善法律寺 (八幡市) 
Zemporitsu-ji Temple
善法律寺  善法律寺
  Home   Home





本堂




宝塔
 善法律寺(ぜんぽうりつじ)は、石清水八幡宮の南東に位置している。楓の植栽が多いことから「紅葉寺(もみじでら)」ともいう。善法寺家より西に位置していたため、「西の寺」ともいわれた。山号は男山という。
 奈良唐招提寺末寺、律宗。本尊は僧形八幡神像(八幡菩薩)。 
◆歴史年表 鎌倉時代、正嘉年間(1257-1259)、石清水八幡宮37代検校・善法寺宮清は、私宅を僧房に改め、奈良東大寺の円照(実相)を開山とした。家号善法寺と律宗により寺号、善法律寺とした。(寺伝)
 室町時代、善法寺通清の娘・紀良子が2代将軍・足利義詮の妻になり、義満を産む。以後、将軍家との関係を深め隆盛した。義満、義教、義政らがたびたび参詣した。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、石清水八幡宮より、八幡大菩薩神像(僧形八幡)などが遷されている。
◆円照 鎌倉時代中期の律宗の僧・円照(えんしょう、1221-1277)。父は東大寺厳寛、戒壇院中道聖守の弟。号は実相。叡尊・円爾・良忠・覚盛・良遍などに師事、三論・法相・天台・真言密教・禅など8宗を修めた。1251年、東大寺戒壇院院主、1258年、造東大寺大勧進に就き、戒壇院の中興開山となる。善法寺宮清も帰依した。
◆紀良子 室町時代の2代将軍・足利義詮の妻・紀良子(きの りょうし/よしこ、1336-1413)。石清水八幡宮検校・善法寺通清の娘に生まれる。宮清の曾孫。3代将軍・義満、その弟・満詮らを産む。従一位に叙せられた。良子の母は、第84代・順徳天皇皇子・四辻宮善統親王の孫にあたり、義満皇胤説、義満の皇室接近の一要因ともされる。義満は八幡宮を崇敬し、6代将軍・義教、8代将軍・義政もたびたび八幡宮を参詣した。将軍家と善法寺家との深い関係が続いた。良子は、臨済宗の春屋妙葩に帰依し、法号を洪恩院殿月海如光禅定尼という。
仏像 本堂の本尊の「八幡菩薩神像(僧形八幡像)」は、かつて神仏習合期の石清水八幡宮に安置されていた。近代、1868年の神仏分離令後の廃仏棄釈により遷された。平安時代末期作(鎌倉時代とも)、等身大彩色坐像、左手に宝珠、右手に錫杖を持つ。
 脇侍は等身大の「不動明王像」「愛染明王像」であり、いずれも鎌倉時代の作になる。神仏混交期の面影が残る。玉眼、彩色。
 奥殿に、石清水八幡宮の極楽寺宿院頓宮より遷された南北朝時代(鎌倉時代とも)の「宝冠阿弥陀如来坐像」。
 鎌倉時代の「千手観音菩薩立像」などがある。
◆建築 本堂、庫裡、阿弥陀堂、聖天童がある。
 「本堂」は、鎌倉時代、弘安年間(1278-1288)、石清水八幡宮仮殿を移したという。内陣は高御倉(たかみくら、床の高い倉庫の意)と呼ぶ。方5間、入母屋造、本瓦葺。
◆文化財 室町時代の絹本著色「僧形八幡像」1幅、室町時代の「行教和尚像」1幅、岸駒筆の屏風「孔雀図」2曲1双。
◆石仏 「五輪石塔」は、大乗院より遷されたという。鎌倉時代。
 石地蔵が放生池の畔に立つ。
◆祭儀 かつて、八幡宮降誕会の大法儀が寺に伝えられていたという。その後、廃絶する。壬生寺に伝えられたともいう。
◆紅葉 紀良子は、紅葉の樹を境内に多く寄進した。以来、紅葉寺とも称された。いまも紅葉の名所になっている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都大知典』『京都大事典』
 


  関連・周辺石清水八幡宮(八幡市)      周辺      関連        

宝塔
 善法律寺 〒614-8085 八幡市八幡馬場88-1    075-981-0157
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光