代のものという。
◆文化財 ◈「伎楽面」(重文)は、32cmあり、面裏に鎌倉時代「建久七年(1196年)」の朱漆銘がある。運慶父の泰慶作といわれている。桐材に彩色した崑崙(くろん/こんろん)の面。奈良国立博物館寄託。
 ◈版本「大般若経」約六百帖、紙本著色「神童寺伽藍図」一幅には、往時の塔頭26坊の伽藍が描かれている。
 ◈本堂に室町時代の「鬼瓦」(重文)、「修理棟札」(重文)。
 ◈祈願所の令旨により有栖川宮より贈られたという「菊花紋章の幕」。
◆伊賀街道 寺は京都から伊勢に向かう伊賀街道沿いにある。安土・桃山時代、1594年に巨椋池の小倉堤が築造され、大和街道が整備された。伊賀街道は綾杉で大和街道より分かれ、涌出宮の北より腰越え、神童寺、天神神社の脇を通り、桜峠、志め谷、瓶原郷を経て伊賀に通じていた。江戸時代、お伊勢参りの道として神童寺越えと呼ばれていた。
◆花暦 桜、ミツバツツジ(4月)、紅葉。
 

*建物内の撮影禁止、団体は要事前連絡。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『南山城の古寺』『京都・山城寺院神社大事典』『京都の寺社505を歩く 下』『京都の仏像』『京都古社寺辞典』『週刊 日本の仏像 第43号 観音寺 国宝十一面観音と蟹満寺・国宝釈迦如来 (京都)』『仏像めぐりの旅 5 京都 洛北・洛西・洛南』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺天神神社  周辺  関連    
神童寺 〒619-0203  京都府木津川市山城町神童子不晴谷112  0774-86-2161
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光