頼風塚 (男塚)・女郎花塚 (女塚) (八幡市)
The grave of ONO no Yorikaze
頼風塚  頼風塚
  Home   Home



頼風塚、男塚の五輪塔


女塚(女郎花塚)、松花堂庭園内
 石清水八幡宮の東、八幡市民図書館近くの住宅地内に小さな五輪石塔が立つ。 平安時代の架空の人物、小野頼風(おの の よりかぜ)の墓とされる「頼風塚」「男塚」ある。塚には悲恋話が伝えられている。
 室町時代、宗祇弟子の宗碩(1474-1533)が、『藻塩草』(1513年頃)でとりあげた。室町時代、謡曲「女郎花(おみなえし)」の題材になっている。
◆逸話 平安時代初期、第51代・平城天皇の時(806-808)、八幡に住していた小野頼風は、訴訟があり京都へ上った。そこである美しい女と知り合い、契りを交わす。だが、やがて二人の間も冷めてしまう。ある時、女は八幡を訪れ、頼風がほかの女を娶って一緒に暮らしていることを知る。女は、悲嘆のあまり泪川(涙川)に身を投げたという。
 頼風は女の骸を川辺に葬る。やがて、女が投身の際に脱ぎ捨てた山吹重の衣は朽ち、その辺にいつしか女郎花が咲いたという。頼風が花の元に寄ると、花はなびき退き、立ち退くと元のように戻ったという。女の死後も、女に嫌われていると知った頼風は、自責の念にかられ、泪川に身を投げて果てたという。人々は二人を哀れみ、男山の麓に男塚、女塚を築いたという。
 室町時代、世阿弥とも亀阿彌作ともいう謡曲「女郎花」では、九州の僧が都へ上る途中で石清水八幡宮に参詣する。男山の麓に女郎花が咲いていた。旅僧が古歌「女郎花憂しと三つつぞ行き過ぐる男山にし立てりと思へば」に歌われた花を手折ろうとする。すると、一人の老翁が現れそれを制した。翁は野の花守と告げる。だが、僧が古歌に通じていたことから、翁は花折りを許した。翁は、社殿に続いて小野頼風夫婦の墓という男塚・女塚に僧を案内して消える。
 夜半、僧が夫婦の菩提を弔い読経していると、二人の霊が現れる。法生川に身投げた女の霊は、二人の馴初めを語り、僧に回向(えこう)を乞う。 
◆男塚・女塚 当初は、女塚と同じところに男塚が築かれたという。だが、現在、女塚(女郎花塚)とされる五輪石塔は、男塚より南に1.5㎞離れた松花堂庭園(八幡女郎花)内の西隅にある。女塚の三方は石柵により囲まれている。基礎に福弁反花座、その上に四方仏の初重軸部、笠石が載る。鎌倉時代作という。その上のものは後補による。
 頼風塚(男塚)の周りに生い茂る葦は、「片葉の葦」と呼ばれ、片方にしか葉が付かないという。葉は、南にある女塚の方にのみ、いつもたなびいているためであるという。


   関連・周辺石清水八幡宮(八幡市)      周辺      関連          
 頼風塚 八幡市八幡今田 
    女郎花塚 松花堂庭園  八幡市八幡女郎花79   075-981-0010

より大きな地図で 頼風塚・女郎花塚 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光