恵光寺 (京都市左京区) 
Eko-ji Temple
恵光寺  恵光寺
50音索引  Home 50音索引  Home





本堂


地蔵堂



 静原の恵光寺(えこうじ、惠光寺)の境内には、鎌倉時代の石仏群がある。山号は慈雲山(じうんざん)という。 
 浄土宗西山禅林寺派。本尊は阿弥陀仏。
 境内には複数の石仏が安置されている。安産祈願の信仰があり、安産御守真綿が授与される。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、948年、現在地付近に、智空慶寿法尼(智空旭光法尼)が、自名より慶寿庵と名付けた庵を結んだという。
 安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)、光空明道が恵光寺を中興したという。境内は、市原鞍馬川北向山山麓にあった。 
 1576年、恵光寺の中興開山・光空明道が亡くなる。
 江戸時代、元禄年間(1688-1703)、1688年とも、京極西林寺4世・学僧の空覚上人が恵光寺に隠居し、再興する。
 正徳年間(1704-1715)、1711年、1725年、1752年とも、恵光寺が再興されたともいう。
 近代、明治期(1868-1912)初期まで、無住となる。
 1879年、慶寿庵と恵光寺が合併し、現在地に恵光寺が建立される。
 1882年、永観堂より高垣観融が普山する。
 1884年、岐阜・葛谷亮玄上人が20歳で27世に就く。
 1914年、堂宇が再興される。
 1920年、鐘楼が建立される。
 1944年、釣鐘が戦時金属供出された。
 1945年、第二次世界大戦中、桂小学校が疎開した。
 現代
、1955年、釣鐘が再鋳される。
 1983年、堂宇が再建された。
 2009年、鐘楼を改築する。
◆安産地蔵尊 本堂北の地蔵堂には、本尊の安産地蔵尊、両脇に数多くの小さな千体地蔵が安置されている。本尊は「北向きのお地蔵さま」、「安産のお地蔵さま」などと呼ばれている。
 地蔵が被る真綿を切り取り、産婦の腹をさすると安産するとの信仰がある。
◆石仏 境内北の崖地に10数体の石仏群がある。
 「弥勒菩薩坐像(釈迦如来とも)」は中央にあり一番大きい。鎌倉時代後期作とされる。舟形光背であり、右手は腹の前で掌を見せ、左はひざ上に置く。肉髷が高い。厚肉彫り、像高1.5m、花崗岩製。
 「阿弥陀如来坐像」は、左右の2体であり、鎌倉時代後期作とみられる。舟形光背で定印を結ぶ。像高85㎝、花崗岩製。
 ほかに3体の小仏が並び、造立時代は鎌倉時代以降ともいう。阿弥陀坐像であり、定印を結ぶ。 詳細は不明、静原の補陀落寺より遷されたともいう。(『山州名跡志』巻6)
◆結婚式
 仏前結婚式が挙げられる。
◆修行体験 写経と法話の会(第2土曜日14:00-16:00、8月休会)。般若心経の読経、短い静座、写経、法話、お茶も頂ける。
◆年間行事 修正会(1月2日)、春彼岸法要(3月彼岸)、盂蘭盆行事(墓参り、棚経)(8月7日-16日)、盆施餓鬼法要(8月15日)、地蔵盆(8月23日)、秋彼岸法要(9月彼岸)、十夜法要(11月14日)、お身拭い式(12月第3か第4日曜日)、大晦日除夜の鐘(12月31日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京の石仏美術めぐり』『昭和京都名所図会 3 洛北』『こころ美しく京のお寺で修行体験』


  関連・周辺      周辺補陀洛寺(小町寺)     関連        

鐘楼


石仏

中央の三体

石仏群の傍の湧水
 恵光寺 〒601-1123 京都市左京区静市市原町1142   075-741-2627
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光