北向不動院 (京都市伏見区) 
Kitamukifudo-in Temple
北向不動院 北向不動院 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

山門



山門






普賢菩薩、文殊菩薩、虚空菩薩、千手観音










本堂


本堂


本堂


本堂、毘沙門天


社務所、二階は渡廊になっている。
 北向山不動院(きたむきふどういん)は、北向不動、北向のお不動さんとも呼ばれている。江戸時代には、「名不動」のひとつとされた。山号は北向山。
 天台宗の単立寺院、もとは延暦寺末寺だった。本尊は不動明王。 
 近畿三十六不動尊第22番霊場。
 願い事祈願、病気平癒、試験合格、良縁祈願、家内安全、厄除けなどの信仰がある。
◆歴史年表 平安時代、1130年、鳥羽上皇(第74代)の勅願により、鳥羽離宮内に創建された。開山は興教大師(覚鑁[かくばん] )による。王城鎮護のために、不動明王を北向に安置した。上皇は北向山不動院の名を贈り、勅願寺となる。
 1155年、公卿・藤原忠実が中興し、播磨国大国の庄を寺領とする。また、不動院は、この年に安楽寿院に供養した不動堂の後身ともいう。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、復興した。
 江戸時代、1712年、第113代・東山天皇の旧殿を移し、本堂とした。
◆覚鑁 平安時代後期の僧・覚鑁(かくばん、1095-1144)。俗姓は伊佐、法号は正覚房、諡号は興教(こうぎょう)大師。肥前(佐賀県)藤津の生まれ。平将門の末裔。13歳で、仁和寺成就院・寛助の灌頂を受ける。その後、醍醐寺、興福寺、東大寺で学ぶ。1114年、高野山に登り、往生院青蓮、最禅院明寂に師事した。1116年、紀州石手邑に伝法院を建立する。1121年、寛助僧正より伝法灌頂を受ける。1132年、鳥羽上皇(第74代)の臨幸を得て、初めて伝法大会(でんぽうだいえ)を行う。高野山に大伝法院を創建し、金剛峯寺座主を兼ねた。1134年、白河法皇(第72代)の詔勅により大伝法院座主になる。1135年、辞して密厳院(みつごんいん)に退居し、自性加持身説を唱えた。1140年、対立した高野山・金剛峰寺方の衆徒に襲われ根来山に逃れる。根来に学問寺の円明寺を建てた。著『五輪九字秘釈』『孝養集』など。紀州で没した。49歳。
 新義真言宗派の祖、大伝法院流の祖、密厳尊者。浄土思想を取り入れ真言教学を再興する。観法、教育制度の伝法大会を確立した。
◆藤原忠実 平安時代後期の公卿・藤原忠実(ふじわら-の-ただざね、1078-1162)。通称は知足院殿、富家(ふけ)殿。関白師通の子。祖父・師実の養子となる。知足院、富家殿と号した。1097年、権大納言、1105年、堀河天皇の関白、1107年、鳥羽天皇の摂政、太政大臣、関白と昇る。娘の泰子(高陽院)の鳥羽天皇入内問題では白河法皇と対立、一時宇治に隠遁する。その後、1129年、朝政に復帰する。だが、長子・忠通と対立、1140年、出家した。1156年、保元の乱では藤原頼長方に付き、その後は知足院に籠居した。日記『殿暦』、大外記中原師元に筆録させた『中外抄』がある。85歳。
◆仏像 ◈本堂の本尊「不動明王」(重文)は秘仏とされている。一願不動として知られている。平安時代、覚鑁が自ら仏師・康助に刻ませたという。また、鳥羽上皇(第74代)の勅願により、覚鑁自らが彫ったともいう。王城鎮護のため北向に安置されたという。兵火、災害のたびに難を逃れてきた。1月16日の採灯大護摩供では開扉される。
 ◈安置されている諸仏は大聖歓喜天、薬師如来、役行者、歯神地蔵、火頭鳥素沙摩明王、安産地蔵尊、延命地蔵尊、六体地蔵尊(南北朝時代)、山王大権現、陀枳尼天などがある。
 ◈五大力尊は、水不動(護摩壇安置、本尊の写し)、降三世夜叉明王、軍茶利夜叉明王、大威徳夜叉明王、金剛夜叉明王になる。
 ◈十二支守り本尊は、千手観世音菩薩(子)、虚空蔵菩薩(丑・寅)、文殊菩薩(卯)、普賢菩薩(卯・辰)、勢至菩薩(午)、大日如来(未・申)、不動明王(酉)、阿弥陀如来(戌・亥)になる。
◆建築 ◈本堂は、江戸時代、1712年に第113代・東山天皇の旧殿を移築した。
 ◈護摩堂、大護摩厳修道場がある。
◆文化財 鐘楼の梵鐘は、江戸時代、1694年、京釜師 ・名越浄味(なごし じょうみ)によって鋳造された。江戸時代、第112代・霊元天皇皇子・済深親王の銘「二品済深(にほんさいしん)親王」がある。
◆松 鳥羽上皇遺愛という松がある。
◆年間行事 御開扉特別加持祈祷(開基・鳥羽天皇の生誕日であり、秘仏の本尊が開扉される。一願の護摩の煙にあたると1つだけ願い事が叶うとされる。)(1月16日)、星祭採灯大護摩供(2月節分)、山王祭(5月16日)。 
 毎月3日、16日、28日は御縁・護摩供。
 

*年間行事は中止、日時変更の可能性があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京都の寺社505を歩く 下』、『京都のご利益手帖』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺安楽寿院  周辺  関連    
北向不動尊
北向不動尊

護摩堂、大護摩厳修道場、北向不動尊

薬師如来

庫裏

十方地蔵尊、延命地蔵尊、安産地蔵尊、六体地蔵尊、町内安全地蔵尊

地蔵尊

毘沙門天

山王大権現、稲荷大権現

山王大権現 

稲荷大権現

   

大日如来

不動滝

鐘楼、梵鐘

洗心水
 北向山不動院 〒612-8445 京都市伏見区竹田浄菩提院町61  075-601-4588
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光